2011年04月30日

来るべき世界

 Dちゃんの部屋で立ち読みしていたら、こんな文章を見つけた。

「早くスイッチを切ってくれ」
「何が悪いんですかな わしは人類の危機がせまっているから全世界に知らせただけなのだが なぜ悪い」
「それがいかんのです いまの不安な世間へそんな危険きわまる放送なんかしてもらってはこまりますな」
(手塚治虫「来るべき世界」より)


 今の世の中とそっくり!
 こういう状況になるのは、別に今回が初めてって訳じゃないんですね。

「こんなにムチャクチャな(放射性物質による)汚染が広がっているのに、
『大したことではない』
 という論調が多いのは何故なんだろう」
 とDちゃんに言ったら、
「日本人はもともと問題を直視するのが苦手なんだよ。だからこそ、文学の世界で間接的な比喩表現が発達したのだろうし」
 との答え。
 なるほどね。

 物事を明確にして、はっきり、直接言ってしまうと、この国では「無作法」ということになるのだろう。
「そんなことをしたら、相手を傷つけてしまう」
 という優しさなのかもしれない。
 でもこういう非常事態では、アメリカ的にクールに進めて欲しいものです。

 アメリカ政府が事故当初、避難区域を原発から半径80km圏内と決めたことについて、
「福島第1原発2号機の核燃料が100%損傷し、放射性物質が16時間放出されることを想定し、算定した」
 という内容の説明をしたんだよね。
 日本的曖昧表現満載のニュースにうんざりしていた私は、
「このクリアーさが必要なんだよー!!」
 と叫んじゃいました。

1、情報を集め
2、起こるであろう事態を具体的に想定し
3、対策を決定する

 原発事故では1を長々とやっているうちに色々手遅れになった気がします。
 2を発表すべき時に、日本政府は、
「冷静に対応してください」
 ばかり繰り返していた。
 最悪の事態を具体的に説明したら、国民が傷つくとでも思ったのかしら。
 心の傷よりDNAの損傷を心配してください。

 確かにあの時は津波で救助を待つ人も大勢いたし、原発周辺のパニックはなるたけ避けたかったのだろう。
 けれどもう、状況は変わってるよね?
 日本の国土と海が汚染されたことを、しっかり見つめようよ。
 そして後々病人を増やさないように、最善を尽くそうよ。

 小佐古敏荘内閣官房参与辞任のニュース(これ)にため息をつきつつ。
 はぁ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 14:08| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

暫定基準値

 千葉県■■市在住の柳田のり子と申します。
 政府や行政にかけあってくれると信じ、メールをします。

 私のお願いは、
「放射性物質の暫定基準値を今すぐ地震前の数値に戻して欲しい」
 ということです。
 特に農産物は問題が多いと思います。

 まず、あんなに大きな数値では、子供の健康を守ることが出来ない。
 ただちに影響はないかもしれませんが、無理やりタバコを吸わされているようなものです。
 10年後、20年後には確実にガンの発生率が高くなるでしょう。

 さらに、安全な野菜を作っている農家が損をする。
 世間では風評被害と騒がれていますが、暫定基準値をクリアしただけでは安全とは言い切れない。
 福島からなるべく遠い土地で育った野菜を手に入れようとするのは、しごく当然のことだと思います。
 福島・茨城・千葉などの農家の方が堂々と胸を張って「安全だ」と言えるように、基準値を元に戻してください。

 どうか、よろしくお願いします。

   柳田のり子


********

 という内容のメールを、うちの地区から選出された国会議員(参議院・衆議院両方)に送りました。
 何の効果もないかもしれないけど、何もせずにはいられなかった。

 正直、
「こんな時代に子どもを産まなくて本当に良かった」
 とホッとしています。
 でも、友達の子どものことを考えると、胸が苦しくて仕方ない。
 私と同い年くらいのお母さんたちが育てているであろう、福島の子どもたちのことも。

 現在、
「風評被害」と「放射性物質による汚染被害」
 がゴチャ混ぜで語られています。
 暫定基準値がザルだからです。

 不安を抱えながら子どもの食事を作っている人へ。
 妙な圧力がかかっていますが、わざわざ危険かもしれない野菜を子どもに食べさせる必要はありません。
 成城石井やデパ地下など、やや高級な野菜売場では、関東以外の葉もの野菜を手に入れることができます。
 どうかどうか、子どもたちを守りきってください。
posted by 柳屋文芸堂 at 11:06| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

風が吹くとき

 レイモンド・ブリッグズの『風が吹くとき』という絵本(漫画)をご存知ですか?

 主人公の老夫婦の住む国は、核兵器による攻撃を受ける。
 爆死はのがれたものの、放射線がじわじわと体を蝕む。
 刻々と悪化する体調。
 しかし二人はその原因を理解出来ないまま、懸命に励ましあい、ゆっくりと死んでゆく。

 私とDちゃんは物理学科出身で、原子力の基礎の基礎みたいなことは一応学校で勉強した。
 でもこういう状況になってみると、結局はあの無知な老夫婦と同じように、身を寄せ合って震えているしかない。

 あの物語は悲惨な話だとばかり思っていた。
 老夫婦がずっと一緒にいられるのは「救い」だったのかもしれない。
 不安な時に、話しかける相手がいること。
 答えがちゃんと返ってくること。

 危機のせいで、物の見え方が変わってくる。
 そんなに悪い変化ではない気がする。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:40| 読書 | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

夏の服装

 夏の電力不足について今から大騒ぎしていますが……
 まずみんな、全力で薄着しようよ!

 冷房ガンガンかけて、
「冷えないように厚着していらっしゃい」
 と言われたりするのは絶対におかしい(←実際にあった)

 社会人の常識なんてかなぐり捨てて、袖なし着るとか、サンダル履くとか。
 男はもちろんネクタイ禁止!(頭に巻くのは可)

 今年から大人の夏の服装がガラッと変わりますように。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:39| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

浦安を歩く

 三味線の先生との会話。

先生「このあたり、あちこちで工事をしているから気を付けてね」
 私「ここに来る途中、花を見ながら歩いていたら、凹みに落ちました」
先生「……き、気を付けてねっ」

 地震前の浦安とは違うんだ、と分かっていても、つい上ばかり見てしまう。
 花がいつもの春と同じように咲いているから。
 なかなか緊張感を保つのが難しいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 12:56| 自然 | 更新情報をチェックする

震源は栃木県南部

 震源が着実に南下してるよ……(うちは千葉県北西部)
「近づいてく〜 近づいてく〜♪」
 とかドリカム歌ってる場合じゃない。

 でも今回の地震で、
「一番怖いのは自然ではなく、人間だ」
 としみじみ思いましたよ。
 あちこちムチャクチャ過ぎて途方に暮れている。

 昨年9月に書いたこの記事(思い出は燃えない)の中で、
「私は平和というものを全く信じていない」
 と書いたけど、さすがにこんなにあっという間に壊されるなんて思っていなかった。

 決定権の無い人間は、火の粉をどうにかよけながら、逃げ切るより他ないんですな、本当に。
 せめて家族だけでも守れるように頑張る。
 母たちと同じように。
posted by 柳屋文芸堂 at 12:33| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

プルプル

 昨日の夕方あたりから、地べたがずっとプルプルしてません?
 まさか、うちだけ?!
 怖いな〜
posted by 柳屋文芸堂 at 22:44| 自然 | 更新情報をチェックする

花ばかり見ている

 近所の公園には、お弁当を広げて花見をしている人がいっぱいいます。

R0023845.JPG

 これはたぶん、すずらんの芽。

R0023855.JPG

 この季節は、花ばかり見ている。

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「春」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:55| 季節 | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

イベント情報

 各ページにコミティアの情報を追加。

 2011年5月5日(木・祝)
 東京ビッグサイト東1・2ホール
 11:00〜16:00
 スペースは「W13b」

 です。よろしく〜
posted by 柳屋文芸堂 at 01:14| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

浦安の花

R0023839.JPG

 地震後初めて、浦安に行った。
 花はいつもの春と同じように咲いていた。

R0023838.JPG

 久々に三味線を弾けるのが嬉しかった。
 平和な感じがした。

R0023826.JPG

 悲しいことは書かない、と決めた。

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「春」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:52| 季節 | 更新情報をチェックする