2012年03月18日

霧の中の風景

 幼い姉弟が、見たこともない、本当にいるかどうかも分からない父親に会うため、あての無い旅をする、というストーリーの映画。

 子どもが会ったことのない親に恋い焦がれる物語は世の中に沢山あって、私はその全てに共感出来ない。
 何しろ私は父親を知らない私生児で、子どもの頃から一貫して、父親を欲したことがない。
 うちには母に加えて伯母(大)と伯母(小)がおり、時折ふらっとやって来る伯父(小)、家族を築いた伯父(大)に叔父、その奥さんや子どもたちと、はっきり言って血縁・親族のたぐいは母方だけでお腹いっぱいなのである。
 わざわざ苦労してこれを増やしたいと思うかね。

 まあそんな訳で、この映画にもちょっと「乗れない」ところはあったのだけど、前から興味のあったテオ・アンゲロプロス監督の作品だったので、頑張って見てみました。
 突然大人たちが木のように動かなくなったり、ポエトリーリーディングのようなセリフがあったり、映画内で演劇が行われているような不思議な映像。

 映画館(新文芸坐)を出た後、池袋駅の雑踏が、巨大な舞台と俳優たちに見えたのは面白かった。
 それを経験した後、現実の見え方が変わる作品は良い作品、だと私は思う。

 テオ・アンゲロプロス監督は今年一月、交通事故で亡くなったので、追悼上映があちこちであるようです。
 今日も古くからのファンと思われるおじさま達がいっぱい来ていました。
 男性用トイレに行列が出来ていて驚いたよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:45| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

梅肉エキス

 梅肉エキスを買ってみた。
 効能(肩こりに効く等)にも興味を持ったのだけど、単純に、どんな味なのか知りたかった。

 まず少量のお湯に溶かしてみる。
 か〜なり酸っぱい。
 おはじき一個分の量を、コップ一杯のお湯で割るくらいがちょうど良いかな。
 ただ酸っぱいのもつまらないので、塩を入れてみた。
 おお、これは美味い!
(梅肉エキスは梅干しとは違うので、塩分を含んでいません)

 しかし、しょっぱくしてしまったら、健康に悪いような。
 あっという間に嗜好品にしてしまった……

 まだ数日飲んだだけなので、体調の変化はよく分かりません。
 この飲み方で続けたら、高血圧になったりして。
 汗をかく季節なら問題ないんだが。
 うーむ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:20| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

小泉元首相そっくりのおばあさん

 伯母(小)の最後の入院の時の話。

 救急車で運ばれた伯母(小)は、とりあえず大部屋に入ることになった。
 伯母(小)は耳が遠いので、どうしても大きな声で話しかけなければいけない。
 他の患者さんに迷惑をかけてしまうな…… と心配していた。
 しかし、私たちの会話なんて問題にならないほど、やかましい人たちがいた。

 おばあさんと、息子。
 息子はおばあさんの夕食の介助をしているのだが、うまく食べられないのに腹を立てて怒鳴っている。
「あーあ、余計なことばっかりして!」
 おばあさんの方を見ると、小泉元首相そっくりで驚いた。
 眼光鋭く、息子に怒られてしょぼくれるようなタイプではない。
 何を言われても悠然としており、だからまた息子が怒鳴る。

 彼らがうるさかったおかげで、周囲を気にせず伯母(小)との最後の会話をすることが出来た。
(といっても、もうほとんど話せなかったのだが)

 翌朝、急変の知らせを受けて病院へ。
 伯母(小)は個室に移されていた。
 別室で医者から説明を受けたり、酔っぱらい母に電話したり、病室で伯母(小)の手を握ったり、けっこう病院内を移動した(詳細はこちら

 ふと見ると、昨日の小泉ばあさんと息子がナースステーションの前の椅子に座っている。
 息子は相変わらず大声を上げていて、おばあさんはうさぎのぬいぐるみを握っていた。
 おばあさんとぬいぐるみ。
 可愛らしくも切ない光景になるはずが、何故か全然そうなってない。

 何しろおばあさんは小泉元首相そっくりなのである。
 そして握り方が強く、ギリギリギリとぬいぐるみに指が食い込んでいる。
 おばあさんはうさぎの目を鋭く見つめ、人差し指をサッと息子に向けた。
「行け!」
 唸るような低い声。

 あのおばあさん、息子にぬいぐるみをけしかけようとしてる……!

 こんなにしょっちゅう見舞いに来るということは、仲が悪い訳ではないはず。
 母と息子の間にある愛憎が、妙に可笑しい。

 こんなことがあってね、と伯母(小)にも話したかったがすでに昏睡状態で、そのまま亡くなってしまった。

 数日後、伯母(小)の入院費の精算のために再び病院を訪れると、出口近くに小泉ばあさんと息子がいた。
 おばあさんは可愛い夏服を着て、大きな帽子をかぶっている(※7月の話)
 退院するのだ。

 回復して良かったですね。
 なるべく長く、お元気で。
 私は心の中だけで呼びかけた。

 息子は今日は怒鳴っていない。
 おばあさんの横で静かに座っている。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:30| 思い出 | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

おからの具

 みなさん、おからには何を入れますか?
 私は具をたっぷり入れるのが好きです。
 今日のおからはこんな感じ。
 檀一雄「檀流クッキング」を参考にしました。

 干ししいたけ
 にんじん
 たけのこ
 油あげ
 干しごぼう
 いんげん
 青ねぎ
 白ごま

 一番おからに合うと思うのは、たけのこ!
 歯ごたえが良ければ良いほど、おからの中で輝く。

 沖縄風にあおさを入れたりしても、また風味が変わって良いですね。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:53| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

越生梅林

R0025066.JPG

 写真を撮るために越生梅林に行って来ました。
 開花が遅れているそうで、紅梅はわっと咲いてましたが、白梅はまだまだという感じ。
 満開になるのは一週間〜十日後くらいかなぁ。
 その頃にもう一度行きたいな。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:53| 地元(千葉・埼玉)ネタ | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

我が家のコールスロー

【作り方】
1、キャベツ、きゅうり、にんじんを大きめのみじん切りにして、コーンと一緒にボウルに入れます。
2、酢・油・マヨネーズ・塩・黒胡椒を適当にかけて混ぜます。
3、味を見て、足りないものを足します。

 雑な説明……!
 まあ自分が美味いと思えばどんなだって良いのさ。
 酢はリンゴ酢、油はくるみ油にしてみました。
 香りが良くて美味しかったです。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:51| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

OM-1で大失敗

 この間買ったOM-1というカメラは、手動でフィルムを巻き戻します。
 しかしやり方をちゃんと読まず、巻き戻しクラッチというのを回し忘れ、フィルムをブチッと切ってしまった。
 ううう、Dちゃんとか、近所の梅とか、色々撮ったのに……
 自分の雑さを恨んだ。
 確かに、巻き戻す時の抵抗が強過ぎるとは思ったんだよね。

 Dちゃんが、
「いつか『ど素人写真談義』を書くために、失敗を記録しておかなくちゃ!」
 と嬉しそうに言う。
 ひどいなー(と言いつつ素直にブログに書いてみた)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:32| 写真遊び | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

岐阜のイメージ

 髪を切ってもらっている時、美容師さんと出身地の話になった。
美「岐阜なんです」
私「美味しいですよね!」
美「あはは、そういうイメージ持ってもらえるの、嬉しいです〜」
 
 いや、岐阜に何があるか全然知らないんだ。
 美味いものがあることしか……

 岐阜の友人が色々送ってくれるので、岐阜の食べ物の大ファンになりました。
 お味噌も「こうじや」というお店から取り寄せている。
 「こうじみそ」は普通の味噌(と書いても、地域によって思い浮かべる種類が違うんだろうな。私にとっては薄い茶色の味噌です)しょっぱめで、関東人の好みに合う。
 「あわせみそ」は赤味噌と「こうじみそ」を混ぜたもの。薄い茶色の味噌に慣れていて、でもたまには赤味噌の風味も欲しい、という時に便利。肉味噌にしたら美味でした。

 岐阜っていったい、どんな場所なんでしょうねぇ。
 地理の知識が皆無だから、風景は全く思い浮かばず、ただ味噌とかあゆせんべいがふわ〜っと漂っているイメージ。
 ファンタスティック……?
 友人にも会いたいし、いつか必ず行きたいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:45| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

中国嫁日記 二巻

 中国嫁日記の二巻、本屋で見つけたので買いました〜!
 何度も笑い、何度もじーんとし、夢中になって読んだ。

 中国嫁日記のページ(こちら)では、漫画ののろけ度が激しくなるとコメント欄に「もげろ」コールがあふれる。
私「他人の■■■■をもいでいるヒマがあったら、自分の■■■■を十分に活用したらどうか」
D「そんなこと僕に言われてもね……」←もげろなんて絶対言う訳がない
私「恋愛すればいいんだから、簡単じゃない」
D「みんなにとって簡単な訳じゃないと思うよ」

 そうかなぁ。
 愛し合うためには、別に美男美女である必要はないのだ。
 情熱と傷付く覚悟さえあれば、いくらだって出来るのに。
 ……それが大変なのか。
 私はそういうのを全く負担に感じないから、よく分からない。
 
 中国嫁日記の作者で主人公(?)のジンサンは、「恋愛=難しい」と思い込んでいる男の人。
 奥さんでヒロインの月(ゆえ)さんが、勝手に高くしてしまったハードルをポーンと跳び越えさせてくれる。
 微笑ましいが、ちょっと情けない(40年間何やってたのよー)
 でも情けないからこそ、誰かの背中を押すのかもしれない。

 誰かを愛すること。
 その人が自分を愛してくれること。
 それは本当に奇跡みたいに感動的な出来事なのに、けっこうあちこちで起こるのだ。

「お姫様は王子様と幸せに暮らしました」
 それが嘘ではないことを、この本を読んで確かめてみてください。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:15| 読書 | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

ホームからの転落事故

 私は今朝知ったのですが、近所の駅で、目の見えない人がホームから転落し、電車にひかれて亡くなったそうです。
 私は全盲の伯母(大)に育てられたので、こういう事故のニュースを聞くたびに苦しくなる。
 東武は数百億円かけて東京スカイツリーを建てて大騒ぎしているけれど、ホームドアとか、駅員の増員とか、地味だけど大切な仕事もちゃんとやって欲しいです。

 白杖を目の代わりにしている人は、
「本当に見えてないの?」
 と言いたくなるくらい軽やかに街を歩く。
 階段でも曲がり角でも戸惑わずにすいすい進んでびっくりする。

 でもやっぱり、見えてないのだ。
 時にはうっかり、点字ブロックを越えて線路のそばに行ってしまう。
 人混みに押し出されてしまうこともあるだろう。

 駅には、周囲を見ないでイノシシみたいに突進する人が沢山いる。
 みんな忙しいのはよく分かる。
 でもどうか、体の不自由な人やお年寄りや妊婦だっていることを、忘れないでください。

 もし事故の時、あの駅にいたら、私は助けられただろうか。
 とっさにパッと動ける人間ではないので(トロいのだ)
「あー!」
 と叫ぶだけで何も出来なかったように思う。
 けれどせめて、そういう場面に出くわす可能性があることを、十分意識しよう。
 
 目の見えない人をどう助けるか、というのはなかなか難しい。
 伯母(大)は、
「親切のつもりなんだろうけど、何も言わずに手を引っぱられて、困ったことがあるよ」
 と苦笑していた。
 よっぽど急を要する事態でなければ、まず声をかけた方が良いと思う。
 
 伯母(大)と一緒に外出すると、
「目が見えない=障害者=耳が聞こえない、何も理解出来ない、笑えない……等々」
 と思ってるんじゃないか? と疑いたくなる人にけっこう出会う。

 目の見えない人は(場合によるがたいてい)目が見えないだけだ。
 目の見えない人と耳の聞こえない人では、配慮すべきことが全く違う。
 「障害者」か「障がい者」か、なんて議論をするより、心身に不自由な所のある人を「障害者」という一つの言葉でまとめてしまう弊害について、もっと考えてみた方が良い。

 結局、障害者というのは少数派のことなのだ。
 もし、人間の9割以上が全盲だったら、何もかもが音と突起で示され、視覚に頼らない社会が作られるだろう。
 もし、人間の9割以上に羽根があったら、道や階段が整備されず、羽根のない人間は非常に苦労するだろう。

 少数派と出会う機会は少ない。
 だからみんな慣れない。
 社会も考慮に入れない。
 会社は金を出さない。

 でもいるんだよー!
 私を育ててくれたんだよー!!

 と大声で言っておく。
posted by 柳屋文芸堂 at 10:55| 社会 | 更新情報をチェックする