2013年01月19日

エヴァQ感想

 数日前、幼馴染みのちかさんから、

 エヴァQ見た?
 見たなら感想をよろしく。


 というメールが来た。
 リクエストに応えて、という訳でもないですが、エヴァQを見て来たので感想を書きます。
 忙しくてなかなか行けなかったのよね。

 ネタバレありな上、批判的な内容なので、まだ見てない人・エヴァQが好きな人はここまでで。

 *******
 ******
 *****
 ****
 ***
 **
 *

 私が最も強く感じたのは、
「庵野秀明は確実に何かを失ってしまったのだな」
 ということだった。

 そもそも私は前作にあたる「エヴァ破」が好きじゃない。
 TV版にあった大切なものが壊されている気がしたから。
(メチャクチャ怒ってる2009年の私の感想はこちら

 それでも、
「エヴァQは『破』より昔のエヴァっぽかった」
 というウワサを聞いて、行ってみる気になったのだ。

 確かにシンちゃんの苦悩や謎めいた展開は、TV版やその直後の映画版を思わせる。
 しかし私がエヴァを愛した一番の核のようなものは、エヴァQの中に見つけられなかった。

 TV版で描かれた苦悩は、とても自然だったと思うのです。
 Qの苦悩は、ストーリーを引っ張るための道具みたいで、入り込めない。
 日本的な「間」の取り方もなくなっている。
 不思議ちゃんになったレイを見なくて済んだだけ、破よりはマシだけれども。

 単に私がTV版を愛し過ぎているだけなのかもしれない。
 14年経ってしまって設定がガラッと変わっているのは、特に違和感を感じませんでした。

 エヴァQより、その前に上映された「巨神兵東京に現わる」の美しさが印象的だったなぁ。
 美術館で2回見て、今回3回目。
 場面の切り替え方や音の重ね方が素晴らしい。

 もちろん特撮部分も愛おしい(メイキング映像を見ているせいもある)
 あれ、CG一切無しですから!!
 やりたいことをやりたいだけやってる、というのがよく伝わって来る。

 とりあえず、これでエヴァQネタバレを含むブログを見つけても慌てて閉じる必要がなくなったのでホッとしています。
 良かったのはそれくらいだなー
 エヴァQファンの人、ごめんなさい……
posted by 柳屋文芸堂 at 23:15| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

ブリの梅煮

【作り方】
1、日本酒1カップ、みりん半カップを鍋で煮立て、アルコールを飛ばす。
2、醤油大さじ2、黒砂糖小さじ1、ブリ(2〜4切れ)、梅干し(ブリと同じ数)、薄切りのしょうがを入れ、ブリが液に浸かり切らないようなら水を足す。
3、液が元の1/4くらいになるまで煮る。

 梅干しとしょうがはブリと一緒に食べちゃいます。
 美味しい!
posted by 柳屋文芸堂 at 01:50| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

魚スポンジ

 マーナというメーカーの、魚の形をしているスポンジが気に入っている。
 家事を始めた最初の頃は色んな種類のスポンジを試したけど、これを知ってからは絶対にこれ。
 使いやすいんだよね〜
 てのひらに合う形、泡立ちの良さ、使用後立てておけるところ、などなど。
 デザインも可愛く、カラフル。

 どこでも必ず売っている、という商品ではない。
 もっと多くの店で扱って欲しいなぁ。
 Amazonでも買えます。

 調べてみたら、マーナって140年も前からある会社なのね。
 もとは新潟県で刷毛を作っていたらしい。
 へぇ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 01:20| 料理以外の家事 | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

芥川賞

 舞城王太郎、また落ちちゃいましたね。
 何故落とすのに何度も候補に入れるんだろう?
 候補作を選んでいる人(って誰?)と選考委員の趣味が合わないのだろうか……

 受賞した黒田夏子さんは75歳らしい!
 インタビュー記事を見てみたら、ゆっくりじっくり長ーく文学に取り組んできた方のようです。

「無名のままでも、とにかくずっと書き続けていこうと思っていました」

 若いうちにデビュー出来なかったら書くのを諦めなきゃいけないのかなー なんて思い悩む時もあるのだけど、書きたければ書いて良いのね。当たり前なんだが。
 私を含め、励まされた人がいっぱいいるはず。

 あと40年書き続ければ、賞をもらえるような力をつけられるかもしれない。
 頑張ろう!
posted by 柳屋文芸堂 at 01:51| 執筆 | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

木下勝博「はじめての男着物」

 小説の登場人物(男)に着物を着せたいな〜 と思って読んでみました。
 自分の頭の中にいる登場人物たちに、
「何を着せよう、何を食べさせよう」
 と考えている時間は本当に幸せ〜♪
(36歳にもなって、あわれなおなごであろう……)

 着物の基礎知識やコーディネートがメインなのですが、着物を着て「得した体験」が書いてあるのも面白い。

 着物を着ているというだけで、レストランやカフェではよい席に案内してもらい、飛行機やホテルでは特別な待遇を受けることも多い。そして「実は私も着物好きです!」と女性から話しかけられることもしばしば。

 美味しいぞ、男の着物……!
 着物をよく着る27歳のお兄さんへのインタビューページにはこんな文章も。

 まだ着物を着る男性が少ないだけに、「投資対効果は高い」とも思ったそうだ。

 これってたぶん「モテる効果」だよね?
 そうだとしたら可愛い〜っ
 モテるためにおしゃれする若い男、というだけで愛おしく感じるのは、私がおばちゃんだからだろうか。

 少しだけど、褌も紹介されていた。
 色んな柄があるのね。縞とかタコとか花柄とか。
 着物の男性を見かけたら、
「褌、何色締めてるの……(ハァハァ)」
 って訊いてみようかなぁ。
(笑って答えてくれそうな着物兄さんが一人、心に浮かぶ)

 何だか私が紹介するとえらい下品な本みたいですが(作者の人、ごめんなさい)写真やデザインのセンスが良く、爽やかです。
 読んでいて気持ち良かった。
 着物を着たい男性や、旦那や彼氏に着物を着せたい女性はぜひどうぞ。
 私みたいに着物男性にハァハァしたい不埒な輩も、Amazonでこっそり買って楽しんじゃえ〜
 褌姿の写真はありません。残念ながら!
posted by 柳屋文芸堂 at 23:28| 読書 | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

手抜き料理としてのザワークラウト

 シュークルット(ザワークラウト)が流行しないかな〜 といつも思っている。
 消費量が増えて国産のシュークルットが出回るようになれば、豊作キャベツを廃棄せずに済むかもしれないし。

【作り方】
1、ビン入りのザワークラウトを買ってくる。
2、かたまり肉(鶏でも豚でも)とザワークラウトを鍋に入れる。
3、ひたひたになるくらいに水を入れて煮る。
4、肉に火が通ったら完成。

 洗いも刻みもせずに大量のキャベツが食べられます!
 忙しい人にぴったりだと思うんだが。

 問題は、口に合わなかった場合、
「この大量のキャベツどうするの……?」
 となることですな。
 ザワークラウトのビンはたいていデカいから。

 酸っぱいのが苦手な人は、ザワークラウトをしぼったり、玉ねぎ入れたりするらしいですよ。
 私は酸っぱいもの大好きなんでそのまま使います。

 凝りたい人は、ジュニパーベリーや月桂樹の葉を入れたり、肉を塩漬け肉やソーセージにしたり、ゆで野菜(じゃがいも、にんじん、いんげんなど)やマスタードを添えたり、楽しみ方は色々。
 昨日作ったシュークルットが大量にあるから、雪の中買い物行かなくても良いのだ〜♪

注:文中に「シュークルット(フランス語)」「ザワークラウト(ドイツ語)」という二つの単語が出てくるのは、私にとってこの料理は「シュークルット」なんだけど、世間では「ザワークラウト」の方が親しまれているし商品名もこっちの方が圧倒的に多いから。Dちゃんの家族は「シュークルット」が大好きで、たぶんフランスに住んでいた頃におでん的に食べていたのだと思う。旦那の故郷の料理、みたいな位置づけです。
posted by 柳屋文芸堂 at 14:54| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

バッテリー残量が少なくなっています

 このところ、Dちゃんが忙しい。
 この三連休も土曜だけ休んで日、月は出勤。
 Dちゃんと一緒にいる時間が短くなると、私は充電器から離れた携帯電話みたいになってしまう。
 息も絶え絶え。

 労働基準法を守らない会社の社長は全員逮捕すれば良いのに。
 極刑を望みます。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:21| 家族 | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

右傾化するなら

 日本人が右傾化している、とよく言われますね。
 この機会にみんなで日本文化にどっぷり浸かってみたらどうか。

 伝統演劇(能、狂言、歌舞伎、文楽、落語など)を見たり
 伝統音楽(雅楽、長唄、義太夫、端唄、小唄、津軽三味線、沖縄民謡など)を聴いたり
 古典文学を読んだり(私のおすすめは伊勢物語)

 トーストをやめて、毎朝お餅を焼いて食べたり(美味しい!) 
 着物を着たり
 日常的に烏帽子をかぶってみたり

 若者たちが盗んだ烏帽子で走り出したら、右傾化も本物である。

 実際には、右、左で分けられるほど現代社会は単純ではない。
 にも関わらず、単純に考えたがる人が増えているのは少々心配です。

 かれらが不満を覚えたときでさえ(中略)その不満は何の変化ももたらさない。なぜなら、かれらは全体を見通す考えを持たないので、不満をいくつかの取るに足らない個別の原因に帰着させるより他なかったからである。
(ジョージ・オーウェル「一九八四年」より)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:43| 社会 | 更新情報をチェックする

愛媛のキウイ

 愛媛の黄色いキウイが美味しい。
 売り場でよく見かけるなー と思ったら、旬みたいです。
 輸入ものと季節が逆なんだ(南半球から来るので)

 今日は、キウイといちごを小さく切ってプレーンヨーグルトに入れていただきました。
 緑のキウイは酸っぱくて、ヨーグルトに入れると渋みが出ていまいちだけど、黄色いキウイは甘くてヨーグルトにも合う。
 ビタミンCも豊富らしいです。

 くだものをいっぱい食べて風邪予防だー!
posted by 柳屋文芸堂 at 02:46| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

2012年、印象に残った本

 何と言っても円城塔ですね〜
 恋するように夢中になりました。
 大好き。
 やっぱり物理学科の男って最高!
 出ている本は全部読んでしまったので、早く新しい本が出ないかな〜

 マイケル・オンダーチェの、
「映画もまた編集である ウォルター・マーチとの対話」
 も面白かった。
 映画の編集の話なのだけど、小説の構成を考える時にも役に立つ。

 漫画では、よしながふみの「大奥」
 二巻の終わり、家光(この作品の設定では男装させられている女性)が女物の着物を着せてもらって泣くシーンが、一番考えさせられた。
 女には「女らしくしたい」という欲求があるんだなぁ、と。

 2013年の読書に関する目標は、積ん読をなくすことです。
 買う速度<読む速度 にすれば良いだけなんですが……
 つい本屋に寄っちゃうのよね〜
posted by 柳屋文芸堂 at 02:47| 読書 | 更新情報をチェックする