2011年06月14日

改めて、文学フリマ御礼

 Wii Fitでヨガをやったら頭痛は治りました。やれやれ。
 改めて、文学フリマの感想・御礼を。

 今回もよいこぐまさんのお隣にしてもらいました。
 私は彼女の作品が大好きなので、目の前で本が売れてゆくのを見ると、わくわくする。
「お客さん、あなたは素晴らしい発見をしましたよ!」
 と(脳内で)叫ぶ。

 この数年、ほぼ毎回買いに来てくれるお客さんがいる。
 コミケ、コミティア、O2E、文学フリマ。
 どのイベントに出ても来てくれて、私の文章を褒めてくれる。
「この人はもしかしたら神様なんじゃないか」
 と本気で思う。 
 どんなに鳴かず飛ばずでもくじけないように、支えてくれているのかもしれない。

 よいこぐまさんの友人のSさんが、とても丁寧に小説の感想を言ってくれた。
 「殻/羽根」で使った「あなた」という単語がツボだった、というのが意外で面白かった。
 読んだ人が違和感を感じるんじゃないか…… と不安な場所だったので。
 そう感じた人もきっといたはず。
 でも、読み方はそれぞれだから、結局のところ、書きたいように書いちゃえばいいんだなーと。
 小説が、作者の想像の外側に広がるのを感じました。

 電車の写真にウケて旅行記を買ってくれた、鉄道ファンの人がいた。
 これからも旅行に行く時は、忘れずに電車を撮っておこうと思う。

 松岡宮さんに久々にお会い出来、興奮した。ハアハア。
 旧姓を使い続ける大変さについて話す。
「生きにくい者どうし頑張りましょう」
 と励まされる。
 私はズルくて卑怯なので、松岡さんほど激しく戦いながら生きてはいませんが……
 だからこそ惹かれるのかもしれません。

 サークル「光の旅」に行き、速水さん夫妻に会う。
 速水さんが本を取って、旦那さんが、
「共同作業です」
 と言いながらお釣りを渡してくれた。
 いつ見ても結婚式みたいな二人だ。
 末永くお幸せに。

 ずっと憧れていた「温泉卵と黙黙大根」(良質な短編小説をコンスタントに出しているサークル。おすすめ!)の武田さんがうちの本を買ってくれた……!!
 長い長い片想いの恋が、叶った気分。

 文学フリマは熱心に読んでくれるお客さんが多くてありがたい。
 このイベントの最大の宝だと思う。
 目の前に4人立ち読み客が並んだ時には焦った。
 こんなこと滅多にない。すごいなー

 よいこぐまさんと、手伝いに来てくれたちかさんの3人で、小説や夢(夜見る方)の話をしたのも楽しかった。
 何事も暑苦しく語ってしまってごめんね。
 ありがとう。

 私に関わってくれた全ての方に、ありがとう。

 次に参加するイベントは9月18日(日)に開催されるTOKYOポエケットの予定です。
 また、みなさまにお会い出来るのを楽しみにしています♪

(文学フリマのブログ(http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20110612)にトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:52| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

文学フリマ御礼

 文学フリマでお世話になったみなさま、ありがとうございました〜
 ちょっと今、頭が痛いので、取り急ぎお礼だけ。

 帰りの荷物が重過ぎたな……
 次は無理しないで宅急便を使おう。
 イテテテ
posted by 柳屋文芸堂 at 23:18| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

いよいよ明日は文学フリマ!

2011年6月12日(日)
第十二回文学フリマ
大田区産業プラザPiO
11:00〜17:00
配置番号は「I-09」←1階 大展示ホールの真ん中あたり

☆新刊は書評集、
「とにかく本が好きなんだ(柳屋まんぷく文庫5)」
R0024137.JPG
 永井均「<子ども>のための哲学」
 手塚治虫「奇子」
 伊沢正名「くう・ねる・のぐそ」
 等々
 
「とにかく小説が好きなんだ(柳屋まんぷく文庫6)」
R0024139.JPG
 シャーリィ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」
 ジョージ・オーウェル「一九八四年」
 残雪「わたしのあの世界でのこと―友へ」
 等々

「古典は赤点だったけど(柳屋まんぷく文庫7)」
R0024138.JPG
 和泉式部日記
 伊勢物語
 更級日記
 等々

 それぞれ100円です。

☆GR DIGITAL&GR1sで撮影した無料ポストカードもいっぱい用意しました。
 気軽に持っていってください。

☆また大荷物で行く予定です。
 持ち帰ることが出来ないので、差し入れはご遠慮ください。

 まだ荷造りしてない。
 ポスターも書いてない。
 他にも色々……
 また寝不足かしら。

 柳屋文芸堂はスペースでぼえーっとしてるかもしれませんが、遊びに来てくださいな。
 ぜひぜひ。
posted by 柳屋文芸堂 at 21:31| 同人活動 | 更新情報をチェックする

村上春樹 カタルーニャ国際賞

 村上春樹がまた賞を取りましたね。

カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文(上)
カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文(下)

 震災、特に原発の問題を深く掘り下げています。
 前々から、原発推進派の人たちの論理には妙なところがあるよなー と思っていたのですが、自分ではうまく言葉にできなかった。
 村上春樹はそこをきちんと説明していて、さすが。

 このスピーチに勇気づけられて、反原発を表明する人が増えるといいな。
 変なことでも何でもなく、当然のことだと思うのよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:33| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

文学フリマの新刊完成!

 文学フリマの新刊、出来ました〜!!
 財政難の地方自治体のように、ゆるキャラ頼みです。
 ……自画像ですが。
 自分大好き! みたいですね。
 それぞれコスプレ(?)させてみました。

R0024139.JPG

 これは「ずっとお城で暮らしてる」のメリキャットのイメージ。
 髪の色や髪型を全く覚えてないので、間違ってるかも。

R0024138.JPG

 これは和泉式部…… のはずが、落武者みたいになってしまった。
 狩野探幽の絵を横に置いて描いたのだが。うーむ。

R0024137.JPG

 これは普通に、本。
 しおりひもがチャームポイントです。

 自分のサインのようになっているこのイラスト、使い始めたのは小学5年生、10歳の頃。
 古い友人に見せると、
「懐かしい〜」
 と言われる。
 もう24年経つのか…… 四半世紀。ひぃっ

 柳屋文芸堂は、このキャラに生き残りをかける!(文章はどうした)

 全て手書きなので、一冊一冊微妙に絵や文字が違います。
 同人誌ならではのクドさ素朴さを楽しんでもらえると嬉しいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:20| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

ハコモノ行政をめぐる旅

 「建てたがる人々」の続き。

 美術館ってちょっと多過ぎやしませんか。
 個性的なギャラリーがあちこちにある、というのなら素敵だと思うのよ。
 でも実態は、絵に描いたような「ハコモノ」
 バスに乗らないと行けないような不便な場所に、どどーんと立派な建物が建っている。

 そういう美術館に行くたび、
「行政のムダ遣いめぐり」
 をしているような気分になって、少々滅入ります。
 たぶんほとんどが「赤字生産工場」みたいになっているはずだ。

 黒字化するために、国民が一丸となって血眼になって美術館に通いつめる?
 そんなことしたくない人もいっぱいいるよね。

 日本の美術館を半分か1/3くらいに減らしても、国民は特に困らないんじゃなかろうか。
「文化を守る」
 という大義名分に負けないで、利用者の少ない施設はどんどん閉館させたらいい。

 美術好きの私でさえそう思うのだから、美術に興味のない人はもっと遠慮せずに文句言おうぜ。
 増税の前にやるべきことは沢山ある。
 バブルの夢から目を覚ませ!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:53| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

建てたがる人々

 最近、空き店舗をいっぱい見かけます。
 旅先(香川)でも、千葉でも、埼玉でも、東京でも。
 表参道の目立つ場所に空いている店があるのには驚いたなー
 今日行った八丁堀も、空きフロアの目立つビルが多かった。
 名前を出してないだけかもしれないけど。

 不景気のせい、震災のせい、観光客減少のせい…… というよりも、店舗やビルを必要以上に作っちゃったんじゃなかろうか。
 日本って、ムダな建物が多いよね〜
 公共施設ももちろんそうだし。
「建てたがる人々」
 を止めるにはどうすればいいんでしょうか。

 新しい建物が建つたびに、空と風通しとエネルギーが奪われる。
 こんなこと、もうやめようよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:21| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

原発マネー

 原発のおかげで潤っている人って、想像以上にいっぱいいるんですね。
 「原発マネー」で検索すると色々出てきます。
 反原発派に攻撃を加える訳だ。

 そういう人たちがコロッと宗旨替えして、自然エネルギー・マネーに群がってくれないかなぁ。
 そっちにも問題あるけど、まだマシだと思うんだ。
 これ以上、放射性物質に怯える暮らしをしたくない。

 「テルル」とか言われてもねぇ……
posted by 柳屋文芸堂 at 00:57| 社会 | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

文学フリマ新刊

 折ってます……
 売れるといいなぁ(ドキドキ)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:21| 同人活動 | 更新情報をチェックする

香川土産

R0024101.JPG

 焼きもの三発目。
 スコーンを焼きました。
 香川土産の和三盆(三谷製糖のもの)を使ったら、上品な甘さに。
 和三盆の甘みって穏やかで独特だよね〜

R0024124.JPG

 これも香川土産で、讃岐うどんのお店(大庄屋)が作った生パスタ。

R0024125.JPG
↑麺を出した後に撮ったので、裏が透けてます。すみません。

 ほとんどうどんなのでは?!
 と思ったら、そうでもなかった。ちゃんとパスタでした。
 トマトクリームソースによく合いました。
 ベースのオリーブオイルは小豆島産です。

 美味しいものいっぱいだな、香川。
 風景も綺麗だったな〜

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:18| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする