2009年02月20日

かにぱんマニア

「うわっ、上からベークライトがっ」
img162.jpg


「や、やられた……」
img163.jpg




 という声が聞こえるんですけど(私だけ?)

img164.jpg

 嬉しそうにしてる場合か〜
posted by 柳屋文芸堂 at 00:34| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

ショック

鏡を覗くと、頭にきしめんみたいな太い白髪が生えていた(大ショック)
posted by 柳屋文芸堂 at 11:22| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする

久々のパエリア

 昨日は、高校時代の友人とパエリアを食べてきました。お店の人に頼んでお焦げを削ってもらい、綺麗に完食。美味しかった〜♪
 夢中になってて写真を撮るのを忘れました。デザートも可愛かったんだけどな。

 その友人とは高校時代、同じクラスだったのだけど、行動するグループが違っていて、すごく親しい訳ではありませんでした。
 大学時代は一度も会わず、社会人になってから職場が近かったことで再会し、お互い本好きだと分かって意気投合。
 縁って不思議です。

 昨日も小説や漫画の話、夫婦についての話、古い友人たちの消息等々で大いに盛り上がりました。Dちゃんやこぐまさんなんかもそうなのですが、本好きの人って普通の会話の中に文章語が出て来るのがおかしい。
「やるせなくなって」
 とか、あんまり聞かない気がする。そういうのを見つけるたびに微笑んでしまいます。

 私と彼女には共通の悩みがあって、その話を出来たのが本当に良かった。この数年感じていたモヤモヤが消えて、すっきり。

 彼女は妖怪マニアなので、
「水虎がさ……」
「ああ、水虎ね!」
「毛沢東語録を読みながらレースに参加して……」
 みたいな話がサクサク進むのも嬉しい(水木しげるバンザイ!)

 お互い時間を思う存分自由に使える身の上ではないけれど、また予定をうまく合わせて遊びたいです♪
posted by 柳屋文芸堂 at 11:16| 友達 | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

分かるぞ、中川〜!!!

 ローマでG7開催、というニュースを聞いた時、思わずよだれをたらしそうになった。

「良いな〜っ みんなサルティンボッカ(ローマの郷土料理)とかカルチョーフィ(=アーティチョーク ローマ人が好む野菜)を食べるのかなぁ? 良いな良いな〜っ!!」
「食べ物のことだけかよ」
「他に何があるの?」
「変わっちまったなぁ、のり……」
 なんて会話をして、いた、ら!

 中川財務相のあのニュース。

 分かるぞ、中川〜!!!

 イタリアの料理、美味しいもんね!
 イタリアのワインはその味に最っ高に合うもんね!!
 風邪引いてようと、重要な記者会見が控えていようと、そりゃ飲みますよ!!!

 日本国中の人が呆れたり腹を立てたりしていると思いますが、私だけは同情します。
 欲に負けた者として。

「日本の恥だ」
 なんて意見もありますが、そんなのツアー客が世界中でバラまいてるから大丈夫。

 外国の人が日本人をどう見ているか、米原万里と田丸公美子の本にいくつか出て来ます。
 恥というより、不可解で気味悪く思われているみたいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:35| 社会 | 更新情報をチェックする

冴羽リョウとか、ゴルゴ13とか

 そのうちあるらしい総選挙に備えてか、政治家(政治家になりたい人?)がスピーカーで演説を流しながら車で回って来ます。

「うるさいから……」
 窓閉めるね、と続けるはずが、
「消しちゃうね」
 いや、ラジオじゃないんだから。

 すかさずDちゃん、
「消したっていいよ、スゴ腕を雇って」
「冴羽リョウとか、ゴルゴ13とか?」
 そんなちゃちな仕事、やってくれるかなぁ。

 私の友人に、「ミザリー」を思わせるほどのシティハンターマニアがいます。その人の前では冴羽リョウの話題なんて気軽に出せないくらいなんですが、私も一応、放送がある時には見ていました。
 でも実は、全っ然、ストーリーを覚えていません。(ごめん>その友人)
 記憶に残っているのは、海坊主さんのことだけ。ラブリーよね〜♪

 ちなみにドラゴンボールではピッコロが、銀英伝ではオーベルシュタインが好きでした。
 私のキャラの好みが分かっていただけましたでしょうか?

 あれ? 何の話をしていたんだっけ……

追記:冴羽リョウの「リョウ」の字が文字化けしちゃうので、カタカナにしました。かっこ悪くてごめんなさい〜
posted by 柳屋文芸堂 at 12:43| 社会 | 更新情報をチェックする

グレるには、愛情が深過ぎる

img160.jpg

「あんたを育てなきゃいけないし、仕事もしてなかったし、お金がなかったんだけど、店先に飾ってあるのを見たらどうしても欲しくなっちゃって、買っちゃったの!」
 というエピソードのある小さなお雛様。
 私はその時幼稚園くらいだったかな。その瞬間を覚えている、気がする。

 っていうか我慢しろよ母ちゃん!
 うちは母子家庭でした。私が生まれた時からずっと。伯母たちと同居だったとはいえ、経済的にはかなり危機だったんじゃなかろうか。

 単体だと大きさが分からないな〜 と思って、文庫本を置いてみました。 

img161.jpg

 思い入れの強いものだったはずなのに(だからこそ?)、母は私が結婚した時、これを持たせてくれました。
 大きな普通のお雛様もあったのだけど(そっちは夫婦二人きり)こっちのお雛様の方が可愛くて好きだったので、とっても嬉しかった。出すのも仕舞うのも楽だしね。
 こんなに長く愛されて、母の衝動買いは正解だったのかも。

「父親が誰かも教えてくれない、職を転々とする、大酒飲みの母親に育てられた」
 と言うと、
「よくグレなかったねぇ」
 と感心されたりするんですが、グレるにはちょっと微妙な母親です。
 すくすくと素直に育つわけにもいかないし(??)こんな風になりました……

 その後、パートで働きながら私を大学にまで通わせてくれたので感謝していますが、職場をコロコロ変える人に養われる不安感は、今でも忘れられません。江國香織の「神様のボート」みたいでしたよ。もっと枯れてるけど。
 上司とケンカして辞めて来ちゃったりするしね。何の前触れもなく。

 不景気不景気と言われても割とのん気にしていられるのは、今、私を養っている人が、母よりずっとマトモだからかも。
 母はいつも、
「こんなに真面目に生きているのに!」
 と主張します。世間が同意してくれるかは不明。

 そんな風に母のあれこれを思い出すお雛様。とりあえず、雛祭りの前に出せて良かった。
「ちゃんと飾った?!」
 って母から確認の電話が来る場合があるのだ。ひ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 10:17| 季節 | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

飛ばない豚

 某島に住むまささんとお土産&情報のやり取りがあり、某島へ行きたい欲が猛烈に高まっております。
 交通や宿をあれこれ調べたのですが、やはり日数も費用も海外旅行なみに必要なのがネック。
 でも行く! 絶対行ってやるぅ〜!!

 観光協会のホームページを見ると、島には色んな楽しみがある様子。
 珍しい海の生き物を見たり、山に入って光るきのこを見つけたり。
 自然がものすごく豊かなんですね。

 でもふと思った。
 私、ここで何がやりたいんだろう……

「ご飯が食べたいんでしょ?」
「どうして分かるの、Dちゃん!」
「……」

 そうなのだ。私が島に行きたいと切望し始めた一番の理由は、まささんが送ってくれる特産品がどれもこれもメチャクチャ美味しかったからなのだ。

「あっ、亀料理があるよ!」
「これはすごい」
「私、行ったら絶対亀を食べると思うな(←変わった食べ物大好き)」
「そりゃそうだろうね ……なんか、のりによけい精が付きそうでイヤだな」
「ふははははは」

 スッポンはよく聞くけど、亀はどうなんでしょうね。

 とにかくDちゃんが会社を休んで資金を出してくれるかが一番の問題なので、あれこれ説得を試みると……

「船に乗るのが大変だなー そうだ、のりが飛行艇で連れて行ってくれるなら良いよ。免許取ってさ」
「はぁ?!」

 一応調べてみましたが、飛行艇の情報はえらい少なかったです。
 飛行機の免許を取るのだって、数百万かかるみたいなんですけど……
 だいたい人殺しになるのがイヤで車の運転免許すら取っていない私が、何故飛行艇だの飛行機だのを操縦せにゃならんのだ。
 特攻隊みたいにぶつかるだけなら出来るかも知れないけど……
 (観光出来ないし! 島の人に迷惑だし!!)

 飛ばない豚です。食い物のことばかり考えている、ただの豚です。
 太平洋のエースになれるとはとても思えません。

 某島までの道のりは(色んな意味で)遠い……
posted by 柳屋文芸堂 at 11:07| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

男だらけの調理実習

 男だらけの部屋にいる。

 前の席にいるのは道楽さん。夫婦についてあれこれ話をする。
 どうやらこれから調理実習のようで、斜め前のおじさんはカレーを作るという。
 全員がそれぞれ別のメニューにするらしい。

 私は玉ねぎとカジキマグロのソテーにすると決める。
 隣の小学生くらいの男の子が、同じものを作りたいと言い出す。

 でもバジルではなくて、青のりが使いたい。
 それなら油はオリーブオイルではなく、ごま油にした方が良いよと、アドバイスする。
posted by 柳屋文芸堂 at 10:55| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ぽかぽかの一日

 今日は暖かかったですね〜♪
 Dちゃんと一緒に近所の河川敷に行って来ました。

 鉄橋があります。
20092143.jpg

 あっ、ちっちゃい!
20092142.jpg
 貨物列車の先頭部分かな……

 三味線を持っていったので、最近習った曲を聴いてもらいました。
 うう、三年近くやってるのにあんまり上達してなくてごめんなさい。
 でも、ふだんDちゃんの前で演奏する機会がないので、良かった。
 (うちのマンションは楽器禁止のため、自宅では出来ないのです)

「三味線っていいよね、持ち歩けるから」
「Dちゃんもピアニカでもやれば?(←Dちゃんはピアノが弾けるので)」
「ええーっ、肺活量がいるよね……」
「じゃあ、アコーディオンは?」
「三味線とアコーディオンじゃ両方、哀愁楽器じゃん! 和と洋の」
「デュオを組もうよ……」
「しみじみし過ぎ〜」

 川の向こうの夕日。
20092141.jpg

 暖かい日がこれからどんどん増えるだろうし、また行こうっと♪
posted by 柳屋文芸堂 at 22:17| 季節 | 更新情報をチェックする

求愛のダンス

 爆笑問題の太田から熱烈な求愛を受ける、という夢を見ました。
 夢とはいえモテるのは良い気分ですね〜
 別にファンという訳でもないんですがね。顔も最近見てないし(声はラジオでたまに聞く)

 現実ではモテたことなんてほとんどないです。
 必ずこっちが求愛のダンスを踊ります。

 いつだって バレンタインの イワヒバリ
 (http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program135.html
posted by 柳屋文芸堂 at 10:00| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする