2013年01月31日

「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1」感想

 ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ (著)
 本兌有、杉ライカ (翻訳)
 わらいなく(イラスト)

 間違った日本観によって構築された、サイバーパンクニンジャ小説。
 最初はどこを読んでも笑ってしまって、休む暇もなかった。

 国民の主要な栄養源であったハマチ粉末の供給システムが崩壊したことで、スシが食べられず餓死する人々が前年比三万パーセントをカウントした

 もう何カ所突っ込めばいいのか……

 壁面には「ゴジュッポ・ヒャッポ」「なせば成る」「辞めどきがつかめない」「高級感」といった自己啓発的な文言が仰々しくアーティスティックにペイントされている

 この「辞めどきがつかめない」がツボに入って、電車で笑い死にしそうになった。

 でもだんだん慣れてくると、
「文明が破壊されつつある近未来だから、日本語がおかしくなって、日本の習慣も妙にねじれているんだ」
 という風に感じるようになった。

 不思議な、完成された世界がこの小説にはある。
 もしかしてこれが「クールジャパン」ってやつなのか?
 
 アニメ化を激しく希望!!
posted by 柳屋文芸堂 at 23:49| 読書 | 更新情報をチェックする

毎日分からない。毎日難しい。

「分からない」
「難しい」
 と言われることの多い「不条理な物語」がけっこう好きです。
 高橋源一郎、残雪、ダニイル・ハルムス、円城塔。
 吉田戦車やしりあがり寿もそうかな。

 だいたいどんな物語でもいける。
 はて、私が受け入れられない不条理な話って何だろう……
 と考えて、ハッと気付いた。

 「現実」だ!
 現実の世界の不条理さ、ムチャクチャさは、36年間毎日接しているのに全然慣れない。
 円城塔は世界というものを、
「悪辣な冗談にしか見えない」
 と表現していたけれど、全くその通りだと思う。
 他の人はいったいどうやって折り合いをつけているのだろう。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:02| 自分 | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

手延べはうどんだけじゃない

 日本橋三越本店の地下にある「EATALY」というイタリア食材店で買ったグリッシーニが美味しかった!
 理想の味と形(すごく長いのだ)
 ラードととうもろこし粉を使っているせいか、チーズのようなうまみがある。

 アルフィエリ 職人の手延べグリッシーニ

 ネットで調べたら、オンラインストアを見つけてしまった。
 どんどん買っちゃうじゃないの。
 危険。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:47| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

謎の宣伝

 どこかのブログの宣伝部分に出ていた、

 夫婦関係を改善【14980円】

 というのにウケてしまった。
 こういうのって突っ込んだら負けだと分かっているんだけどさ。
 値段が謎のヨンキュッパ。
 夫婦関係を改善するより、あと20円出して歌舞伎の一等席取るか、とか考えちゃう。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:31| ネット | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

「オカマ先生を描いて」と幼馴染みが言ってきたら(私なら困る)

 コミケ申込みの季節です。
「カットに『オカマ先生の恋愛レッスン』のキミヤの絵を描いて〜」
 というお願いを幼馴染みのちかさんにしたところ……
 送られてきました!!

 キミヤというのは、見た目は普通の男で、女装も全くせず、でもオネエキャラで「オカマ先生」の看板掲げて予備校の先生をしている、という設定なのですよ。
 内面からにじみ出るオネエっぽさを一体どう表現するのだろうか……
 とワクワクドキドキでした。

 カットを見た瞬間の喜びを、どう表現したら良いだろう。
「にまーっ(←微笑む音)」
 で伝わるかしら……

 そうか、このシーンか!!
 そこを選ぶとは全く思ってなくて、でもキミヤが一番キミヤらしくなるのは確かにそこなのだ。
 いやぁ、嬉しかったですね〜

 鬼畜な要求にばっちり応えてくれて本当にありがとう。
 オールド・スポート(心の友よ)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:29| 同人活動 | 更新情報をチェックする

マイケル・フェザー写真展「Timeless」

 友人と一緒に写真展を見て来ました。
 場所は椿山荘。展示の詳細はこちら

 静かな雰囲気の風景や花の写真。
 その中に不思議な技法を使った作品があった。
 藍で染めた版画のような、影を紺色にした影絵のような。
 とにかく写真っぽくないのだ。

「何だろう、これ。プリントゴッコ?」
「懐かしい!」
 なんて笑って、でも気になるから携帯で辞書を見たり、ネットにつなげたりして調べてみた。
 写真に添えられていた「Cyanotype」という単語を検索すると、ウィキペディア本家(つまり英語)が。

「シアンブルー…… エンジニアが使っていた……?」
「ねえ、もしかしてこれ『青写真』じゃない?」
「あーっ!」

 昔、設計図を印刷するのに使用されていた技法。
 今でも未来のことを考える時などに「青写真を描く」なんて言い方をしますね。
 生まれて初めて本物の「青写真」を見たよ。
 実物を知らなくても、慣用句は違和感なく使えるんだねぇ。
 面白い。

 綺麗でしたよ、青写真。
 マイケル・フェザーさんは日本びいきの方なのでしょうか。
 外国の街の白黒写真も含めて、全体的に「和」や「禅」を感じさせる作品が多かったです。

 展示は今月の31日まで。
 入場無料。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:39| 美術 | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

女流名家長唄大会

 1月25日(金)
 三越劇場(日本橋三越6階)
 10:30開場 11:00開演
 チケット 3500円

 もしかしたらこのチケット代は前売りの値段かも。
 ネット上にあんまり情報が出てないー
 プログラムはこちら※PDF

 曲数が多いので、おそらく夜までやっているのだと思う。
 私の三味線の先生も出演します。
 邦楽に興味のある方はぜひどうぞ。
 平日の昼間にやってくれる演奏会は(和洋ともに)少ないので、主婦にはありがたい♪
posted by 柳屋文芸堂 at 01:58| 音楽 | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

キャベツスープ

【作り方】
1、ざく切りしたキャベツをごま油で炒める。
2、昆布とカツオでだしを取り、1に注ぐ。
3、塩と薄口醤油で味付けする。

 簡単・単純な料理なのに、Dちゃんが妙に気に入ってくれた。
 ごま油の香りがポイントみたいです(使い過ぎは×)
 あっさりしているので和風・洋風どちらの料理にも合います。
 私たちは「幸せの大寒オムライス(勝手に命名)」と一緒にいただきました。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:40| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

大寒の卵

 友人の遼さんから「大寒の卵」が届いた。
 大寒の日に採れた卵は1年間の健康&金運をUPさせる……ってみなさん知ってました?
 私は全く知りませんでした。

 東海地方の風習なのかなぁ?
 関東では見かけませんよね。
 そのうち恵方巻のように全国区のイベントになるのだろうか。

「大寒の日に一緒にオムライスを食べた男女は幸せになれる」
 とか無理やり恋愛イベントにしてしまいたい。
「大寒どうする?」
「一人大寒」
「大寒前に彼氏を作る」
 とかみんな騒ぎ出すのだ。

 卵の黄身は太陽のようで、あたたかさが恋しい、大寒の卵。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:57| 季節 | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

悲しみに集中させて

 親友が家族を亡くし、悲しみよりも事務処理の大変さを心配してしまう私は冷たい大人の女。
 でも本当に大変なんだってば。

 例えば年金。
 伯母(小)は厚生年金をもらっていて、その最後の給付は伯母(小)の銀行口座ではなく、家族への遺産として相続のような形で支払われるという。
 ついては伯母(小)ともらう人の血縁関係を証明する書類を用意し、指定された窓口に行かなかればいけない。
 血縁関係を証明する書類を発行してもらうには、血縁関係を証明する書類が必要で……
 んんん??
 もらえる額は小さいのに、やたらに面倒。
 
「もうその最後の年金、放棄しちゃいたいんですけど」
「では放棄するために必要な書類は、これと、これと……」

 担当者とのやり取りは一度で済まず、悪いことに、その処理に関する電話を母が受けてしまった。
「いらないって言ってるのに、何でまだゴチャゴチャ言われなきゃいけないんだっ!!」
 あー 絶対母はキレるから、関わらせたくなかったのに……

 結局あの最後の年金、どうなったんだっけ……?
 もらわなかったのは確か。
 適当に放置しちゃったんだっけかなぁ。
 何しろ亡くなったのが蒸し暑い7月で、他にもやるべきことがわんさとあって、よく覚えてないや。

 とりあえず止めるのはちゃんとやったんだから良いだろう、ってことで。
 事務処理が出来ずに「意図せず不正受給」とかあるんじゃないかなぁ。
 お役所系の事務処理はなるたけ簡素にしてもらいたいものです。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:18| 家族 | 更新情報をチェックする