2010年04月30日

クレアクラスコンサート

RES05873.JPG

 高校時代からの友人、Gちゃんが、ピアノの演奏会に出るそうです。
 掲示板に書き込みにきてくれたので、こちらにも情報を。

 5月2日(日)13:10開場 13:30開演
 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
 (JR埼京線与野本町駅(西口)下車 徒歩7分)
 入場無料、全席自由

 Gちゃんは今回、ドビュッシーに挑戦するとのこと。
 下手の横好き王の私と違って、Gちゃんの腕前は物凄いです。
 高校時代から上手かったし、さらに上達しちゃうんだもんなぁ〜
 何故私はそうなれないのでしょうか。
 ↑努力も根性も才能も、全部足りないのだと思う!

 彼女のピアノが大好きなので、大人になっても続けていてくれて本当に嬉しい。
 どんな演奏が聴けるのか、今からドキドキしています。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:19| 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

勝手にしろ!

 昨日は伯母(大)の病院の付き添いでした。
 やっぱり待ち時間がものすごく長くて、午前10時に家を出たのに、帰宅は午後2時。

「もうみんな先に昼ごはん食べたでしょ?」
 と母に聞くと、
「Kさん(伯母(小))が
『外に行ってる人間がいるんだから、待ってろ!』
 って、食べさせてくれないの」
「ええー!!」
「それで自分はビスケットをがりがり囓ってんのよぉ」
 伯母(小)は糖尿病で、血糖の数値もあまり良くないのである。
「甘いものはダメなのに!」
「そうよねぇ」
 と言う母の右手には、日本盛が(昼飯代わりか?)

 もうみんな、私が留守のあいだ、良い子にしててくれ〜
 気を遣わずに、先に食べてくれた方が安心なのに。
 誰かが体調を崩して、心配したり対応したりするのは大変なんだよ〜
 
 まあ、70代、80代まで生きたのだから、
「あとは勝手にしろ!」
 とも思いますけどね……

 とりあえずゴールデンウィークくらいのんびりさせてください。
 かなり切実に、家族の健康を祈る毎日です。
posted by 柳屋文芸堂 at 20:35| 家族 | 更新情報をチェックする

水戸のおすすめ

 水戸の旅行記は長過ぎて情報としては使いにくかったと思うので、おすすめを短くまとめてみます。

☆おすすめのお店☆
山翠(郷土料理屋。納豆天ぷらが美味)
茶の間(飲み屋っぽい料理屋。豚もやし鍋が美味)
紅茶館(カフェ。スコーンが美味)
milsta(ミルスタ)(ミルクスタンド。牛乳とアイスが美味)

☆おすすめの場所☆
弘道館(縁側でのんびりしよう)
偕楽園(植物を見てのんびりしよう)
(好文亭)←平日ならおすすめ。休日はたぶん混んで大変じゃないかな……
千波湖(黒鳥(コクチョウ)が可愛い!!)
水戸駅南口納豆像(まあとにかく見るといいよ……)

 茨城交通(バス)のフリーきっぷを使うとまわりやすいです。
 水戸駅北口の茨城交通水戸駅前案内所(バス停7番乗り場前)で購入出来ます。

 水戸は上野から約2時間。特急を使えば約1時間15分。
 意外と近いです。
 とても気持ちの良いところなので、ゴールデンウィークにぜひどうぞ♪
posted by 柳屋文芸堂 at 00:33| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

介護で一番大変なことは……

 酔っぱらった母親の相手をしなければいけなくなることです!
 こんな流れで。
 
 伯母(小)の体調が悪化する
   ↓
 うなったり、つらさを言葉で訴えたりする
   ↓
 その様子を見ているのに耐え切れなくなった母が、酒に手を出す
   ↓
 伯母(小)の病院に付き添って帰ってくると、母がすっかり悪酔いして、くだを巻いている

 確かに、苦しんでいる人と一緒にいると、苦しくなっちゃうけどさ〜
 酒に逃げるのはやめて欲しい。

「お酒飲んでるの?」
 と聞くと、
「全然飲んでない」
 って答えるんだよね。

 本当かなぁ。
 素面であの状態だとしたら、それはそれで心配だ。 

 今週は伯母(小)の体調が安定しているので、母もそんなに荒れなくて、ホッとしています。
 先週から飲み始めた薬が体に合ったみたい。
 家事も出来るようになって、今日はおにぎりを握ってくれました。
 ごま塩がかかってて、美味しかった。

 介護というと、
「寝たきり老人のオムツを取り替える」
 というのを真っ先に想像していましたが、そこに至る前にも色んなことがあります。
 疲れはするけれど、けっこう面白いですよ。今のところ。

 母と伯母(大・小)が、なるべく毎日を楽しく過ごせますように。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:12| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

体系的に学ぶデジタルカメラのしくみ

R0021762.JPG

 写真にハマってから、ネットなどでカメラ関連の情報を見る機会が増えました。
 でも、分からない単語が多くて「???」となることがたびたび。
 一度まとめて勉強したいな〜 と思って、この本を読んでみました。
 ま、カメラの知識を増やしても写真が上手くなる訳じゃないんですけどね!
 知らないことが出てくると、知りたくなってしまう性格なので。

 CCDとCMOS(撮像素子)の違いや、JPEG(画像フォーマット)の特徴が詳しく書いてあって、なるほど〜 と思いました。
 ズームレンズを選ぶ時は「××倍」という部分だけではなく、焦点距離の範囲を確認しないといけない、とか。
 パンフに書いてある仕様の表だって、もう理解出来ちゃうぞ!
 新しいカメラを買う時に役に立ちそう。
 ……そんな予定は無いんだが。
 
 カメラを新しくする代わりに、RAW現像をやってみようかな〜
 特に花の色に不満があるので。
 少し違った色が出せたりするのかな? 

 この本は、説明は細かいですが、数式が出てくる訳ではないので誰でも読めます。
 デジタルカメラについてもっと知りたいな〜 と思っている方は、ぜひどうぞ。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:46| 読書 | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

角切りほしいものココナッツ汁粉

R0021706.JPG

 ほしいも泉ちゃんの会社のホームページにレシピが載っていたので(→これ)作ってみました。

 間違えてコンデンスミルクではなくメープルシロップを使ってしまったのですが(失敗……)、美味しかったです♪
 特に冷蔵庫で冷やした後が良かった。
 ココナッツミルクのくせも気にならなくなるし。

 ほしいもって、煮ても煮くずれないのが素晴らしいですね!
 加熱するとモチモチした食感は減って「引き締まったさつまいも」という感じになります。
 これまで「ほしいも=おやつ」と思い込んでいたけれど、今後は食材として色々試してみたいな〜 と思っています。
 ほしいもの可能性を教えてくれてありがとう、泉ちゃん!

 三箱あった泉ちゃんも、もう全部無くなっちゃいましたよ〜
 寂しいなぁ。
 また水戸に行って買いたいです。

R0021581.JPG

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:03| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

写真機記念日

 今日は写真機(GR DIGITALU)が我が家にやって来た記念日です。
 その時の記事はこれ
 この一年、夢中になって撮ったなぁ……

 去年思い立った時よりずーっと前から、欲しいとは思っていたんですよね、カメラ。
 でも、写真を撮ることで、文章での描写や記録をおろそかにしてしまうのが怖かった。
 それは今後も気を付けなければいけないのだけど、今のところは、得たものの方が大きいと思っています。

 撮影そのものの楽しさ。
 ブログを華やかにする喜び。
 そして何より、広大な「写真の世界」に触れられたのが良かった。

 ロバート・キャパの「ちょっとピンぼけ」なんて写真にハマらなければ読まなかったと思うのよ。
 アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真展だって行かなかったと思う。
 どちらも素晴らしかった。
 他にも素敵な写真家の作品をいっぱい見られた。
 ハービー・山口とか、菅原一剛とか……

 何しろ私は「下手の横好き王」なので、きっといつまでも経っても上達せずに、同じような写真を撮り続けるのだろう。
 それでも私は写真によって「心のどこか」を成長させたい。
 そういうのが、人間にとって一番の「財産」なのではなかろうか。

 私と写真をつないでくれた「写真機」に感謝。

R0010174.JPG
↑この1年のベスト・ショットは、購入して4日後に撮ったこの写真……
 何枚撮ってもこれを超えられないんですが。
 ビギナーズラックというやつですね。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:55| 写真遊び | 更新情報をチェックする

7's 銀塩写真展

R0021741.JPG

 八丁堀の「Art Space Motor」で開催中の「7's 銀塩写真展」に行って来ました。
 ayumitさんのフィルムカメラ(OLYMPUS OM-1)の写真の色が、すごく良かったなぁ……
 彼女の作品を見てから、OM-1に憧れを持っています。
 同じカメラを買ったからといって、同じ色が出せる訳ではないと分かっているのですが。
 つい、ね。

 tomoさんのGR作品は、ブログでいつも話題にしているものばかりで、笑ってしまった。
 どれも大好きなんだろうなぁ!
 フィルムカメラの作品は、白黒なこともあって、大昔の名作を見るような、不思議な印象でした。

 撮影者とカメラの組み合わせで、生まれてくる写真は色んな方向に変化するんですね。
 それぞれの違いをしっかり感じられるのが、グループ展の面白いところ。
 次回も楽しみです♪

 そうそう、この展示に行く人は、外の展示(窓に貼ってある写真)を見るのを忘れないように!
 ニコニコしちゃった。

 4月25日(日)までです。

R0021743.JPG
↑八丁堀にも緑が。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:44| 美術 | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

スズラン観察日記

4月18日
R0021710.JPG

4月19日
R0021712.JPG

4月21日
R0021728.JPG

 千葉県北西部では、スズランがにょきにょきと成長中。

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画 目覚め に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:18| 季節 | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

慣れだよ、慣れ!

 今日のお稽古の時の話。

 私「あまりお知らせしたくないんですが…… 三味線を始めて4年経ちました」
先生「4年?! ギャハハハハハ!!」

 笑い事じゃありません、先生!
 こんな下手な弟子のために時間を取られていいんですか?

 上達しないのは、もちろん先生のせいではありません。
 私は音感が悪過ぎるし、不器用過ぎる。
 どう考えても音楽向きの人間じゃない。
 それを分かっててやってるんです。ええ。
 
 先生は、こんな私にも、
「ただの『音』が『音楽』になるための秘密」
 を丁寧に教えてくれます。
 素晴らしい方です。

 それなのに、なかなか上手くならなくて申し訳ない……

 私「エンジョイはしてるんですけどね、十分に」
先生「ははは。それが一番だよ!!」

 先生の口癖の一つに、
「慣れだよ、慣れ!」
 というのがある。
 たぶん音楽には「才能」とか「向き、不向き」があると思うのだけど、この口癖には、
「そんなこと大した問題じゃない!」
 と吹っ飛ばしてしまう力がある。
 何もかも「慣れ」でどうにかなるのだ、きっと!

 あと何年経てば、三味線に「慣れる」のかなぁ……
posted by 柳屋文芸堂 at 23:55| 音楽 | 更新情報をチェックする