2008年12月31日

オニオングラタンスープ(後のせサクサクバージョン)

 まず、玉ねぎをじっくり炒めて甘〜いスープを作ります(ここまでは普通のと一緒)
 で、その後、器によそってパンとチーズを入れてオーブンで加熱…… したかったのだけど、我が家には耐熱スープ皿がない。
 どうしようか…… と相談していたら、Dちゃんが面白い食べ方を思い付いた。

 薄切りにしたパンに、粉にしたチーズをかけ、トースターでカリッと焼き、それをスープの上にのせていただく。
「後のせサクサク、だね」

 ここで使うチーズは、お歳暮の注文の時に買ったグリュイエール。
 実を言うと、何日か前に生のまま食べてみたのだけど、不思議な味だった。
私「J産業(母が勤めていた工場)で加工する工業用のゴムみたいな感じ……」
D「僕は靴のゴム底って思った……」
 要は固いゴムの味(いや、食べたことないけど)

 変な味でも捨てる訳にはいかない。加熱したらマシになるかも、と今回出番になった訳ですが。
「ねえねえ、熟成したみたいで、香りが良くなったよ」
 パンの用意をしてくれたDちゃんがこんなことを言う。
 ふんふん、確かにゴムの香りはもうしない。
 果物みたいに熟れてないと美味しくないのか(というか、チーズって熟さないまま売っているのか?!)

 このカリカリチーズパンを甘いスープにのせると……
 でっかいクルトンみたいで美味しい!!
 全部ひたしてベショベショになるよりメリハリがあって良いよ。
 ゴム味もしませんでした。
 
 このスープとポテトサラダだけでお腹いっぱいになっちゃった。
 ごはんと賞味期限の切れた納豆も食べなきゃいけなかったんだけど……
 食うことに追われているな(←意味間違ってる!)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:20| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

我が家のコーンスープ

【材料】
コーン缶(クリーム状のもの)
牛乳

白コショウ
パセリ
クルトン

【作り方】
1、鍋にクリーム状のコーンを入れます。
2、空いた缶に牛乳をなみなみそそぎ、これも(缶に残ったコーンを流す感じで)鍋に入れます。
3、塩少々(コーンが約400グラムなら、小さじ1/4杯くらいかな)白コショウ少々も入れ、木べらで混ぜます。
4、中火にかけ、かたまりが出来ないように混ぜ続けます(鍋の底がべたっとしたら火を弱める)
5、湯気が立ち、ポコポコッと泡が出たら、火から下ろす。
6、味見して、塩かげんに問題がなければスープ皿へ。
7、パセリとクルトンを飾るとお店みたいで素敵です。

 固形ブイヨンを使わなくても、十分美味しい。
 優しい味わいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:09| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

無線LAN

 家庭内無線LANが復活した〜!!!
 便利〜!!

 ネットを見るのも印刷するのも、引っ越してからずっと、線でつないでやっていたのです。
 あくまで臨時、のつもりだったので(その割に長かった)それぞれの機械の位置が適当なものだから、線に引っかかって転びそうになったり、大変でした。

 我が家のインフラが牛の歩みで回復している……
 頑張れ!>Dちゃん ←自分はやる気なし
posted by 柳屋文芸堂 at 22:27| パソコン・電子機器 | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

焼き肉の美味しい食べ方

 焼き肉を、焼き肉のたれは使わずに、
「すりおろした山いも+しょうゆ+ワサビ+乾燥わけぎ」
 で、山かけみたいな感じに食べたら。

 美味しい〜!!

 すごくさっぱりいただけます。
 肉だけでなく、野菜にも合う。
 思いついた時には半分冗談だったのに、びっくりだ。

 山いもは精がつくと言うからねぇ。
 へっへっへ。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:45| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

八頭(やつがしら)

 八頭をどのタイミングで買おう、と悩む年末(毎年のこと)
 主婦だねぇ。
 あんなデカいのがしばらく冷蔵庫でごろごろしているのもイヤだし、かといって遅過ぎると売り切れる。

 みんなはコミケのことで頭がいっぱいなんだろうなぁ。
 ちょっと羨ましい。
posted by 柳屋文芸堂 at 14:46| 季節 | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

シュトーレン!

 Dちゃんのお母さんからシュトーレンが届きました。
 私はクリスマス前の浮かれた雰囲気がいまいち好きじゃないのだけど、シュトーレンだけは大好きです。虚無主義者の私でさえ、神に感謝してしまうよ。

 シュトーレンの作り方をドイツ人に与えてくれてありがとう!
 さらにそれを日本にまで広めてくれてありがとう!!
 ああ、もう、とにかく、私にシュトーレンを与えてくれた全てのつながりに感謝します!!!
 
 うめぇ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 07:55| 季節 | 更新情報をチェックする

ゆず湯

 昨日は冬至だったので、ゆず湯に入りました。
 といっても湯ぶねに入れたのは生ゆずではなく、でっかいティーバッグみたいなのに乾燥ゆずが入っているやつ。
 先に入ったDちゃんに、どうだったか尋ねると、
「あんまり匂いがしなかった。のりは満足しないのではないか」
 とのこと(私は匂いの強い入浴剤が好きなのです。ただし天然精油っぽいやつ)

 ではではと、入浴中、ティーバッグをムギュムギュもみもみしてみました。
 風呂場のとなりにある洗面台にやって来たDちゃん、
「あっ、ゆずの香りがしている!!」
 ふははは。俺の勝ちだ!!(意味が分からん)

 ハロウィーンやクリスマスのような西洋のイベントだけでなく、日本の習慣も大事にしたいですね。
 かぼちゃは食べられなかったけど〜(残っている食べ物が多過ぎたのだ……)
posted by 柳屋文芸堂 at 07:40| 季節 | 更新情報をチェックする

寿限無

 不景気、というのがいまいちピンと来なかった私ですが、ニュースをよくよく聞いてみると、輸出メインの企業はここ数年、非常に景気が良かったようですね。
 そういえば、名古屋に行って来た人が、
「トヨタが好調なせいか、すごく活気あったよ〜!」
 と言っていたことがあったな。1年半くらい前。

 輸出とは縁もゆかりもない私が好景気を味わえなかったのは当然ですね。
 それでも不況はちゃんとやって来るんだからなぁ。
 原油価格が下落しているから、物価も下がるんじゃないかと、期待しているのですが。
 ま、年末は特別価格で高いままだろうけど(小松菜とかな!)

 派遣切りで困っている人たちのことをニュースで聞くたび、落語「じゅげむ」の、
「食う寝るところに住むところ」
 というのを思い出します。ほんと、大事よね、これ。

 仕事と住むところを一緒に失うのは大打撃だと思う。
 家を借りようと思えば、必ず勤め先を書かされるのだから。
 無職のまま借りられる家は少ないのではないかしら。
 社宅も考えものだね、とDちゃんと話しました。

「食う寝るところに住むところ」
 を守るために、のんびり屋の私もDちゃんも、けっこう必死です。
posted by 柳屋文芸堂 at 07:18| 社会 | 更新情報をチェックする

おはようございます!

 不況の影響で、Dちゃんの会社では残業がしづらくなっているようです。
 それでも仕事の量は変わらないため、今朝は始発電車で出勤しました。遅くまで働くのはダメなのに、早く行くのはOKらしい。変なの〜
 不況の影響がこんな形でやって来るとは。ふわわわ。

 今日はゴミ捨てもないし、寝直そうかと思ったけれど、猛烈に腹ペコだったのでそのまま朝食にしました。豚キムチとぬか漬けで雑穀米をいただく。美味しい〜
posted by 柳屋文芸堂 at 06:23| 社会 | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

今年の読書

 今年は引っ越し等でバタバタした割には、やや難解な(自分にとっては、という意味ですけど)本をじっくり読む事が出来て、満足しています。
 その中で一番印象に残った文章はこれ。

 ひとりの女は物珍しげに鉛筆削りの小刀でわたしの腰を刺し、だれかにいった。
「なんと、中はステンレスだよ、へええ、しーっ……静かに。外でだれかが立ち聞きしている」
 (残雪「わたしのあの世界でのこと―友へ」より)

 これを読んだ後、
「中はステンレスだよ!」
 と何度叫んだか分からない。私の中では今年の流行語大賞なんですが。

 同じ作品の中のこのセリフも良いです。

 わたしは猿のお面まで作り、親戚の家に跳びこんでいって手当たり次第に首ったまにかじりつき、大声でわめいた。
「夜は本当に楽しい!」

 シャーリィ・ジャクスンが西の魔女なら、残雪は東の魔女ですね。
 こういう独特の雰囲気がある小説を書けるようになると良いなぁ、と憧れのため息。
 来年は成長出来ますように。
posted by 柳屋文芸堂 at 16:48| 読書 | 更新情報をチェックする