2011年04月05日

R0023789.JPG

R0023806.JPG

R0023808.JPG

R0023816.JPG

 あっ、これ撮りたい! と思った時の感覚を、そのまま写せるようになりたい。
「あれ〜? なんか違う……」
 と不満が残ることが多くて。
 その差が何なのかも、まだよく分からない。

 今日から写真の学校に通い始めました。
 春です。

(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「春」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:12| 季節 | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

シュルレアリスム展

 国立新美術館で開催中の、シュルレアリスム展に行ってきました。
 あれだけシュールな作品ばかりまとめて見ると、お腹いっぱい、という感じもありましたが、好きな画家・彫刻家の作品も数多くあって、楽しかったです。

 特に良かったのは、マルセル・デュシャンの「瓶掛け」
 影が非常に美しくて、写真が撮りたくて仕方なかった。
 前にも同じような感想を書いたな(これ
 展示した人の力なのかなぁ……?

 デュシャンというのは、そこら辺に普通にある便器に題名を付けて、展覧会に出品したりした人です。
「ただの便器じゃん!」
 と言えばそれまでだし、今回の「瓶掛け」もただの瓶掛けでしかないのですが。
 いつもその場に、不思議なマジックみたいなものが展開される感覚がある。
 訳も分からずに、惹かれる。

 デュシャン展とかやってくれないかしら。
 日用品ばかりで、東急ハンズのようになっちゃったりして。

 他にもジャコメッティとか、立体作品が特に魅力的に感じました。

 大好きなデルヴォーの絵画は一枚だけ。
 前に立って、しばし見とれ、ため息。
 やっぱりいいですねぇ〜

 知らない作家では、ヴィクトル・ブローネルという人の絵画がとっても可愛かった。
 ポストカードを二枚買って帰りましたよ。

 現在、閉館時間がいつもと違うので、これから行く人は公式サイトをチェックしてみてください(こちら
posted by 柳屋文芸堂 at 23:49| 美術 | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

エイプリルフール!

 という訳で、鳥取に転勤したりしません。
 過去最高の引っかけ率で、友人数名から、
「いつから行っちゃうの?」
 というメールが来ましたよ。
 笑っちゃうやら、申し訳ないやら、嬉しいやら。

 種を明かせば、3月の連休中、鳥取の米子・境港のあたりを旅行したのです。
「あの写真を使ってウソネタ作れるー!!」
 と思いついた時のワクワク感。
 素晴らしかったですねぇ。

 現在、少しずつ旅行記をまとめています。
 楽しく読めるものになるよう、頑張るぞ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 22:38| 季節 | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

鳥取へ

 Dちゃんが鳥取の米子支店に転勤することになりました。
 引っ越しの準備でバタバタしています。

 部屋探しの時に撮った写真。

R0023671.JPG
↑米子空港の鬼太郎

R0023682.JPG
↑名峰大山

R0023705.JPG
↑境線の目玉のおやじ列車

 これからは毎日、妖怪と暮らします。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 18:53| 季節 | 更新情報をチェックする