2009年03月31日

supercell feat.初音ミク supercell

 今まで黙っていましたが、私、初音ミクがけっこう(かなり?)好きです。
 そんな訳で、supercellのCDが手元にあります。

 アンドロイド狂なのだからハマるのは当然だろう、という気もしますね。
 ソフトが発売された直後に注目し、週刊VOCALOIDランキングなんかも見たりしていました。
 まず、現象として面白かった。初音ミクがきっかけになって、みんなが作品を作り、それをみんなが楽しみ、また新しい作品がどんどん出て来る。同人誌文化ではよくあることですが、音楽と動画でこれが起きたのを初めて見たので。

 でも、残念ながら、好きになれる作品はそう多くなかった。
 何というか、オリジナル楽曲なのにオリジナリティが足りない。
「君がどんな音楽を聴いて育ったのかはよーく分かったから!」
 とツッコミたくなるのがほとんど。

(余談ですが、創作文芸同人の世界でも同じ感じを受けることが多いですよね。
 自分を思いっきり棚に上げてますけど。
 それがアマチュア芸術の壁なのかもしれない。)

 で。
 そんな中、supercellの曲だけは、
「他とちゃんと違うぞ、個性があるぞ」
 と感じさせてくれたのでした。

 メロディーも気持ち良いし、何より歌詞が好き。
 どの曲も、初音ミクの声と姿にぴったりの物語になっている。
「彼女がもし本当にいて、こんな性格だったらすごく嬉しいな」
 というファンの希望のど真ん中、が描かれていると言えば良いかな。

 わがままで勝ち気でありながら、実は一途で純情。
 生意気だけど、可愛いから許せる(むしろ美点)

 言葉にすると陳腐で申し訳ないんですが。しかしまあ、陳腐=普遍的、かもしれない。
 こういう「選ばれし女の子」って、高校や大学にも、いたよねぇ(私はなれなかった……)
 機械であるはずの女の子が、聴く人の理想や思い出を吸い取って、生き生きと輝く。

 こういう音楽を聴いていると、キュンキュンする恋物語が書きたくなりますね。
 いやむしろ、
「片思いがしたい!!」
「まだ懲りてないの?」
 Dちゃんは呆れておりました。
 そういやこの人に三年ほど片思いして、血を吐くような思いをしたんだった。
 現実の恋は本当に色々とうんざりするものですが、心には都合よくキュンキュンだけが残っている。

 現在、このCDと、長唄の「寒行雪姿見」をガンガンかけて家事をしています。
 いつもながら、色んな方向に濃い気がする。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:38| 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

森田健作かよ……

 愕然としている千葉県民の柳屋文芸堂です。
 確かに他の候補者は地味だったけどさぁ……

 彼がどんな人なのかは知りませんが、リニアモーターカーを通したがっているのがイヤでね。
 今さら巨大工事っていう時代じゃないだろう。
 なるべく今あるものを活用して、自然を壊したりしないで欲しいものです。
 費用だって、いくらかかるのだろう。

 昨日、寝る前に当確のニュースを聞いたから、↓みたいな夢を見ちゃったんだ〜
 東国原知事は嫌いじゃないですけど。

 彼が就任してから、新宿みやざき館がえらい混むようになったもんな。
 10年ほど前からデートに使っていた私たちは、複雑な気分でした。
 前は寂れてて休日でも空いてて、そこが良かったのに。
 あそこの甘乳蘇ソフトクリームは美味しいですよ〜♪
posted by 柳屋文芸堂 at 08:53| 社会 | 更新情報をチェックする

東国原そっくり

 玄関のチャイムが鳴った。

 インターホンのモニターを覗くと、ハッピを着た、東国原英夫そっくりの男がいる。
 彼はその容貌を生かして、近所のお店の宣伝をして回っているらしい。
 ドアを開けると、いきなりずかずかと家に上がり込んで来たのでびっくりする。

「帰ってください!」
 大声を出すと、ムッとしてこちらを見る東国原。
「帰ってください!!」
 どうにか追い出すことが出来た。

 すぐに通報せねばと電話に向かうが、間違えて119番にかけてしまう。
 慌てて110番にかけ直し、叫んだ。
「東国原そっくりの泥棒が!!」
「ああ、多いんですよね〜 東国原そっくりの泥棒」
 全然真面目に取り合ってくれない。
「多くても何でも、捕まえてください! 今さっきうちを出たばかりですから!!」
 やる気のない電話口の女性に、一生懸命、自分の住所を伝える。

 やれやれ、と思っていると、鍵を持っていないはずの母親がいきなり家に入って来る。
 どうやらこんな騒ぎがあったというのに、施錠し忘れていたらしい。
posted by 柳屋文芸堂 at 07:51| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

オジサン

 私は文具メーカー「ミドリ」の「オジサン」というキャラクターが大好きです。
 毎月カレンダー付きの「オジサン壁紙」が発表されるので、ココからダウンロードして使っています。
 こんなのをタダでもらっちゃって良いのだろうか……
 手帳のリフィルしか使ってないのに。
 グッズも欲しいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:16| ネット | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

夢日記

 よいこぐまさんのブログが予想通り面白い。
 これとか→「あの、ダルマさん・・・」
 敵わないな〜
 精進します。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:48| ネット | 更新情報をチェックする

水餃子

img205.jpg

 水餃子を作りました。
 荻野恭子の「ロシアの郷土料理」という本に載っているレシピを参考にし、皮も自分たちで(私がこね、Dちゃんがのばした)
 ちょっと面白い形になっています。具は普通の中華風。

 いつもは焼き餃子なので、水餃子は今回が初めてです。
 ゆで過ぎて崩壊したり、デカ過ぎて食べにくかったり、大成功、とは言えない出来でしたが、Dちゃんが作ってくれたピリ辛ゴマだれがたいそう美味しくて、二人とも無我夢中で食べました。
 三個でお腹いっぱいになっちゃった。もっと食べたい……

 手作りは楽しいな♪
posted by 柳屋文芸堂 at 23:36| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

幽閉された

 どうやら幽閉されたらしい。

 仲間は大勢いるし、苦しくもないのだが、館の主はあちこちの部屋を見せて回るばかりで、私を外に出してくれない。
 最後には、寄席をやっている部屋に入れられた。派手な色の着物を着た落語家が落語をやるが、猛烈につまらない。早く帰りたくてイライラする。でも、逃げることが出来ない。寄席の部屋から出してもらえない。

 どうやら幽閉されたらしい。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:35| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする

寿司麻雀

 お寿司を使って麻雀をすることになる。

 ネタごとに数字(?)が決まっているらしい。私は麻雀のルールも、どのネタがどのパイに対応するかも知らないので、周りのおじさん、おばさんが親切に教えてくれる。
 しかし私がだんだん優勢になってくると、場の雰囲気がおかしくなって来た。おじさん、おばさんたちはさりげなく目配せして、勝敗はうやむやに。

 今度はこれ、と、卵焼きの寿司がテーブルの真ん中に積み上げられる。
 どの寿司も、自分の好きなパイとして使って良いらしい。

 そんないい加減なことで良いのなぁ、とぼんやり訝しむ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:26| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする

我が家の節約術

 家計簿をつけている時、節約サイトをいくつか覗きました。どれも自分とは考えが合わなくてイマイチだったので、自分の節約のやり方を書いてみます。

☆車を持たない
 車を所有すると保険や車検など維持費が色々かかるらしいので、節約になってるかな、と。
 単に人殺しになるのが怖くて乗っていないだけなのですが(免許も取ってない)

☆テレビを持たない
 テレビの維持費はNHK受信料と電気代だけだから、微々たるものですね。
 ただ、テレビCMをきっかけに何か買う、という事がないのでそれは節約になっているかもしれません。

☆新聞を取らない
 この金額も大したことないな。
 古新聞の片付けをする必要がないので楽ちんです。

☆化粧をしない
 若い頃はニキビが酷く、基礎化粧品にだいぶお金をつぎ込んだものですが、最近は肌が落ち着いたので何もつけてません。かつてギトギトだった顔の油が、保湿剤としてほど良い量になった訳です。加齢バンザイ!
 ファンデーションや口紅のような化粧はけっこう好きなのだけど、不器用なせいでえらい派手な厚化粧になってしまい、非常に不評だったので現在はノーメイク。
 たまにはドラァグクイーンのようになりたいですね。

 どれも必要ないから持ってない(やってない)だけなので、節約とは言えないかな。

 他には、
「風呂の回数を減らす」
 とかもやってみたのですが、不潔さより肩こりに耐えかねてやめました。やはり湯船は大事だ。
 それでも2〜3日に一回なので普通の人より少ないかも。

 食費は絶対に減らしませんよ!!
(節約サイトではこれを削る人が多くて、不満だった)
 医食同源ではないか。何より美味いものを食べたいじゃないか。

 メタボにならないよう気を付けます。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:06| 料理以外の家事 | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

最近の我が家のドルチェ

何個か下の記事にも書いたアフォガード、やりました!
img196.jpg

 エスプレッソを上手に淹れるのはなかなか難しいのですが(どう頑張っても、イタリアのバールの味にならない! あれが飲みたいのに!!)アイスにかけると美味しくいただけます。
 ちかさんが家に来た時、
「しみるねぇ〜」
 と言いながらわしわし食べてくれたのが忘れられません。Dちゃんも私も、アフォガードを作るたびに思い出します。嬉しかったなぁ。

これは昨日作ったオレンジゼリー。
img197.jpg

 ちなみに器は長野へ旅行した時に自分で作ったもの(ろくろで形成しただけだけど)
 色が気に入ってます。

img198.jpg

 清見オレンジというみかんほどの大きさのオレンジを、五個搾りました。
 果汁と水と寒天だけで、砂糖は入ってません。
 さっぱりしていて、いっぱい食べられます。

 次は何を作ろうかな〜♪
posted by 柳屋文芸堂 at 23:05| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする