2013年10月24日

ブラウザ

 Chromeが重くなったのでSafariを使うことに。
 こっちの方が動きが良い。
 前にもSafariを使ってて、その後何でChromeに変えたんだっけ……?←忘れた
 ブログ書き込みに問題が出た訳じゃないよね……
 という訳でテスト書き込み。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:27| パソコン・電子機器 | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

アンパンマンとトマトマン

私「私、二次創作書けないんだよねー」
D「ちょっとアンパンマンの話を作ってみてよ」
私「出来るかなぁ」
D「まず題名を決めて」
私「『アンパンマンとトマトマン』」
D「ほう。舞台は?」
私「プーリア州」
D「どこそれ?!」
私「イタリア南部の州だよ」
D「イタリアのトマトってことは細長いの?」
私「そう。(料理の本を調べて)サンマルツァーノ種。
  長く赤い顔をしたトマトマンが、日本へ出発する場面から物語は始まる」
D「時間帯は?」
私「夕方」
D「見送りは?」
私「もちろんオリーブマンだよ! オリーブマンたちはオリーブ油の涙を流し、
  イタリア人らしい激しいジェスチャーをしながら別れを惜しむ。ガシッと抱き合ってさ」
D「オリーブマンは何人いるの?」
私「150人」
D「150人と抱き合ってたら夜が明けちゃうよ!」
私「トマトマンはオリーブ油でドロドロになったまま、日本行きの飛行機に乗り込む……」

アンパンマン.PNG
posted by 柳屋文芸堂 at 01:14| 与太話 | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

旦那どろぼう(女狐ではない)

 ブラック企業がテーマのラジオ(荻上チキ・Session-22)を聞いていたら、Dちゃんから、
「先に寝てて」
 というメールが届いた。
 徹夜かしら……

 長時間労働させる会社の経営者を逮捕するための法律を作って欲しい。
 何度も繰り返し言っている気がするけど、

 極刑を望みます。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:01| 社会 | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

煮物と日本酒

 デパ地下の店員さんとのおしゃべりで、
「ごはん、煮物、みそ汁、みたいな昔ながらの食事が好きで、よく作ります」
 と話したら、
「贅沢ですねぇ」
 と返された。
 贅沢なものが変化しているのか……

 日本酒の消費量が落ちているのは若者の日本酒離れが原因だ、というような記事を見かけるけれど、
「日本人の煮物離れ」
 もけっこう大きな要因なのではないか。

 料理に日本酒、どれくらい使いますか?
 うちは3週間で1本(720ml)くらいかなー
 日本酒をたっぷり入れて作った肉じゃが、魚の梅煮、おでん……

 冬になると消費量が増える。
 白菜・春菊・えのき・豚肉等を入れたお鍋も、日本酒多めだと美味しい♪
posted by 柳屋文芸堂 at 23:52| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

Dちゃんの名回答 その2

 大好きなブログ「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」の「嗚呼な連休 1」という記事を読んで、
「結婚して、舌打ちしたくなったことはないなぁ」
 とDちゃんに言ったら、
「舌鼓を打つことはあっても?」
 誰が上手いことを言えと。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:17| 家族 | 更新情報をチェックする

Dちゃんの名回答 その1

「私を小説にたとえるとしたら、どんな小説かなー?」
 とDちゃんに聞いたところ、
「読者が少ない」
 私が書く小説と一緒じゃん……!

 好きな人はすごく好き、だと良いんだけどねぇ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:12| 家族 | 更新情報をチェックする

岡本太郎美術館

 今日は川崎市にある「岡本太郎美術館」へ行って来ました。
 青山にも岡本太郎の美術館がありますが、あっちは「岡本太郎記念館」です。

 岡本太郎美術館は、小田急線の向ヶ丘遊園駅から徒歩20分ほどのところにあります。
 川崎って、不便な場所にいっぱい美術館がある印象(川崎市市民ミュージアムとか)
 もうちょっと交通の便が良ければお客さんも増えるのになぁ、と残念に思う。

 「生田緑地」という林のような場所を通り抜ける。

R0025673.JPG
↑帰りに撮ったので日が落ちて暗い。

 美術館に入館する前に腹ごしらえ。
 附属のカフェテリア「TARO」で八穀米のヘルシープレートを注文。

R0025663.JPG
↑手前のは鶏のつくね。

 野菜たっぷりで美味しい。
 午後3:00という中途半端な時間なのに、ちゃんと料理を出してくれるのが嬉しいですね!

 食事後、美術館へ。
 展示室は照明を落としてあり、異空間へ入っていく感触がある。
 太郎の世界へ。

 私は岡本太郎が描く線が好きだ。
 赤い線も黒い線も黄色い線も、全てが炎のようで、そばに行くと熱く感じる。

 作品の意味を理解しているのかは分からない。
 作品の意味を理解しなければいけないのか、さえ分からない。
 でもそこにエネルギーがあり、こちらに容赦なく働きかけてくるのは確かなのだ。

「芸術は呪術である」

 「重工業」という作品には何故か長ネギが。主婦か!
 「誇り」は抽象的な立体作品なのに何だか泣ける。
 「にらめっこ」は日本の妖怪っぽい。

 年表も充実していた。
 そのために一部屋使い、展示も混ぜて解説している。

1946年 35歳 空襲により作品がすべて焼失したことを知る。

 という一文にショックを受ける。
 どれほど辛かったろう。
 しかし失ったものより、未来に作るもののことで頭がいっぱいだったかもしれない。
 60代、70代でも力強い作品を沢山発表してるもんな。

 有名な「坐ることを拒否する椅子」以外にも様々な椅子のデザインをしていたと知り驚く。
 どれも実際に座れました。もちろん坐ることを拒否する椅子にも。
 座りにくいっ

「生活の中の創造的な笑いである」

 笑って良いんだね!
 芸術と笑いを日常に。

 「踏まれることを拒否する青竹」がもしあれば踏んでみたい。
 血行が良くなって気持ち良さそう。

 駅から遠いのが難点ですが、その分混雑していないので、美術好きな方は一度行ってみると楽しいと思います。

R0025668.JPG
↑美術館の上にある「母の塔」

 これでまたしばらく元気に暮らせそうです。

※黄色い字の部分は展示の説明からの引用になります。
(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 03:36| 美術 | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

平和を呼ぶ

 岡本太郎記念館でもらった、
「TARO MAP」
 という冊子に載っている、
「平和を呼ぶ」
 という作品(公園にあるモニュメント)の説明が印象的で、時折思い出す。

「平和は何もしないであるものではなく、強烈な意志をもって”呼ぶ”ものである」

 平和を叫ぶのではなく「呼ぶ」
 両手を大きく上げて、
「優しい風よ、こちらへどうぞ」
 とでも言うように。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:00| 美術 | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

北海道かぼちゃのパンプキンプリン

 成城石井で売っている「北海道かぼちゃのパンプキンプリン」が、
「すごい、かぼちゃ!」
 である。

 こんなにかぼちゃかぼちゃしてるなら、もう煮かぼちゃでも食べていれば良いんじゃないかとも思うのだけど、美味しくてつい買っちゃう。食べちゃう。

 なめらかで、卵やクリームなどプリンの味が少しだけする、かぼちゃ、だ。
 冷蔵庫に3つ入ってる。
 勧めてもDちゃんは興味を示さないし、消費期限は18日だし、全部自分で食べちゃうかも……
posted by 柳屋文芸堂 at 01:22| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

台風の朝の虹

R0025661.JPG

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 09:25| 自然 | 更新情報をチェックする