2016年09月26日

残忍な殺人より、優馬が直人の◯◯◯◯を◯◯◯ことの方が許せない(映画「怒り」感想)

(※犯人が誰かは書いていませんが、優馬(妻夫木聡)と直人(綾野剛)の話の展開には触れているので、どんなネタバレもイヤ! という人は映画鑑賞後に読んでください)


 同棲していた直人が突然姿を消し、警察から優馬のところに、
「大西直人さんをご存知ですか?」
 と電話がかかってくる。

 直人は逃亡中の殺人犯なのではないかという疑いを強めた優馬は、直人の持ち物を捨ててゆく。
 洗面台に並ぶ歯ブラシ。直人がいつも着ていた服。
 殺人犯をかくまった証拠を隠滅するための行為は、優馬の暮らしの中に直人の存在がいかに深く入り込んでいたかを細やかに見せてゆく。

 半狂乱になって直人を愛した日々を消そうとする優馬の姿は痛々しく、心打たれ、またそこから犯人が狂気を露わにする場面につながっていくのが見事、なんだけど。

 映画館からの帰り、私は延々、
「くっそぉ〜 優馬めぇ〜! 直人の歯ブラシを捨てやがってぇ〜!!」
 と腹を立てまくった。

「好きな人が使ったり、身につけたりしていた物」
 というのはすでにただの物ではない。
 そこには好きな人の魂が乗り移っている。体の一部のようなものだ。

 原作の優馬は直人の物を捨てたりしないんですよ。
 文章と映像では表現出来るものが違うから、直訳するようにそのまま映像化すると印象が薄くなる。
 言葉による心情の吐露で表されていた優馬の愛の苦しみが、映像では「物を捨てる」という「行動」に置き換わっていて、優馬の酷さと直人への愛情が原作より三割増しに感じられた。
 本当に素晴らしい。素晴らしいのだけど。

 直人の歯ブラシっ……!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:27| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

映画「横道世之介」感想

横道世之介 [DVD] -
横道世之介 [DVD] -

 「怒り」の感想をもっと書きたいのだけどうまくまとまらないので、こっちを先に。
 長崎出身の大学一年生「横道世之介」の一年間のお話。
 お嬢様とのふわふわした恋愛に、サンバのリズムに乗った愉快な友情。

 青春時代の甘酸っぱい部分だけをきっちり切り取ったような映画。
 笑えて、切なく、のんびり。
 「怒り」と同じく吉田修一の小説が原作なのに、驚くほど雰囲気が違う。
 でも共通点が二つありました。

1、ハッテン場が出てくる

 「怒り」の原作を読んでいて、
「昔、ハッテン場って屋根なかったよね?『星が綺麗に見えるスポット』的なものだったよね?」
 と思っていたのですが、吉田修一、ちゃんとそっちのハッテン場も書いてました。
 ぬかりないな。

 さて、そこに行くのは誰でしょう。

2、綾野剛がゲイの役をやっている

 はい。綾野剛は「怒り」だけでなく「横道世之介」でもハッテン場に行きます……
 ゲイじゃない横道世之介がくっついて来ちゃって、結局遊べずに二人でスイカを食べて終わるのだけど。
 この場面がまた、二人とも可愛いんだ!!

 綾野剛が演じる加藤は、人と接するのがあんまり好きじゃなさそうな人間に描かれている。
 けれども大人になって横道世之介の思い出を語る時にはすごく明るくなっていて、
「横道世之介ののんきな優しさによって、開放的になれたのかな?」
 と感じられたのが良かった。

 全体的に楽しい話で、楽しさが悲しみを、悲しみが楽しさを際立たせる。
 思い出すとじーんとする。

 多少画面から目を離してもストーリーを追えなくなるような話じゃないので、作業用に流すのに合っていると思う。
 私はワイシャツにアイロンがけしながら見ました。
 クールな加藤が真面目に可笑しいこと言うから一人で大笑いしたよ。
 同人活動をやっている人は、コピー本の製本をしたりしながら見ると良いと思うよ〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:25| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

血なまぐさい人間たちの中にたった一人エンジェルがいた(映画「怒り」感想)

(※犯人が誰かは書いていませんが、優馬と直人の話の展開には触れているので、どんなネタバレもイヤ! という人は映画鑑賞後に読んでください)


 綾野剛が演じた直人はおとなしい役なので、見ている最中はあまり目立たなかったけれど、映画館を出て家に帰って何時間か経ってから、
「血なまぐさい人間たちの中に一人エンジェルいたね?」
 と気付いた。

 天に呼ばれている者の清浄。
 彼の優しい佇まいをしみじみ思った。

 映画「怒り」で私が最も知りたかったのは犯人などではなく、
「ベッドで後ろから優馬に抱きしめられている直人の表情の意味」
 だった。
 予告映像で使われたこの場面を見て、私は綾野剛に恋をした。

 悲しみをたたえた瞳と、おびえているような肩のライン。
 華やかな銀幕の世界にそぐわない、心をざわつかせる美しさを感じた。

 原作を読んでもどこの文章を映像化したものなのか全然分からない。
 ストーリーが進み、優馬の腕の中で直人が語り始めて、私はあーっ! と叫びそうになった。
 これ、原作では、温泉に入ってする会話じゃん!! 分からないはずだよ……

「仕事ヒマなわけ?」
 と直人に尋ねられた優馬が、
「お前の怠惰が移ったんだな」
 と答える(小説からの引用なので映画ではセリフが変わっているかも)

 ぞっこん惚れ込んでいる直人に会いたくて毎日早く帰ってしまうくせに、軽口でごまかす優馬。
 一見可愛いこの会話、「怒り」の結末を知ってから読み返すと、直人が傷付いたであろうことが想像出来る。
 直人は心臓病で、本当は怠けたくなんかないのに、体調が悪くて働けなくなったのだ。
 優馬には最後までそのことを隠し続けた。

 秘密と傷を心の奥深くに仕舞い込み、強く惹かれている男の腕の中にいる。
 直人は優馬の身勝手さを知っていて、最初からそれを許している。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:12| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

「本の杜」に参加します!

2016年9月18日(日)に開催される、
本の杜
に参加します!
会場は、川崎市産業振興会館 4階 企画展示室(JR川崎駅から徒歩8分)
開催時間は11:00〜15:30 うちのスペースはB-12

新刊は人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」です!
紹介記事はこちら
ツイートまとめはこちら

よろしくお願いします〜!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:55| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

映画「夏の終り」感想

 小林薫と綾野剛の間で揺れ動く、なんてやらしー設定なんだから、もうちょっとどうにかならなかったの……
 泣きながら電話をかけて来たり、一転急に冷たくなったりする綾野剛は良かったです。
 同じ設定で脳内で頑張ります!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 14:13| 映画・映像 | 更新情報をチェックする