2017年10月21日

今回の衆院選で私が望むこと

 国会議員は、
「今の日本で起きている問題を、言葉を使って明確化出来る人」
 になって欲しい。

 国会では、
「感情的でない、冷静で論理的な議論」
 をして欲しい。

 今回、というよりいつも望んでいること。
「包丁を使える人がいる寿司屋に行きたい」
 くらいの希望なんですけどね……

 何故、言葉を使って問題を明確化出来る国会議員が少ないか。
 日本には「物事を曖昧にすることで、対立を避ける文化」があるからです。

 日常生活ではそれもある程度、意味のあることなのかもしれない。
 しかしそれを政治の世界に持ち込むと、何が問題なのかもはっきりしないまま、国民は静かに不幸にさせられてゆく。
 自分の不幸が何のせいなのかも分からずに、イライラと日々を送り、周囲の人の元気まで奪う。

 私は諦めていた。
 日本人は弁の立つ人に抵抗感を持ち、選挙でも選ばない。
「政治家を口下手にするシステム」なんて記事を書いたこともあります)
 マスコミは本質的でない揚げ足取りに夢中で、議員たちも「揚げ足を取られないための言葉遣い」だけ上達させる。

 しかし今回、政局のドタバタから枝野幸男が立憲民主党を立ち上げ、各地で支持を集めているのを見て、
「ああ、日本人が弁の立つ人を愛することもあるんだ」
 と、ほんの少し希望のようなものを持った。

 もちろん枝野さんが支持されたのは色んな要素の絡まり合いだろう。
 しかし、彼の人気急上昇っぷりを見て、他の国会議員も言葉の使い方を変えてゆくかもしれない。
 ちゃんと、良いところをまねして欲しいなと思う。
 まねし始めたら巧くなるのが早いのも、日本人の特徴だ。

 私は日本人なのに、まるで見知らぬ国に派遣された文化人類学者のように、日本人に驚いてばかりいる。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 11:11| 社会 | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ネガティブ・キャンペーン

私「ネガティブ・キャンペーンって、日本ではあまりやらない印象があったのだけど、今回の選挙ではあちこちで見かける。いつの間にか解禁されてたんだねぇ」
D「日本でネガティブ・キャンペーンをやると『品がない』と思われてかえって不利になるから」
私「『品がない』!! あったね、そんな価値観!! すっかり忘れてたー!!」

 私も品位を失った日本人の一人なので、ネガティブ・キャンペーンをします。
「今回の衆院選、自民党には入れません」
 トランプと北朝鮮が子供のケンカみたいなことをしている真っ最中に選挙、ってのんき過ぎるだろ……?

 まあ子供のケンカが終わるのを待っていたらいつまでも選挙なんて出来ないだろうけど、もうちょっとマシな時期だってあるはず。
 二国間の対立を自分の選挙に利用しようとしているのが見え見えで、安倍さんにとって戦争は「概念」でしかないんだな、とため息が出る。

 そのこと以上に私が胸を痛めているのは、この選挙の性急さ。
 準備期間の短さにより、各地で混乱が起きていて(海外からの郵便投票が日程的にギリギリ、区割り変更の周知が間に合わない、等)選挙関連のお仕事をされている方々には、予定になかった時間外労働・休日出勤が多く発生しているはず。
 このバタバタな状況そのものが、安倍政権の勝手さを表している。

 私がちょっと不思議に感じているのは、安倍さん以外の自民党の元議員たち。
 「自民党政権」というより「安倍政権」になっている今の状況を、どう感じているのだろう。

 まあとにかく、寒い日々が続きますので、選挙関連のお仕事をされている皆様は、風邪などひかないよう気をつけてくださいね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:15| 社会 | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

三浦市三崎に行ってきたよ

R0026571.JPG

 三崎口駅が三崎マグロ駅になっていた。
「本当に変えちゃったの?!」
「いや、期間限定」
 と三浦在住のお友達。

 米子の空港は冗談抜きで「米子鬼太郎空港」なので、三崎口も特色を出すために駅名を変更したのかと思った。びっくりした!
 12月3日(日)までのようです。

 三崎口駅からバスに乗り、バス停「三崎港」で降りる。
 平日でもバスの本数が多いので行きやすい♪

 10月とは思えないほど冷たい風の吹く日で(※先週の話です)
「海が見たい」
 という目的はほどほどにし(まあ三崎を歩けば海は見える)
「風を避けつつ、いっぱいおしゃべり」
 を最優先することに。

 三浦には美味しい食堂やおしゃれなカフェが色々あって、天気がいまいちな日でも楽しめる!
 三崎水産物地方卸売市場の2階にある三崎食堂でマグロかま塩焼き定食を食べ、その後、魚と野菜の直売所「うらり」の2階にあるカフェで三浦のメロンを使ったジュースを飲みました。

R0026573.JPG

 長居させてもらったドーナツ屋さん(ミサキドーナツ三崎本店)

R0026574.JPG

 リラックス出来る音楽がほどよい音量でかかっていて、のんびり。

R0026575.JPG

 彼女とはTwitterやメールで頻繁にやり取りしているのだけれど、やはり直接会わないと話せないことって沢山ある。

R0026577.JPG

 海辺にいた大きめの鳥。ボケボケ写真で申し訳ない。

R0026572.JPG

 バス停の前にある店。何屋さんなんだろう……

R0026581.JPG

 育児や介護など、自分だけの都合では予定を決められない身の上の私たち。
 それでも、運良く、会うことが出来て、話すことが出来て、時間を作ってくれた彼女と、周囲の様々なあれこれに深く感謝しました。

 また会おうね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:56| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

短編アニメーション「彼女と彼女の猫」感想


↑予告ではなく本編映像

 新海誠の最初期作品。
 可愛くて無駄がなくて大好きだ。
 特に途中のガールフレンドとのやり取りが可笑しい。

 監督の公式サイトに貼ってある動画。無断アップロードではないのでご安心を。
 これを無料で好きなだけ見られるの、嬉しいな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 15:52| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

映画「雲のむこう、約束の場所」感想

 その後に作られた新海誠作品を先に見てしまうと、習作的な位置付けかな、と。
 やりたいことは色々あったけど上手くやり切れなかった感じ。
 雪国の学校生活の甘酸っぱさは、さすが。


 
posted by 柳屋文芸堂 at 15:07| 映画・映像 | 更新情報をチェックする