2013年03月01日

成長期の先生

 三味線の先生の演奏会に行ってきたのだけど、感想が難しい。
「腕を上げましたね」
 とか言う訳にいかないし。師匠にでもなったつもりか!

 でも実際に先生はどんどん上手になっている。
 技術向上のために努力している真っ最中の人に教わることが出来るのは、幸せだなー と思う。
 大学でも、教授より助教授の授業の方が熱意があって面白かったもんな。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:44| 音楽 | 更新情報をチェックする