2017年01月19日

又吉直樹「東京百景」感想

東京百景 (ヨシモトブックス) -
東京百景 (ヨシモトブックス) -

 又吉直樹というのは、本当に、愛おしい人ですねぇ。
 子供が無理して大人のふりをして、東京という街を必死に生き抜いているようで、そんな彼を見過ごせずに助けてくれる人が沢山出てくる。
 最も切ないのが「池尻大橋の小さな部屋」に出てくる青い実の女の子だ。

 その女の子は優しく明るくて、又吉の闇を吸い取るように体調を崩し、東京に居られなくなってしまう。

 仕事も稼ぎも無く、何の取り柄も無い最低な男と、その人はどういう気持ちで一緒にいたのだろう。変なことを言っても笑ってくれたし、もっと変な僕の言動を求めているふしさえあった。迷惑をかけておいて失礼だけど、その人の方こそ狂ってたんじゃないかと疑っている。

 という文章を読んで、
「バカバカ、あなたを、愛していたんだよ!!」
 と泣いてしまった。

 さすがに芸人さんだけあって、笑える場面も多い。
 後輩の児玉(有名な人なのかな? テレビ持ってなくてお笑いに疎くてごめんなさい)とのやり取りが可笑しい。
 一緒に銭湯に行ったり、通行人の魂を吸う遊びをしたり。

 アホ男子的な話が出てくるたび、ニコニコしながら読んだ。
 楽しさを共有して欲しくて、声を出して笑った部分はDちゃんにも音読して聞かせた。

 時々出てくるオカンの描写も愛情が自然にあふれ出ていて素敵だ。

 偉人を育てた母親以外は全員ただのオカンに過ぎないかもしれない。だけど誰かにとって最高のオカンでもあったりするのと同じように、売れない若手芸人も誰かにとって最高だったりするのだ。

 これを読んで「私にとって最高」の同人作家を思い浮かべ、深くうなずいた。

 みんな大好き「蒲田の文学フリマ」の章も良かったですよ♪
 私、あの時会場にいたっけかな〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 14:08| 読書 | 更新情報をチェックする

「日本で一番悪い奴ら」DVDプレミアム・エディション感想

日本で一番悪い奴ら DVDプレミアム・エディション(初回限定生産) -
日本で一番悪い奴ら DVDプレミアム・エディション(初回限定生産) -

 この1週間は1月11日に発売された「日本で一番悪い奴ら」のDVDに夢中で、この映画の主人公と同様に廃人のようになっていました。
 本編は映画館で見ているので(その時の感想はこちら パンフレットについての感想はこっち)DVDはどうしようかな〜 と悩んでいたのだけど、買って良かった!

 注文する時「デジパック仕様」というのがよく分からず、DVDのケースが大きいのかと心配していた。
 届いてみると、サイズは普通のケースと一緒でホッ(邪魔にならない)
 厚紙を使ったケースのことをこう呼ぶようです。知らなかった。

 ブックレットはパンフそのままの部分も多かったけど、ロケ地マップが充実していた。

 本編ディスクのオーディオ・コメンタリーが特に中毒性がすごい。
 綾野剛主演映画を綾野剛が解説し続けるんだもの。止められない。
 家事をやりながら繰り返し聴いている。

 特典ディスクのメイキングでは脚本家の池上純哉のコメントが印象的だった。

「原作に『裁判になっても、北海道警は自分を守ってくれると思っていた』というのがあって、それを読んだ時に、映画になると思った。あれだけのことをしても、組織の中の考え方で彼はずっといて、それが自分を守ってくれると信じていた」

 私は「自分が知らない価値観で動く世界」に興奮する。
 「今、自分がいる場所」の常識が絶対的なものではないことを教えてくれるから。
 私を縛っているものを壊してくれる気がする。
 「日本で一番悪い奴ら」にもそういう要素があるから、これだけ惹かれたんだ、と気付いた。

 終わりの方、悪徳刑事・諸星であったはずの綾野剛が「怒り」の直人そっくりにうずくまっていてどきりとした。
 いやまあ、同じ人が演じているのだからそっくりなのは当然なのだけど、体の形だけでなく、彼の発している空気が同じだったのだ。
 諸星と直人は全く違うタイプのキャラなのに。

 諸星でも直人でも、綾野剛は人間が本質的に持っている「寄る辺なさ」を見事に表現している。
 それによって見る人の心を震わせられるから、これだけ人気があるし、私も好きになったんだな、と思った。 

 舞台挨拶の撮影裏話も楽しいです。
 映画館行ってパンフも読んでメイキングも見て「日本で一番悪い奴ら」しっかり味わったな〜
 満足♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:32| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

又吉直樹×堀本裕樹「芸人と俳人」感想

芸人と俳人 -
芸人と俳人 -

 少し前の記事にも書いたこの本、読み終わりました。
 お笑いと俳句の視点から言葉について語り合うような本なのかな、と思って買ったのだけど、けっこう本格的な俳句の入門書で、勉強にもなったし、何より面白かった!!

 俳人の堀本裕樹が、芸人である又吉直樹に俳句を基礎から教えてゆく。
 この堀本さんの態度が素晴らしいのです。
 相手が有名な芸能人だからと卑屈になることなく、ごく自然に「先生」として振る舞う。
 色んなことを勝手に気にしてどんどん疲れていくタイプの又吉直樹を気遣いながら、彼独自の感性を生かせるように俳句の技を伝授していく。

 堀本裕樹が又吉直樹に対する挨拶句として作った

 なつかしき男と仰ぐ帰燕かな

 解説を読む前から、
「なつかしき男というのは又吉直樹のことだな」
 と分かった。

 無頼派マニアで自意識が強く、文学的な陰鬱の気配を常にまとっている。
 小説好きな人はきっと彼に懐かしさを感じるだろうし、若い頃「自分には言葉しかない」と思いつめていた堀本にとってはなおさらそうだったろうと思う。

 又吉直樹の気質や才能に対する、堀本裕樹の愛情。
 堀本裕樹の知識や技術に対する、又吉直樹の敬意。
 どちらも本当にあたたかくて、もうこれはBLとして読んでも良いのでは?!
 お、怒られるかな……

 最後の方、吟行で又吉直樹が作った

 蟻進み参拝後だと悟りけり

 という句を堀本裕樹が添削して完成した

 参拝を終へたる蟻かすれ違ふ

 という句は二人のコラボのようで、心打たれた。

 俳句の教科書としても分かりやすく、読みやすいです。
 私は俳句や短歌を(「詠む」ではなく)「読む」のが好きなのだけど、これまでただただ感覚で解釈してきてしまったな〜 と反省しました。
 思わず歳時記アプリを購入。
 これを使って今後はもう少し丁寧に読み解いていきたいなと。

 歳時記に例句がいっぱい載っている「水原秋桜子」
「桜子(さくらこ)ちゃんか、可愛い♪」
 と思っていたら読みは「みずはらしゅうおうし」で、「芸人と俳人」におじさんのイラストと共に紹介されていてショックだった……

 言葉が好きな人におすすめの本です。
 ぜひどうぞ。
 句会や吟行をやりたくなる……!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 15:54| 読書 | 更新情報をチェックする

ORIENTAL MUSIC SHOW

 ラジコ(スマホでラジオを聴けるアプリ)を最新のものにしたら「タイムフリー」を使えるようになった!
 番組表から過去の放送を選んで聴けるの。
 再生し始めてから3時間以内に聴き終えなきゃいけないとか色々制限はあるけど、聴き逃した番組やもう一度聴きたい番組、深夜の番組なんかも楽しめて便利〜♪

 そしてサラーム海上がナビゲーターを務める「ORIENTAL MUSIC SHOW」を発見!
 私が聴いた回ではトルコ、イラン、ギリシャのポップスを紹介していた。
 彼が担当するNHK-FMの「音楽遊覧飛行 エキゾチッククルーズ」が大好きなので、他にもこういうのやってたんだ〜 と嬉しくなった。

 ORIENTAL MUSIC SHOWはJ-WAVE金曜日26:00-26:30
 タイムフリーでは放送日というより番組を探すための印みたいなものですね。

 ところで金曜日の26:00は土曜日なのでは?
 金曜日の表に載っています。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:20| ラジオ | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

唐橋史「さんた・るちやによる十三秒間の福音」感想

「私が事切れるまでのあいだ、数をかぞえてくださいませんか」

 タイトルにある「十三秒間」というのは首を切られてから死ぬまでの時間。
 近世初期のキリシタン弾圧の話で、メインとなるのは斬首刑の場面です。

 この十三秒間に何が起き、それによって周囲の人々にどんな変化が起きたかは克明に描かれているが、十三秒間の意義についての説明はない。
 解釈は読者に委ねられている。

 この作品を読んで、私はジョージ・オーウェルの「絞首刑」という文章を思い出した。
 一部引用してみる。

「奇妙なことだが、その瞬間まで私は、一人の健康な、意識のある人間を殺すということがどういうことなのか、まったく分かっていなかった。ところが、囚人が水たまりを避けようとして脇にのいたのを見たとき、盛りにある生命を突然断ち切ってしまうことの不可解さを、その何とも言えぬ不正を悟った」

 生きている者はいつか必ず死ぬ。
 その運命からは誰も逃れることが出来ない。
 にもかかわらず、死が本当のところどんなものなのか、誰も知ることは出来ない。
 知った瞬間にそれについて語れなくなる、それが死だ。

 るちやがもたらした十三秒間は、人々に死の本質を教えたのではなかろうか。
 理屈ではなく、体に感じる震えとして。
 自分とは無関係であったはずのキリシタンが、まさに自分の人生の先にある死の体現者として迫ってくる。
 その世界を一変させるような恐怖。

 全ての人にとって謎であり、全ての人が辿り着く「死」
 どれだけ時代が変わっても、物語を生み出す最大の源泉であり続けるだろう。

さんた・るちやによる十三秒間の福音 -
さんた・るちやによる十三秒間の福音 -

 短編集で、表題作の他二編が収録されている。
 ぼんやりしているけど優しい「のろ八」が、幕末の壊れてゆく江戸を右往左往する「smile」も切なくて良かった。

 ちなみに「絞首刑」が入っているのはこちら。

象を撃つ―オーウェル評論集〈1〉 (平凡社ライブラリー) -
象を撃つ―オーウェル評論集〈1〉 (平凡社ライブラリー) -

 オーウェルは若い頃、警察官をしていたので、「さんた・るちやによる十三秒間の福音」の主人公である同心・孫四郎と仕事が似ています。
 孫四郎はその後どんな人生を送ったんだろうな……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:06| 読書 | 更新情報をチェックする