2019年07月15日

「一条ゆかり展」感想

 一条ゆかり展は2018年9月29日から12月24日まで、弥生美術館で開催されていました。
 新宿タカシマヤで開催される「特別展 りぼん」にも一条ゆかりの作品が展示されるそうなので、その時の感想を書いておこうかな、と。

 一条ゆかりは子供の頃、貧しい家庭で育った。
 自分が貧乏だったからこそ、貧乏臭い話を嫌い、ゴージャスな世界を描いたという。

 私も貧しい家の出で、自分の小説に裕福な子をよく登場させる(有閑倶楽部ほどではないが)
 しかし文学には私小説の伝統があるので、
「もっと自分に近い境遇を描くべきなのだろうか……」
 と悩むことがあった。

 一条ゆかりの作品世界の成り立ちを知り、
「書きたいものを書いて良いんだー!」
 と吹っ切れた。

 もちろんウソにならないように、色々調べる必要はあるけれども。
 いつまでも自分の境遇を背負い続けなくて良いんだ。

 会場では、有閑倶楽部の第1話が最後まで読めるようになっていた。
 セリフが洒落ていて、ストーリーも面白い。
 今の感覚でも古臭く感じない。

 可憐がこんなに優しい子だったなんて!
 子供の頃は気付かなかったな〜

 一条ゆかりの漫画に描かれる「大人の世界」に憧れていた日々を思い出し、胸が熱くなった。

 「特別展 りぼん」にはどんな原画が展示されるのだろう。
 開催期間は2019年7月18日から7月28日まで。公式ページはこちら
 行けるかな〜?

 その後、京都タカシマヤ、ながの東急百貨店、佐賀県立美術館にも巡回するそうです。
 りぼんっ子たちよ、グッズで破産するなよ☆
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:30| 美術 | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

7月21日の参議院選挙で、野党に投票する理由

 参議院選挙、私は野党に投票します。

【理由】
★物価高が大変

 現政権の経済政策は割と評判が良いようですが、私が一番心配しているのはこの分野だったりします。
 円安になって輸出企業の人は良いだろうけど、日用品や食品は輸入品を原料とするものが多いから値上がりして、困っている。

 異次元緩和の無理が祟って、キツくなっている業界もあるのではないか。
 日銀は買い入れた国債やETFを最終的にどうするつもりなのだろう。
 それはどんな結果を生むのか。不安です。

★消費税増税に反対したい

 貧困状態の人が増えていて、なおかつ物価が上がっている中、消費税を増税するって危険すぎやしませんか。

 財源が、というなら相続税を上げたらどうだろう。
 亡くなった後に払うから、生きているうちに取られる消費税のような痛税感がない。
 申告手続きが大変そうだけど。
 
★女性議員を増やしたい

 国会議員は国民の代表なのだから、男女半々が望ましいと私は思っている(現在は9割が男性)
 各党の女性候補者の割合は、

 自民党 14.6%(82人中12人)
 公明党 8.3%(24人中2人)
 立憲民主党 45.2%(42人中19人)
 国民民主党 35.7%(28人中10人)
 共産党 55%(40人中22人)
 日本維新の会 31.8%(22人中7人)
 社民党 71.4%(7人中5人)
 れいわ 20%(10人中2人)

★現政権が目指す「日本」と、私が考える「良い国」に大きなズレがある

 家族は、女性はこうあるべき、という古臭い価値観が見え隠れして息苦しい。
 時々騒がれる失言は現政権の思想の現れだと思う。

 公式ページにある「性的指向・性同一性(性自認)に関するQ&A」32ページや、「日本国憲法改正草案」9ページあたりにその片鱗がうかがえます。※どちらもPDFなのでご注意を!

 家族も、国民も、みな唯一無二の存在なのだから、なるべくどんな形であっても生きやすくなるように、最善を尽くすのが政治の役割なのではないか。

 強い国を目指しているのにも共感できない。
 そりゃあ弱いより強い方が良いけれども、資源の乏しい日本には限界がある。
 「強い国」より「賢い国」になって、複雑な国際情勢の中を平和に生き抜いてもらいたい。

★公文書改ざんは小説の中だけにして欲しい

 実は、自衛隊の日報問題、森友・加計問題、統計データ改ざん問題などがニュースになるたび、
「すごーい! オーウェルの『一九八四年』の世界だー!!」
 と大はしゃぎしております。

 すごいぞ、私は今、憧れのディストピアにいるんだ!
 まさか生きているうちに来られるなんて。
 気がついたら、ここが、夢の世界に変わっていたんだ!!

 悪夢も夢のうち、ですね。

 本当にやっちゃうんだ〜
 市場操作で株価さえ上がっていれば、国民の多くもそれを許しちゃうんだ〜

 呆れるを通り越して感心している。
 日本人の倫理観、頑張れ!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:50| 社会 | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」感想

 ジョジョはファンが多く、セリフがあちこちで引用されているようだし、読んでみたいな〜 と前々から思っていた。
 しかし現在124巻まで出ている漫画を全巻制覇するのは大変。
 荒木飛呂彦さんが描くカラーイラストの美しさに憧れつつ、手を出せずにいた。

 Dちゃんに相談してみたところ、
「『ダイヤモンドは砕けない』を見てみたら? 独立した話になっていて、前のシリーズを知らなくても楽しめるし、荒木飛呂彦独得の色使いも再現されているよ」
 それでは、と見始めたら、ハマった! ハマった!!

 杜王町という小さな町に特殊能力(スタンド)を持った殺人鬼がおり、主人公はその事件を追いつつ、様々な人々と出会っていく、というのが大まかなストーリー。
 少年漫画的なバトルを中心としながらも、サスペンスやギャグの要素も多く、ハラハラしたり声立てて笑ったり、面白かった!

 ジョジョに「スタンド」というものが出てくるのは知っていたけれど、具体的にどんなものなのか、つかめていなかった。
 見ればすぐ「こういうことかー!」と分かりますね。
 説明するのは難しいな。守護神ともちょっと違うし……

 よくもまあこんなに多種多様なスタンドと、それを使った攻撃を思いつくものだと感心した。
 罪悪感で発動する錠前のスタンド(ザ・ロック)とか、相手の体を本にして人生を読み取るヘブンズ・ドアーとか。

 主人公の仗助も、友人の康一や億泰もそれぞれ本当に良い子で、愛おしい。
 康一の体力的な弱さや、億泰の考える力の無さが、物語の展開を作ってゆく(康一→しょっちゅうやられて監禁されたりする。億泰→選択を迫られるが、いつも兄の言いなりだったため自分で正解を導けず、間違ったり適当に選んだりしてしまう)
 その人の長所だけでなく短所も、物語を回す大事な要素なのだな、と。

 康一のスタンドがパワーアップした時に、康一が自分で髪を切って髪型を変えたのが可笑しかった。
 ジャンプ的な、力がインフレしていく漫画は、確かに強くなると髪型や髪の色が変わったりする。
 そのパロディだったのだろう。

 背の小さな康一と間田が並んでしゃべっている様子が、強くなる前の悟空とクリリンみたいで、泣きそうになった。
 タイトルの通り「奇妙な」話ではあるけれど、王道少年漫画の伝統をふまえた作品だと強く感じた。
 ジョジョの向こう側に、数多の「かつての少年漫画」が透けて見える。

 私が一番好きなキャラは、漫画家の岸辺露伴。
 漫画家が漫画家を描くと鬼気迫るものがある。
 目の前のことに夢中になり過ぎて、常識では考えられないことを仕出かしたり、物語を盛り上げていた。

 ネットでよく見る、
「だが断る」
 というのは彼のセリフだったのね(元ネタを知らなかった)

 登場人物の服装やポーズ(ジョジョ立ち)がどれも洒落てる。
 家でジョジョ立ちをまねしてみたら、
「のりがやるとハニワみたいだね」
 とDちゃんに言われた……

 国立新美術館でジョジョ展が開催された時、日時指定の予約制だったこともあり、
「ジョジョを読んでいない私が行ったら、古くからのファンに申し訳ないかな……」
 と遠慮してしまった。今から思えばやっぱり行っておけば良かった。

 またどこかでやらないかな、と調べてみたら2020年1月から長崎でやるみたい。
 遠いな。でも旅もしたいし良いかも。

 ずっと興味のあったジョジョの世界に触れられて、幸せでした♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:40| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」感想

 とにかく構成が上手かった。

 まず第1話。いきなり意味不明の戦いから始まり、ほのぼのに移ってシリアスへ。

 物語の最初の部分はやらなければいけないことが沢山ある。
 登場人物の名前や、舞台となる場所の様子を知らせ、世界観をつかんでもらう。
 続きが気になるように、見ている側が解明を諦めない程度の謎を残す必要もある。

 そういう基本的なことを自然に行った上で、作品全体の雰囲気も伝えており、見事だと思った。
 最初からほのぼのだったら、ほのぼの好きな人以外は「だるいなー」と見るのをやめてしまうだろう。

 まどマギはずいぶん話題になった作品なので、同じ時間を繰り返すことは知っていた。
 しかし第12話で終わるのに第9話までは普通に時間が進んでゆき、
「あと3話しかないのにどうするんだ?」
 と思ったら、第10話に「繰り返してきた時間」がまとめられていて、そうやるのかー! と。

 オープニング映像で主人公のまどかは魔法少女の姿なのに、本編ではなかなか魔法少女にならない。
 これはオープニング詐欺では?! と思わせておいて、第10話でようやくその意味が分かる。
 時に閉じ込められる悲しみが凝縮した素晴らしい回だった。

 最後に完全な平和が訪れるわけではないけれども、
「ほむらちゃんが呪縛から救われた!
 大好きな人に自分の思いを理解してもらえた!」
 という喜びが大きかった。

 小説書きとして見ると、物語をどういう順番で見せていくのが最も効果的かを考えるのに、大変勉強になる作品でした。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 18:30| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

アニメ「宝石の国」感想

 最初、のんびり話が進むのかと思ったら、予想しなかった不思議な出来事が次々起こり、
「先が気になるー!」
 と最終話までだれずに面白く見られた。

 主人公たち「宝石」の敵である「月人」が怖い。
 三十三間堂の千体千手観音像をピカピカにしたようなのが空からやってくる。
 何を考えているのか全然わからない。

 月人に比べると「ゲゲゲの鬼太郎」のバックベアードは自分の目的を分かる言葉で説明してくれて親切だな。

 宝石たちの戦い方は美しく、かなり強いが、月人は数が多くて、出し抜けに奇想天外な攻撃をして来たりする。
 宝石たちはしばしば粉々になり(これは直せる)月人に連れ去られてしまうこともある(こうなると戻ってくるのはかなり難しい)

 宝石たちは明るく楽しく暮らしているけれど、仲間を失った記憶を痛みとして抱えている。
 宝石たちは鉱物としての特徴にちなんだ個性を持ち、男でも女でもない。
 物語を愛する人たちの心の中にいる「少年・少女」の概念を結晶化させたような存在。
 それぞれの純粋な思いが交錯する様子が、萩尾望都「トーマの心臓」のようだ。

 どの子もけなげで愛おしい。
 イエローダイヤモンドお兄様は格好良く、双晶アメシストは優しく、ダイヤモンドは可愛らしい。
 ダイヤモンドが自分をボロボロにして戦うシーンは切なかった。

 それにしてもアニメって戦う話が多いね。
 アニメの絵と動きが戦闘シーンを描くのに向いているのだろうか。
 小説に向いているものは何だろう……

 えっ、ここで?! ここから始まりでしょ! という終わり方だったので(原作はまだ連載中)
 続きもアニメ化されると良いな♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:16| 映画・映像 | 更新情報をチェックする