2013年08月31日

ちょっとだけ辛い、豆苗のお味噌汁

【作り方】
1、かつお節とこんぶでだしを取る。
2、だしに輪切り唐辛子を入れて沸騰させる。
3、切った豆苗を投入し、味噌で味付け。

 唐辛子を入れることで、豆苗のくせ(青臭さ)が味噌によく馴染んで食べやすくなります。
 Dちゃんの考案です。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:54| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

妄想だけならタダである

 4つ前の記事に書いたボカロプロデューサー「きくお」の公式ページには、作曲を依頼する方法がかなり詳しく載っている。

私「一曲いくらくらいで作ってくれるんだろう…… 小説の主題歌を作曲してもらって、そのCDを本に付けたら売上げが爆発的に伸びるんじゃないか」
D「『CDだけください』と言う人続出」
私「もちろん抱き合わせて売るよ…… ハッ、本だけ捨てる人続出?! ビックリマンチョコか!」

 ビックリマンチョコって、今の若い人にも通じるんでしょうか。
 私が子どもの頃、おまけのシールを集めるためにメインのお菓子(ウエハースチョコ)を捨てる、というのが社会問題になったのです。

 お金を払えるかどうかの前に、きくおの華やかな曲に対し、私の小説は地味過ぎる。
 そこもビックリマンチョコっぽい。

 いいもん。
 脳内で自分の小説を映画化して、きくおの曲をエンディングテーマとして流すんだー!
 こういう妄想を勝手にしちゃう花畑脳みそに感謝。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:10| 与太話 | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

熊野旅行の写真

R0025625.JPG

これが昨日の記事に書いためはり寿司。
食べたい、食べたい、食べたい!!

R0025556.JPG

宿の近所の犬。
どしっと守ってる感じで可愛かった。

R0025619.JPG

朝日を浴びる川面と温泉の湯気。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:51| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

熊野旅行とめはり寿司

 和歌山県の熊野地方へ旅行に行ってました〜
 郷土料理のめはり寿司が美味しくて美味しくて、田舎に恋人を残したまま上京したような気分です。
「愛しい君ともう一度会うことは叶うのだろうか……」

 めはり寿司というのは、大きな漬物の葉っぱで包んだおにぎり。 
 地元で有名らしい「総本家めはりや」というお店に2度行き、合計9個食べた。
 また行きたいけど、遠いんだよねぇ……
 「めはりや」最寄りの「新宮駅」は名古屋から電車で3時間半。
 宿はそこからバスで1時間……

 当初の目的は、田村由美の漫画「BASARA」の舞台となった場所を見る、というもの(聖地巡礼)
 熊野古道を歩いたり、那智の滝を間近で見たり、ずっと憧れていたことが出来て、長旅をした甲斐がありました。
 観光に悔いはない、が、食べ物には悔いが残る。
 めはり寿司、90個くらい食べたかったよ〜
posted by 柳屋文芸堂 at 23:43| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

お知らせ

 諸事情あって2〜3日ブログの更新が出来なくなります。
 家族の病気とかではないのでご心配なく〜
posted by 柳屋文芸堂 at 10:00| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

きくおミクがAmazonで買えるようになった!

 大好きなボカロプロデューサー「きくお」の作品がAmazonでも買えるようになりました。

 きくおミク
 きくおミク2
 きくおミク3 ←この夏の新作!

 きくおの作品世界は、
「倫理的にどうなの?」
 みたいなのが多い訳ですが、不思議と前向きで明るい。

 ちょっと話がズレるけど、宮崎駿の新作映画「風立ちぬ」のキャッチコピーが、
「生きねば。」
 で、この時代に「生きろ」とか「生きねば」と言われるのはしんどいなー、と思った。

 それよりもきくおに、
「君が死んでも許してあげるよ」
 と言ってもらった方が救われるし、かえって生きていける。
(この曲はきくおミク2に入っています)

 「きくおミク3」では「君はできない子」がその優しさを受け継いでいます。
 ダメなもの、暗いもの、異常なものを、徹底的に肯定してゆく明るさ。
 心の奥を流れる、深くドロドロしたどぶ川が、きくおの光を受けて輝く。
 澄んでいる必要なんて全然ないんだ。

 ふだんあまりポップスを聴かない、文学好きや民族音楽ファンの方が楽しめるかもしれない。
 おすすめです〜
posted by 柳屋文芸堂 at 09:48| 音楽 | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

浅野屋 池袋駅前本店(再び)

 浅野屋 池袋駅前本店に行きました〜
 お蕎麦は変わらずハイレベル(細くてちゅるちゅる)
 それ以外に今回は「青パパイヤのサラダ」を注文してみた。

 青パパイヤを食べるのは初めて。
 きゅうりと大根を足して2で割ったような感じ……かな。
 さっぱりしていて歯ごたえがあって美味!
 家でも作りたい、けど、かなり薄く切ってあったので真似するのは難しいかも。

 Dちゃんが頼んだ「梵(ぼん)」という福井の日本酒を少し分けてもらって、これが美味しかった〜!!
 旨みがしっかりあって、でもくどくなくて、バランスが良い。
「政府専用機の機内酒にも採用されている」
 という紹介が面白かった。
 気分は麻生太郎。帽子買わなきゃ……
posted by 柳屋文芸堂 at 23:17| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

未だその方法は見つかっていない

 私は時々、人間や、人間の作った社会の愚かしさがつくづく嫌になる。

私「次に生まれるとしたら、もう少し知的レベルの高い生物になりたい」
D「そんな都合よくいくかね」
私「だってさー 私はオッペンハイマーを尊敬しているし、今後も尊敬し続けるつもりだけれども、
 『原爆を作れるのに、使用を止めることが出来ない』
  って能力として中途半端過ぎやしないか」
D「物理は単純化する学問だから、社会を動かす方が複雑で難しいのかもね」

 オッペンハイマーはアメリカの物理学者で、原子爆弾開発プロジェクト「マンハッタン計画」のリーダーである。
 原爆投下後、自分の行いを後悔し、
「我は死神なり、世界の破壊者なり」
 とインドの古い詩を引用したそうですが、死神になる前にどうにかしようよ!

 ちなみにマンハッタン計画には20世紀物理学の英雄が多く関わっていて、さながら科学版トキワ荘だ。
 私は思うのだけど、ここでの研究はかなり楽しかったんじゃないかな。
 全く新しい、凄まじい威力のある物を作るのに、ワクワクしない科学者なんているものか。
 夢中になって開発し終わって、アッと気付くのである。

 その力で、人間の愚かさを治す方法を開発すれば良かったのにね。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:34| 社会 | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

ねぎれん炒め

 前に書いたねぎれんペペロン、パスタを入れずにおかずにしたらこれも美味しい!
 野菜だけで何故こんなに美味しいのだろう、と不思議になるくらい美味いっす。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:14| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

現実的な夢

私「電気代が3000円で済んだ、という夢を見た」
D「それはほんと夢だね……」

 夏はエアコンを使うから特に怖いです。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:07| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする