2018年02月09日

頭木弘樹(編訳)「絶望名人カフカの人生論」感想

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫) -
絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫) -

 社会的に成功したり、お金持ちになったりするのもきっと大変だろうけど(私はなってないから想像するだけ)「ただ生きる」だけでもずいぶん大変だよなぁ、と常々感じていた。
 それは錯覚ではなかった。
 同じような重たさを、一生感じ続けた人がいた!

 それは小説家のカフカ。
 この「絶望名人カフカの人生論」は、彼のネガティブな名言ばかりを集めた本です。
「分かる! 分かるよ、カフカ〜」
 と叫びながらあちこち付箋だらけにして読みました。

 社会的な責任をどれだけ少なくしても(私は親でも会社員でもない)責任が0になることはない。
 この、何を捨てても残ってしまうぼんやりとした重たさは、
「私として生きなければいけない責任」
 なのだと分かった。

 カフカはその繊細な性質のせいで、この重みを意識し過ぎた。
 この責任から逃れるには、死ぬよりほかない。
 しかしカフカは自殺もしなかった。

「内面生活の描写以外、他のどんなことも、ぼくを満足させられないのだ」

 私が一番共感した文章。
 いやほんと、なんでなんでしょうね?
 内面生活の描写をしている時のあの喜びは他では絶対に得られないもので、あの瞬間だけ私は孤独でなくなる気がする。
 そこにあるのは私の内面と、その内面を表す文字だけで、実際には世界から切り離されているというのに。
 だからこそ、だろうか。

 世の中には、ポジティブな考え方や、順調に生きているように見える人々があふれている。
 けれども実際は、そういうものに押しつぶされそうになっている人の方が多いのではないか。
 カフカの言葉は暗くて真面目で、そのせいでかえって可笑しい、というものが多いし、全ての言葉に頭木さんの解説が入っていて読みやすい。

 冬の寒さと現代社会に疲れている皆さん、ぜひどうぞ。
 誰にも気がねせずに、ガンガン絶望しようぜ……!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:48| 読書 | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

「石内都 肌理(きめ)と写真」展感想

 横浜美術館で開催中の石内都さんの写真展に行ってきました〜!
 私は石内さんの写真が大好きなのですが、その感情はあまりにも個人的で、
「面白いよー! ぜひ行ってみてー!!」
 と薦めるような感じでは全くない。

 石内さんの写真のどこが良いか、正確に言葉にするのは難しい。
 撮られるべきものがきちんと写っている。
 余分なものも足りないものも過剰なものもない。
 それを基本とした上で、胸の奥の方にじわじわと来る何かがある。

 塗料のはがれた壁や、年老いた人の肌の質感。
 ざらつきやしわ。それを作り出した歳月。

 痛みはあるが「痛々しい」のではない。
 もっと静かで深い疼き。

 傷と傷跡は違う。
 傷跡は「治っている」
 記憶だけを残して。

 私は浅はかさを罪だと考えている。
 浅はかさは人を傷付けるし、物事の解決を難しくしたりもする。

 人間には表面しか見えない。
 今現在の姿しかとらえられない。

 でも物事には、内側もあれば過去もある。
 表面から、内面や時間の積み重ねを正確に読み取ろうと努力することが、浅はかさから抜け出すための道になるのではないか。
 誤読をしてしまう可能性も十分にあるけれど。

 「分からない」のが世界や人間の本質で、もし「分かった」と思ってしまったら、そこには何らかの技術か作為かまやかしが存在しているのではないか。

 簡単に答えを出さないこと。
 考え続けること。

 フリーダ・カーロの遺品の写真が会場で一番華やかで、美しかった。
 色彩がぱあっと明るく、フリーダの悲しみより、彼女がそれを選んだり、身に付けたりしていた時の喜びの方が強く伝わってきた。

 会場には展示されてなかったけれど、石内さんが撮影した荒木陽子さん(アラーキーの奥さん)の写真もあるらしい(写真集のタイトルは「1・9・4・7」)写真美術館の図書室あたりで探してみよう。

写真関係 (単行本) -
写真関係 (単行本) -

 この石内さんのエッセイ集も読んでみたいな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:26| 美術 | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

柑橘とマスカルポーネのデザート

【作り方】
1、柑橘類の薄皮をむきます。
2、マスカルポーネと1を混ぜます。
3、ココアの粉を少しかけていただきます。

 Dちゃんが言い出して、やってみたら予想以上でした。
 柑橘類&チョコでオランジェット、マスカルポーネ&ココアでティラミス。
 全部合わせても美味しいのね。
 またやろうっと。

 家にあるデコポンで作りましたが、もうちょっと薄皮がむきやすい柑橘類の方がラクだと思います。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:45| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

山口仲美「100分de名著ブックス 清少納言 枕草子」感想

NHK「100分de名著」ブックス 清少納言 枕草子 -
NHK「100分de名著」ブックス 清少納言 枕草子 -

 『犬は「びよ」と鳴いていた』の山口仲美先生が担当している、ということで読んでみました。
 擬音語・擬態語の研究者というイメージでしたが、古典文学の内容の紹介もお上手なんですね。
 解説が堅苦しくなく、現代語訳がちょっときゃぴきゃぴしていて、
「言葉と文学がとにかく大好き!!」
 というのが伝わってきます。

 一番可笑しかったのは、清少納言の元夫の話。
 脳みそ筋肉のタイプだったらしく、今昔物語集にも武勇伝が残っているそう。
 枕草子には「ワカメ事件」の顛末が書かれている。
 悪い人じゃないんだけど、どうにも野暮で、清少納言と長く付き合うのは無理だよなぁ。

 100分de名著は、放送に合わせて発売されるムック版の方が安く、注が本文の下に付いていて便利。
(ブックス版は注が章の最後にまとまっている)
 その代わり、ブックス版にはムック版にはない特別章が追加されている。
 清少納言と紫式部と和泉式部の文体の違いを実際に例を挙げながら見ていくというもので、これが面白かった!

 和泉式部の歌にはレトリック(枕詞や引き歌などの技法)がほとんど使われていない、というのに「なるほど!」と。
 だから現代人も表現の壁を感じずに共感出来るんですね。

 それに較べると紫式部の歌は恐ろしく技巧的で、散文にも歌語を使ったりする。
 源氏物語の世界は、彼女が選ぶ言葉によってきらびやかになっていたんだな、と。 

 山口先生は清少納言を「感動型ではなく観察型」と表現していて、あっと思った。
 私は感動を求めて生きていないのです。
 「物語」は感動至上主義なところがあって、ずっと違和感を感じていた。
 感動するより、新たな価値観を発見したり、意外なエピソードに笑ったりしたい。
 そんな気持ちから、自分で小説を書くくせに、読むのはエッセイの方が多かった。

 私も清少納言のように「観察型」を目指すべきなのかもしれない。
 観察力ないけど、観察するように心がけることなら出来るはず。

 感動と観察だけでなく、韻文(和歌)と散文(エッセイや物語)を書く時の心の持ち方の違いなど、文学に親しむたびにぼんやりと感じていた境界が、しっかり見えてきた気がする。

 エッセイが好きな人はもちろん、和歌や短歌が好きな人にもおすすめしたい。
 古典が苦手でも問題なく読めますので、ぜひどうぞ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:56| 読書 | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

Soup Stock Tokyoの七草粥

R0026596 (2).JPG

 1月7日、Soup Stock Tokyoで七草粥を食べたよ〜
 一年でこの日にしか出ない限定メニューなので、ラージカップで注文。
 自宅で作るものよりダシが利いていて美味しかった♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:27| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする