2012年04月30日

家の裏でマンボウが死んでるP「My Colorful Confuse」

 家の裏でマンボウが死んでるPがいよいよメジャーデビューしたよ〜!
 わーっ きゃーっ
(公式サイトはこちら

 私はこの人の曲や歌詞が大好きなのです。
 お姉さんのイラストも、世界観にぴったり合っている上に可愛い。
 
 CD収録曲では「筋肉痛駆け落ちの滑稽な結末」に改めて感心しました。
 当て逃げ事故に遭った経験を、あんな切ない物語に変換しちゃう人は他にいないと思う。
 どの曲もギターが良いんだよね〜
 
 残念だったのは、一番好きな「ミートミーツガール」が入ってなかったこと。
 ローソンのキャンペーンソングだったみたいだから、使えなかったのかな?
 次のCDに期待。

 破壊的なギャグと、叙情性の混ざり方が絶妙です。
 漫画にたとえるなら、中村光やしりあがり寿みたいな雰囲気。

 「笑い」と「涙」を愛する人は、ぜひどうぞ。
 この二つ、人間にとって一番大切なものかもしれないね。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:40| 音楽 | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

ゴールデンウィーク?

 てっきりゴールデンウィークは来週から、と思い込んでいたので、ラジオから流れるラッシュや渋滞のニュースを聞いて焦っている。
 一人、社会から取り残されている気分。

 最初、旅行の予定があったのですが、諸事情あってちょっと遅らせることに。
 GWは日帰りで行きたいところがいくつかあるけど、基本的に大きな移動はしないつもり。
 Dちゃんも仕事に行っちゃうし、つまらんのう。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:00| 季節 | 更新情報をチェックする

ばさばさ

 ↓の記事で「標準語しか使えない」と書いたけれど、正確に言うと、私の話し方は標準語から少しズレている。
 母や伯母たちが東京の荒川区出身で、育ったのが埼玉県川口市(足立区のとなり)なので、東京の下町の言葉をさらに荒っぽくした感じ。

 関西出身の友人に、
「最初に会った時、さばさばしていて気持ちいい人だなーって思った」
 と言われたこともありますが、だまされちゃいけません。

 さばさばしているのはしゃべり方だけ。
 それに「さばさば」というより「ばさばさ」が正しい。
 性格はけっこうねちくどいよ。
 まあ、良い方に勘違いしてもらえるのはありがたい。

 どうでもいいけど「ねちくどい」はのり語(←私しか使わない言葉)だとDちゃんに言われた。
 他に使っている人を見たことがないと。
 そうかな。おかしいな。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:25| 自分 | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

オネエ言葉

 小説の中でオネエ言葉を使ってみたら、これが楽しい楽しい。
 ちょっと図々しいお願いも、オネエ言葉だと自然と出来る、気がする。
(勝手なこと言わないでよ! と本当のオネエに怒られるかもしれませんが……)

 私は東京生まれの埼玉育ちで、標準語しか使えないのがコンプレックス。
 博多弁とか、クラクラするくらい可愛いよねぇ。
 実生活でも小説書きでも、
「どこのでもいいから、方言が使えれば……!」
 と悔しく思うことがよくある。

 でも!
 オネエ言葉は使えるのよ!
 まあ細かい部分は正しくないのかもしれませんが、少なくとも関西弁や東北弁を無理に使うよりはぎこちなくないと思う。
 その事実がものすごく嬉しい。
 神様ありがとう、私にオネエ言葉をくれて。
posted by 柳屋文芸堂 at 17:16| 執筆 | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

高層ビル税

 高層ビルの所有者から、高層ビル税を取ったらどうだろう。
 東京のビルがあんなにニョキニョキしているから、埼玉は異常に暑くなっちゃうのだ。
 まあ、刈り取る訳にもいかないけどね……
 これ以上増やさないで欲しいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:58| 社会 | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

音楽遊覧飛行、READING FOR YOUR HEART

 4月からラジオの新番組が色々始まりましたね。
 けっこう気に入っているのが、NHK-FMの「音楽遊覧飛行」
(月曜〜木曜 午前9:20〜10:00、午後5:20〜6:00(再)
 公式サイトはこちら

 珍しい民族音楽がかかったりするので、オーッとなる。
 今日はホーミーの入っている曲が流れた。
 そういうの、大好きなんだ。
 
 ちょっと気になっているのが、J-WAVEの「READING FOR YOUR HEART」
(月曜〜金曜 午後9:50〜10:00
 公式サイトはこちら

 絵本や短編小説などの短いストーリーを読み上げる番組なのですが、まだ始まったばかりなのに、星新一を読んじゃったんだよね。
 その手を使ってしまって、この後どうするんだろう。
 時間をおいて、また別の星新一作品を読むのかな。
 放送時間の制限内(たぶん5分くらい)で読める名作ってそう多くない気がするから、いったいどんな作品を選んでいくのか、楽しみというより心配です。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:18| ラジオ | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

ブルーレット

 とても素敵なブログを見つけてしまい、ほぼ全文読んでしまった……
 特に良かった記事がこれ。

「ブルーレット」

 若い男の子の失恋の話です。
 あまりにも巧いので「創作?」とも思ったけど、どうやら実話みたい。
 ブルーレットという小道具が奇跡のように輝いている。
 いやはや、こんなことがあったら一生忘れられないよねぇ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:16| ネット | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

中華風

 Dちゃんは寝床で私を抱きしめて、言った。
「のりから炒めたごま油のような匂いがする……」
 それって恋人の香りとしてどうなの。
posted by 柳屋文芸堂 at 09:54| 自分 | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

福来純 梅みりん

 白扇酒造の「福来純 梅みりん」というのを買ってみました。
 氷をいっぱいにしたガラスのお猪口に、とろとろとろ、と注ぐ。
 普通の梅酒より濃厚で、ちょっと紹興酒に似た印象。

 これを揚げたての春巻きと一緒に飲んだら、美味しいー!!
 メチャクチャ合うー!!
 濃いめの味が、春巻きの油と中華風ハーモニー。
 素晴らしいっ
posted by 柳屋文芸堂 at 02:02| 飲み物 | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

勉強になる心臓

 在宅医療のお医者さんが、新人の先生を連れてきた。
 伯母(大)の胸に聴診器を当て、
「典型的な○○(←心臓の病気の名前)の音だから、聞いてごらん」
 と指導している。

「このザーッ、ザーッていうの」
「ああ、そうですね」
「大きな病院の、手術前の患者さんでも診ないと、普通聞けないからね……」
 と言うので、つい笑ってしまった。
 そんな貴重な存在だったのか、うちのばーさんは。

 私は新人の先生に説明した。
「その人の心臓、ヤカンみたいに大きくなっているんです。
 手術しようかって話もあったんですけど『年寄りだし』って断っちゃって。
 でも、それから何年も生きてるんですよ!」

 すると、主治医の先生がすかさず答えた。
「血液がサラサラだからです」
 血液検査の結果を見ると、なるほど寝たきり老人とは思えないほど、良い数値が出ている。
 エンジンはポンコツだけど、ガソリンの質が良いからどうにか走ってる、というような状態だろうか。

 これはしばらく死なないな。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:25| 健康・美容 | 更新情報をチェックする