2012年08月05日

オーウェル「パリ・ロンドン放浪記」

 「一九八四年(←村上春樹「1Q84」の元ネタ)」や「動物農場」で有名なオーウェルの、若い頃の作品です。
 放浪記というより、貧乏日記。
 皿洗いをしたり、浮浪者になったり。
 どんな地位にいてもオーウェルの視線は鋭く冷静で、ゾクゾクします。

 興味深いエピソードがたっぷり詰まっているのですが、一番励まされたのはロンドンの大道絵師ボゾの話。

「その気になれば、金があろうがなかろうが、同じ生き方ができる。本を読んで頭を使っていさえすれば、同じことさ。ただ、『こういう生活をしてるおれは自由なんだ』と自分に言い聞かせる必要はあるがね」

 こんな悲惨な人生でも、彼は恐れても後悔してもいず、恥ずかしいとも思わなければ、自分をあわれと思ってもいなかった。自分の境遇を直視して、自分なりの哲学をつくりあげていたのである。


 私は専業主婦でいることに不満を感じることが多いのだけど、人間は、
「『どんな境遇にいるか』ではなく『何を考えているか』が重要なんだ」
 と思うことが出来ました。

 オーウェルがすごいのは、こういう人間をしっかり観察して記録し、さらにあらゆる出来事に対して生真面目に考察を加えるのである。
 その積み重ねの結果が、あの濃密な小説世界なんだな……
「どうしてあんな作品を書けたのだろう?」
 とずっと不思議だったのだ。
 私も見習って、少しでも近付きたいです。

 みなさんもぜひ読んでみてください!
 と言いたい所ですが、残念ながら絶版本。
 Amazonでは12600円なんて値段が付いてるよ! ひゃぁ〜
 私は神田の澤口書店という古本屋さんで650円で買いました。
 良い買い物だったのね。

 どこかの出版社で、全集を出してくれないかなー
 貧乏でも買えるように文庫で(金持ちやインテリだけが読んだって意味ない)
 オーウェルは重要な作家だし、何よりとにかく面白いんだから!!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:54| 読書 | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

この街の夏は

 うちの近所の並木道は鳥のねぐらになっているようで、夕方になると大量に飛んでくる。
 黒い点々がザーッと木に集まってきて、遠くから見ていると目がチカチカする。

 もう8月だというのにほとんどセミの声がしないのは、鳥に食われているのか。
 この街で過ごす初めての夏。
 「みーんみーん」ではなく「びゃびゃびゃびゃびゃびゃ」←鳥の声
posted by 柳屋文芸堂 at 03:56| 地元(千葉・埼玉)ネタ | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

ホブゴブリンのビール

 ロンドンオリンピックは全く見てませんが(テレビ無いし)スーパーでイギリスフェアをやっていたりするのが楽しいですね。
 輸入ビールのコーナーでこんなのを見つけました。

R0025284.JPG

 ファンタジー好きにはたまらない! ホブゴブリンですよ!!
 ラベルもステキですが、瓶そのものにも魔女の柄がついてるの。
 可愛い〜っ
 イギリスのウィッチウッド醸造所という所で作られたそうです。

 見た目だけじゃなくて、味も美味しい。
 少しギネスに似てるかな。濃いめ。
 そんなに苦くはなくて、飲みやすいです。

 ホームページを見に行ったら、このホブゴブリンが森で生活していました。
 これ。※全部英語な上、生年月日の入力が必要で、動画入りは重たい。ご注意を。
 うお〜 好みど真ん中〜
 やってくれるぜ、イギリス人……!!
posted by 柳屋文芸堂 at 23:48| 飲み物 | 更新情報をチェックする

青空カンパニー

 はなわの曲に「埼玉県民はアオカン大好き」というような歌詞があって、
「アオカンって何?」
 とカラオケ中に大声で尋ねてしまい、その場にいた人全員を凍りつかせた経験があります。
 かまととぶってすみません。

 親切な人が説明してくれて、
「はなわは何でそんなことを知っているのかしら……」
 と真剣に考えてしまった。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:32| 地元(千葉・埼玉)ネタ | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

現代美術、「分かる」の意味を考える

 突然ですが、私は現代美術が大好きです。
 この間、東京都現代美術館の特撮展に行った時も、同じチケットでしっかり常設展も見てきました。

 現代美術の何が良いって、価値がよく分からないところ。
 美術館に飾ってあるから大切にされているけど、ゴミ捨て場に置いてあったら誰も顧みないんじゃないか……
 みたいなことを考え始めると、自分の中の何かがグラグラ揺れ始める。

 価値って何?
 美しさって何?

 実際問題、現代美術は古典絵画等に較べると価格の変動が激しいと思う。
 今は評価されているけれど、10年後、20年後に同じ扱いを受けているかは誰も予測出来ない。
 価値があるんだか無いんだか、何が描いてあるんだかさえよく分からない。
 そんな物を、あたかも貴重な品であるかのようにしげしげと眺める。

 奇妙な遊びだ。
 真剣にやればやるほど楽しい気分になってきて、微笑みがもれる。

 現代美術は「分からない」とよく言われる。
 確かに何が描いてあるのか、何を主張しているのか、判別出来ないものが多い。
 しかし私たちは、古典絵画をちゃんと「分かって」いるのだろうか。

 ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」を見て、
「女の人が右手を上げている」
 と言ったら、単なる目の検査だろう。
 民衆の怒声や、倒れた者の沈黙を聞いて初めて、それは美術鑑賞になるのだと思う。
 作品の背景や画家の人生を知れば知るだけ、聞こえてくるものも増えるはずだ。

 何が描いてあるのか分かっても、それは理解したことにはならない。
 全ての芸術作品は謎を残したままそこに存在し、見るたび、知るたびに、様々な答えを与えてくれる。
 その謎部分の肥大したのが、現代美術と言えないだろうか。

 私が一番好きな現代美術は、フェリックス・ゴンザレス=トレスの飴ちゃん持って帰れるやつです。
 森美術館でこの作品について暑苦しく語っていたら、目の前にその展示が出てきてびっくりしたことがあります。
 床にザーッと飴を並べただけの作品なのに、切なくて胸がきゅんとする。
 不思議でしょ?
 またどこかで会いたいな。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:05| 美術 | 更新情報をチェックする

夏のお茶

 ルピシアの鉄釜炒り麦茶が美味しかった。
 香ばしいのは当然として、味がほんのり甘いのだ。
 もちろん砂糖のような甘さではなく、自然でほのかな感じ。
 いつもは紅茶や烏龍茶などお茶っ葉のお茶ばかり飲んでいるので、とても優しく、懐かしかった。

 前に韓国料理屋で買ったコーン茶も美味しかったな。
 一袋の量が多くて、最後は賞味期限が切れちゃって大慌てでいっぱい飲んだ。
 ルピシアで、麦茶みたいに少量パックで売ってくれると便利なんだが。
 探してみたけど扱ってないみたい。残念〜
posted by 柳屋文芸堂 at 00:05| 飲み物 | 更新情報をチェックする