2013年10月14日

誰もお前の意見なんて聞いてない

「この時の主人公の気持ちを次の選択肢の中から選びなさい」
 というような内容の国語の問題についてのエピソードをよく見かける。
 主人公の気持ちを想像出来なくて答えられなかった、とか。

 私はこの手の話を聞くたびに二つの疑問が浮かぶ。
「主人公の気持ちを尋ねる問題なんて出たっけ?」
「国語の問題に解答者の想像の余地なんてあったっけ?」

 現代文は(他の教科に比べれば)得意だったので、青ざめた経験がなく、その分色々忘れている。
「学校で読書感想文なんて書かされたっけ?」
 と小学校・中学校で一緒だったちかさんに聞いたところ、
「そりゃあんたは困らなかったから覚えてないんでしょーよ!」
 と言われた。

 36歳にもなって頼まれてもいない読書感想文をブログに書き続けているくらいだからねぇ……

 でも何となく、国語の問題の窮屈な感触は記憶に残っている。
 私は主人公の気持ちも作者の気持ちも考えなかった。
「この問題を作った人は、どんな答えを欲しがっているのだろう?」
 そうやって解いていくと、だいたい全部正解だった。

 こんなことをしていても、小説を書けるようにはならないなー
 と思って、文系には進まなかった。

 国語の問題が苦手だった人は、自分の考えを述べようとしてしまったのではないか。
 答えは問題用紙の中に全部書かれている。

私「『誰もお前の意見なんて聞いてない』って先生が教えるべきじゃない?」
D「悪くて言えないんじゃないの…… 確かに、
 『この問題用紙に書かれている範囲内で答えなさい』
  という一文を最初に入れたら親切だよね」

 私は出題者の気持ちを読み続けて、何か得たのだろうか?
 役に立った気が全くしない。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:56| 勉強 | 更新情報をチェックする

生虚無僧!!

R0025656.JPG

R0025655.JPG

 「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」行って来ました!
 そして見たぜ、生虚無僧〜!!

 歩きながら尺八を吹いているのですが、これがめちゃくちゃ物悲しい。
 人の住まなくなった家屋を吹き抜ける木枯らしのような音色……

 新内流しも見たかったのだけど、残念ながら見つからなかった。
 何しろ動いているのでどこで遭遇出来るか分からないのだ。

 「hanamas」という津軽三味線、ヴァイオリン、ギターのトリオが格好良かったなー
 技術があって華やかで。

 日本の伝統音楽をこんなにまとめて(しかも無料で!)見られる機会はなかなかないと思う。
 次回もあるならぜひ行きたいです。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:44| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

トリュフ初体験

 パリのエディアール本店でDちゃんのお母さんに買ってもらったトリュフを食べました。
「普段は買えない珍しい食材が欲しい!!」
 とこっちからねだったのです。図々しい嫁。

 世界三大珍味と言われますが……
 正直、よく分からなかった。

 どうやって調理しようかと悩んだ末、薄く切ったものを野菜のパスタ(枝豆・モロッコインゲン・トマト・玉ねぎ・パプリカ・焼きネギ)に投入。
 食べる時に粉チーズ(グラナ・パダーノ)をかけた。

 トリュフは香りが良いという。
 くんくん。
 ……。
 いや悪い匂いじゃないけど、特にどうということも。

 ○○みたいな香り、と説明出来ないんだよね。
 個性的、と言っても良いかもしれない。
 でも別に刺激が強いわけじゃない。

 味はさらに分からない。
 噛むとポロポロ。そしていなくなる。
 そんな感じ。

 で、料理として総合的にどうだったかというと、妙に美味しかった。
 野菜をたくさん入れたのに、味に統一感があって食が進んだ。
 この「よく分からないけど何だか美味しい」というのがトリュフの効果だったのかもしれない。

 子どもの頃、
「松茸は香りが良い」
 というのを聞いて伯母(小)にねだって買ってもらい、ドキドキしながら匂いをかいだら……
「ロッキーにそっくり!!」

 ロッキーというのは当時飼っていた犬。
 その後、松茸を全く食べていないので、いまだに「松茸=犬臭い」と思っている。
 Dちゃんにこの話をしたら、
「むしろロッキーが松茸の匂いのする犬だったのではないか」
 どうなんだろう。

 ポルチーニの香りと味の良さはよく分かるんだけどなぁ。
 トリュフと松茸も経験を積めば理解出来るのかもしれない。
 しかし何度も食べるには高過ぎる。
 好きになった頃にはすっかんぴんだよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:32| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

神楽坂まち舞台・大江戸めぐり

 明日、三味線の先生が出演する、
「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」
 というのに行ってこようと思っています。
 公式サイトはこちら

 パンフレットを見てびっくりした。

 私「うわっ、虚無僧も見られるんですね?!」
先生「珍しいよねー 生虚無僧」

 生虚無僧って。
 乾燥虚無僧とか加熱虚無僧もあるのか。
 深い編み笠をかぶって顔を隠し、尺八を吹きながら神楽坂を歩くそうです。
 すごいー!!

 この話をDちゃんにしたところ……

 私「生虚無僧が見られるんだって!」
 D「ナマコ無双?」

 何それ、強いの? 弱いの?

 他には、新内流しも神楽坂を歩くらしい。
 先生は「スクイーズ☆ハジキーズ」というユニット名で、PARK LUXI KAGURAZAKA前ポケットパークというところで演奏するそうです。
 日本の伝統音楽に興味のある方はぜひどうぞ。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:40| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

理科実験教室

 渋谷を歩いていたら「早稲アカ理科実験教室」というのを見つけて「はて?」と思い、ネットで検索してみた。
 早稲田アカデミーがやっている小学生向けの教室みたい。
 今はそういうのがあるのかー いいなー いいなー
 おばさんにも実験させて!!

 国語や社会や音楽の勉強は学校を卒業した後も続けやすいのに(本を読んだり、お稽古に通ったり)理科の実験は大人になったらなかなかやれない。
 何でだろう。
 大人のためのピアノ教室があるんだから、大人のための理科実験教室があっても良いのに。

 原発事故の直後は国全体が放射線実験状態になって唖然としたけれど。
 まさか主婦になって再びガイガーカウンターを使うことになろうとは思わなかったよ。

 余震が酷かったから、震源からP波とS波が伝わってくるのをラジオ中継によって観測したり。
 東北の避難所にいるアナウンサーが、
「お、大きな余震です!!」
 と叫んだ数秒後にカタカタカタ…… と家具が鳴り始める。

 放射線も余震も怖かったけど、私の理科魂がちょっとだけワクワクしていたのは内緒です。

 大学の物理実験で思い出に残っているのは、超電導体を作った時のこと。
 900度くらいで焼くので、特殊な鍋つかみで手を保護……したはずなのに手が熱い!!
 えっ、と思って見たら、鍋つかみに穴が。
 危ない! ボロ置いとくなっ

 超電導体の実験は、マイスナー効果を見るために使う液体窒素をふーふーするのも楽しい。
 天国だったなぁ、物理学科。

※マイスナー効果:液体窒素でキンキンに冷やした超電導体の上で磁石が浮く現象。
         超電導体の方を浮かせたような気がしたんだが、記憶違いだろうか。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:08| 勉強 | 更新情報をチェックする

いな白馬(1789年)オスカルまたがる(フランス革命)

 子どもの頃から歴史が苦手で、克服したいなー と思い続けている。
 歴史小説も全く読めない。
 でも、歴史漫画はけっこう読んでるじゃん! と気付いた。
 「大奥」とか「ベルばら」とか。

私「歴史漫画をいっぱい読めば、私も歴史が得意になるかな?」
D「恋愛の場面ばっかり見ていたら意味ないでしょう」

 ハッ、確かに歴史の動きを説明する場面は読み飛ばしてるかも……
 キスやエッチさえ出来れば、革命が起きても世界が滅びてもどうでも良い気がする。
 だから歴史が苦手なのね。

 この記事の題名は中学の時に覚えた語呂合わせです。
 アニパロコミックスの欄外の読者お便りコーナーみたいなのに載っていたと記憶している。
 オスカルが付くだけで忘れないんだ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:40| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

文学フリマのスペース番号

 文学フリマのスペース番号が発表されました。
「F-31」
 数百サークル参加する中で、たった4サークルだけの「恋愛」ジャンル、の内の1つ、です。
 毎回少ないんだよねぇ、恋愛。
 そして私が何故、恋愛。

「恋愛小説って顔かよ」
 とか言わないでねっ
 コンプレックスが執筆の燃料です。

 あと、新刊なしで既刊のみ。
 既刊をいくつか完売させて、本の種類を減らしたい〜
 みなさまご協力お願いします。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:46| 同人活動 | 更新情報をチェックする

今日マチ子「みかこさん」感想

 ネット上で連載されていた今日マチ子の「みかこさん」が最終回を迎えた。
 5年近くやっていたのかー 長く感じる訳だ。
 思春期と受験生が永遠に続くような息苦しさがありました。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:24| 読書 | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

ヘイトスピーチ(憎悪表現)

 朝鮮学校周辺でヘイトスピーチをした人たちに対して、賠償命令が出ましたね。
 その理由が、
「人種差別撤廃条約が禁止する人種差別に該当し違法」
 だったのにちょっと驚きました。

「差別する」
 というのは、
「電車でお年寄りに席を譲らない」
 というようなことと同じように、非難・軽蔑されるだけで、法律で縛られるものではない気がしていた。

 しかし世界の人種差別(南アフリカのアパルトヘイト等)のことを考えれば、確かに自主的な良心なんぞに頼っちゃいられないよなー
 自分の人権意識の甘さを感じる。
 私ものんきだったし、日本ものんきだった。

 もちろん日本にも昔から差別はあったけど、こんなにあからさまにはやらなかった気がする。
 それだけ不満のはけ口を求める人が増えているということだ。
 自分を不幸にしているものが本当は何か、しっかり見つめて欲しいものです。

 話はそれるが、「ヘイトスピーチ」ではなく「憎悪表現」という単語を使って欲しいなぁ、と願うオーウェルファンの私であった。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:36| 社会 | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

こうの史代「この世界の片隅に」感想

 こうの史代の漫画を初めて読みました。
 いやー、面白いですねー!!
「戦争中の広島の話」
 なのだけど、この設定で普通の人が想像するのとまるっきり反対の雰囲気。

 かなり凝った描き方をしているので、サクサク読みたい人には向いてないかも。
 幻想かと思ったら現実だったり、現実かと思ったら幻想だったり、南北朝時代の武将が突然エプロンをして現れてご飯を炊き始めたり……
 一度読んだだけでは意味の分からなかったシーンが、二度目でようやく理解出来たり。
 精巧な工芸品のような作品で、漫画を丁寧にじっくり味わうのが好きな人にはたまらない。

 天然ボケの主人公すずと、優しいけれど秘密のある旦那さんの、不器用な恋も素敵。
 子どもの頃から漫画をたっぷり読んできた、真の漫画好きにおすすめしたいです。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:48| 読書 | 更新情報をチェックする