2013年03月07日

私信(桜)

 桜の花の写真を送ってくれと言われたので、とりあえずここに上げてみる。

R0025161.JPG

R0023845.JPG

R0023808.JPG

R0021685.JPG

R0021684.JPG

R0021675.JPG

R0021673.JPG

R0021671.JPG

R0021670.JPG

R0021669.JPG

R0021665.JPG

R0021659.JPG
posted by 柳屋文芸堂 at 23:26| 写真遊び | 更新情報をチェックする

イナビル

 Dちゃん、病院で処方された「イナビル」という吸入薬のおかげで、今朝から微熱になりました。
 一回吸うだけで妙に効いて、かえって不安なくらいだ。
 まあ唸らなくなったので良かった。

 私も今のところまだ無事です。
 同じベッドで寝てるし、どうなることやら……
posted by 柳屋文芸堂 at 22:10| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

ダーリンはインフルエンザ

私「年甲斐もなく徹夜で仕事なんかしてっ」
D「徹夜は『年甲斐もなく』に入るのかなぁ……」
私「入るよっ」

 とか怒っていたら……
 案の定Dちゃん、インフルエンザ(A型)に罹りました。
 もう無理のきかない年齢だということを自覚して欲しい。
 まあ、自覚したって会社が無理させる訳ですが。
 労働基準法を厳罰化しろっ

 何だか今回、見たことがないくらい苦しそうです。
 全身の痛み。触れるとびっくりしてしまう程の高熱。
 ウィルスのせいか、年齢のせいか、普段の過労が祟っているせいか。
 こういう場合、たいてい「全部!」だよね。

 気を紛らわせるために物語を読んで欲しい、と言うので円城塔の「Self-Reference ENGINE」に入っている「Echo」を朗読したら、唸り声がどんどん酷くなり、
「もっと…… 頭を使わなくても…… いい話を……」
 インフルエンザ中に読む本ではなかったようです。
 小川未明の童話は割と好評だった。
 唸り声が小さくなったから。

 私も感染してるのかなー
 あんなに苦しむのいやだなー
 とりあえずしばらく会社は休まないといけないので、いつもは出来ない早寝早起きをしようっと。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:03| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

更新のお知らせ

★お願い★
文章を引用・転載する際は「柳田のり子」「柳屋文芸堂」「記事のURL」のどれかを付けてください。
素人文章書きがこんなこと書くの恥ずかしくて嫌だったのですが、実際に無断転載されて不安な気持ちになったので明記することにしました。
よろしくお願いします。

**********

 という文章を作者紹介ページに入れました。
 私も著作権法をばっちり守れているか自信がないのですが(どこまでOKなのか迷うことがよくある。あれ大丈夫だったかなー と後でモヤモヤすることもたまに)一応自分が不安を感じることはきちんと書いておこうかと。
 自分の文章が、全く書き込んだ覚えのない掲示板に書き込まれていると、
「えー?!」
 って思いますよ。

 引用元さえ書いてもらえれば、引用・転載は嬉しいです(私の場合、ね。念のため)
 あとリンクも大歓迎。

 情報のあり方が変化していく中、良いこと悪いことを判断するのはなかなか難しいですが、色んな人の意見を聞いて、不快になる人が少なくなる道を見つけていきましょう。
posted by 柳屋文芸堂 at 13:26| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

更新のお知らせ

 「愛」が完売(完配?)したので、載せてもらった作品を倉庫に入れました(こちら
 詩が4つ、百合っぽいものなど。
 もし良ければ見てみてください。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:44| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

読者のための物語

 うたちゃん(歌川たいじさん)の、

「漫画を描く時は、感情的にはならず
 読者さんが誤解したり、飽きたり、
 わけがわからなくなったりしないように…
 みたいなことしか考えておりません」


 という言葉に心を打たれる(この記事
 基本的で大事なこと。そして難しい。
 私はどうしても脳内にいる登場人物の感情に流されてしまって、冷静になれない。
 自分のための物語ではなく、読者のための物語を書くためには、乗り越えなければいけないものがあるんだろうな。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:48| ネット | 更新情報をチェックする

パインの缶詰

 この沖縄産のパインの缶詰が美味しい!!→これ
 砂糖のシロップではなくパインジュースにパインが浸かっているので、そのままヨーグルトと混ぜると最高っす。
 私は銀座のわしたショップで買いました。
 ネットでまとめ買いしたい〜
posted by 柳屋文芸堂 at 22:32| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

小説を書くと

 小説を書き始めてしまった。
 小説を書くと何が困るって、自分の人生がどうでも良くなっちゃうのです。
 小説の中の世界が一番大事で、あとは幻、みたいになってしまう。

 小説って、咳のようなものなのかもな。
 風邪を引いたら出したくなくても出るし、元気な時は出そうと思っても出ない。
 小説を書きたくなる気持ちは少し病気に似ている。
 自分ではどうにもならない。

 小説は4月のイベントの新刊という訳ではありません。
 いつ完成するか不明。
 意外と早く書き上がっちゃうかも。
 その分、自分の人生がおろそかになりそうで怖い。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:13| 執筆 | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

アセクシャル

 偶然見かけたブログが興味深かったのでご紹介。

 アセクシャル〜ひとりでみんなと生きていく〜
 恋愛感情を持たないアセクシャル(asexual・無性愛)の日々

 「アセクシャル」という単語は聞いたことあったんだけど、何しろ自分が恋愛感情過多な人間なので、実際にどんなものなのか、いまいち想像出来なかった。
 アセクシャルの人の日々の心の動きが漫画で表現されているので分かりやすい。
 例えばこの記事。

 ロマンチックって何?

 最後のコマに、なるほど! と思った。
 恋愛感情が無いだけで、友達は大切にするし、素敵な人には憧れるし、萌えもある。

 下の記事のうたちゃんもそうだけど、漫画ってすごい表現方法だなー
 誰かに何かを理解してもらいたかったら、言葉を尽くすより「絵と言葉を尽くす」方が効果が高い。
 私も漫画続けていた方が良かったかしら……
(小学生〜中学生の頃は漫画家を目指していたのです)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:24| ネット | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」感想

 うたちゃんの新刊!
 予約特典で手書きのイラストを付けてくれるという。※もう終了してます。

 うたぐわ×ツレちゃんのラブラブシーン希望。
 腐女子なので!


 ゲイの人にこんなことを頼むなんて、大奥の男二人に「睦み合うてみよ」と命じた綱吉並みに鬼畜だと思った。
 でもうたちゃんは、希望通りの絵を描いてくれました。
 睦み合うほどではないけれど。
 ツレちゃんがほっぺた赤くしてて可愛い。

 さて本の感想を。
 題名からも伝わって来ると思いますが、母と息子の葛藤を描いた重たい内容。
 ちゃんと救いがあるので、読み進めるのが辛い、ということはないです。

 うたちゃんのお父さんとお母さんは「親」という役を演じ切れずに逃げたりキレたりしてしまう。
 その代わり、お父さんが経営している工場の人たち(特に「ばあちゃん」)がうたちゃんの面倒を見てくれる。
 たとえ親に余裕がなかったとしても、子どもは他の誰かからも愛情をもらえる、という希望。
 子どものいない人でも人間の成長に関わることが出来る、という希望。
 
 この二つの希望をもっと世の中に広めよう!
 私も母だけでなく伯母×2に育てられたしね。

 虐待のニュースが流れるたび、子どものことを心配する人は多いと思う。
 しかし、子どもを不幸にしないためには、まずお父さんとお母さんを幸せにする必要があるんじゃなかろうか。
 うたちゃんのお父さんとお母さんだって、良い所も悪い所もある普通の人間だったはずなのだ。
 歯車が合わなくなって家庭を壊してしまうけど。

 二人の性格だけが原因だった訳ではなく、社会から受ける負の力もあった気がする。
 お金とか、役割とか。
 そういうのをなるべく減らせたらいいな、と思う。
 行政がサポートしなかったら怒ろう。税金払ってるんだし。

 うたちゃんがお母さんから受け継いだまぜごはんを、私も作ってみたい。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:19| 読書 | 更新情報をチェックする