2014年02月09日

アンディ・ウォーホル展

 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)で開催されている「アンディ・ウォーホル展」に行ってきました〜
 大雪の中……ではなく、晴れていた金曜のうちに。
 平日の割には混雑してたなー
 土日しか行けない人は大雪の間に行っておいた方が良いかも?
(交通機関が麻痺したり、道が凍って滑るかもしれないのでご注意を)

 キャンベル・スープ缶やマリリン・モンローを描いた、いかにもウォーホルらしい作品から、商業デザイナーをしていた頃のイラストや実験映画など、なかなか見る機会のないものまで、たっぷりそろっている。

 一番印象的だったのは「銀の雲」という一つの部屋をまるまる使った作品。
 でかい枕のような銀色の風船がフワフワいくつも浮いていて、無重力状態の宇宙飛行士みたいにゆっくりゆっくり室内を巡っていく。

 私以外のお客さんは風船よりも窓からの眺めに夢中で(何しろ53階。そして天気も良かった)
 上空から見た東京の街と、人のシルエットと、銀の雲が重なる。
 その奇妙さ。滑稽さ。美しさ。
「写真に撮りたい〜!!」
 撮影禁止だったのが非常に残念でした。

 「絶滅危惧種」という作品も良かったな。
 動物保護団体に寄付をするために作られたらしくて、馴染みやすく飾りやすい画面構成。
「これ絶対高く売れる!」
 と思った。

 おそらくウォーホルは、
「どんな層に、どのようにウケるか」
 を完全に予測しながら作品を制作することが出来たのではないか。

 インテリ層にはこれ。お金持ちにはこれ。大衆にはこれ。
 そういうコントロールもアートとして楽しんでいた気がする。

 ウォーホルが出演していたビデオテープのCMも見られるようになってました。
 1983年に日本のテレビで流れていたの。
 私、すごくよく覚えてるんだ。

 その頃私はまだ子ども(7歳)だったから、この人が誰なのかなんて全然知らなかった。
 でも、外国人が独特のアクセントで、
「ぐんじょういろ」
 と言うのが衝撃的だった。
 学校でも男子がふざけてモノマネしていた記憶がある。
 
 このCMの主張とも重なるけど「色彩の鮮やかさ」はウォーホル作品の大きな特徴だ。
 けれども今回の展示で私が最もうっとりしたのは、白地に黒い線で描かれたシンプルな絵だった。
 けったいなアイデアを人々に受け入れさせてしまった、迷いのない優雅なライン。

 不思議だったのは、ウォーホルは現代文化の虚しさをこれでもかこれでもかと描いているのに、ウォーホルの作品はちっとも虚しくないのだ。
 むしろ充実している。
 おそらくウォーホル自身も虚しさなど感じてなかったように思う。

 本人が何を思うかに関係なく、ウォーホルは現代の本質をつかむ方法を知っていた。
 それを表現する技術を持っていた。

 ぼくの絵に対する本能は「考えないのが正しい」というもの。
 決めたり選んだりしなければならなくなると、もう間違っているんだ。


 アメリカの美しい虚しさを知りたければ、六本木ヒルズへ。
 舞台もぴったりだね。

(黄色い字は掲示されていたウォーホルの言葉からの引用です)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:46| 美術 | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

バルテュスが来るわよ〜

 本人は来ませんが(2001年に93歳で亡くなっている)
 作品が日本に! 東京に!!
 うぉぉ、楽しみだな〜

「バルテュス展」
会期  2014年4月19日(土)〜6月22日(日)
会場  東京都美術館(JR上野駅「公園口」より徒歩7分)
開室時間 9:30〜17:30(金曜は20:00)入室は閉室の30分前まで
休室日  月曜日、5月7日(水)
(ただし4月28日(月)、5月5日(月・祝)は開室)
公式サイトはこちら

 この人の絵の魅力をどう言えば良いんだろう、と悩みつつ上のページを見ていたら、アラーキーがすごく的確な言葉を書いていた。
「エロシュール」
 そう、そうなのよ!

 明らかにエロいんだけど、決して触れることなど出来ない神聖な雰囲気もあって、良いんです〜
 って印刷と画像でしか見たことないんだが。
 アラーキーの少女の写真や、ベルギーの画家デルヴォーの作品にも共通した空気がありますね。

 春には本物をじかに見られるんだ。
 うぉぉぉ!!
posted by 柳屋文芸堂 at 01:39| 美術 | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

スコラ 坂本龍一 音楽の学校

Eテレ
2月6日(木) 午後11:25〜午後11:55
スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4
「“日本の伝統音楽”編」(1)
公式サイトはこちら

 という番組をやるそうなので、誰か私の代わりに見て!!
(うちにはテレビが無いので見られない)
 同じ内容(たぶん)のCDとブックレットがセットになったものが発売されるようなので、そっちを買うかも。
posted by 柳屋文芸堂 at 20:26| 音楽 | 更新情報をチェックする

作品そのものを見よ

 耳の聞こえない作曲家が実は代作してもらっていた、というニュースが盛んに流れてますが……
 作曲家がどんな人間か、なんてどうでも良いじゃん!!
 その曲がどれだけ心を動かす力を持っているか、だけだよ。

 たとえば、
「伊藤計劃は実は生きていた。円城塔との感動秘話は巧妙な作り話」
 だったとしても、私の「虐殺器官」や「ハーモニー」への評価は1ミリも変わらない。
 元気な人があんなギリギリの作品を書くなんてすごいなー とは思うだろうけど。

 作品が生まれる経緯、というのは作品の「おまけ」みたいなものである。
 ついでに言うと「作品に対する他人の評価」もおまけだ。
 一番大事なのは「作品」と「それを鑑賞した自分の心」の関係。
 このニュース以外でも、おまけばかりに注目する人が多くてうんざりしていたので記事にしてみました。
posted by 柳屋文芸堂 at 20:03| 音楽 | 更新情報をチェックする

赤いパンツ

 私は真っ赤なパンツを持っている。
 ズボンをパンツと呼んだりしませんよ。
 私がパンツと言ったら下着のパンツです。

 着替えの途中、この真っ赤なパンツ一丁でいるところをDちゃんに見られてしまった。
「キン肉マンみたいだね。
 リ〜ング〜に〜♪
 ってテーマ曲が頭の中で流れたよ」

 この記事を書くために「キン肉マン」を画像検索したら、本当にそっくりだった(※肉はユルユルです)
 コスプレするつもりで買った訳じゃないのだが。
 赤いパンツをはいたら、元気になりそうな気がしたのだ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:54| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

フライドチキンの恵方巻

 節分の日の夕方、急行で隣の駅に行ったら、恵方巻販売で改札前が大騒ぎ。
 そこはいつもケンタッキーフライドチキンが店を出している所なので、
「ほぐしたチキンを具にした恵方巻だったら美味しそうだなー」
 なんて思いながら前を通った。

 ……という話をDちゃんにしたら、
「真ん中に入っているのは骨付きチキンかもよ?」
 想像するだけで前歯が折れそう。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:02| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

岡本太郎「今日の芸術」←本

 今日の芸術は、
 うまくあってはいけない。
 きれいであってはならない。
 ここちよくあってはならない。


 岡本太郎にハマっています。
 激しい絵の印象が強いと思いますが(現在30歳以上の人は「時々テレビに出てくる奇人」のイメージか……)彼の文章は冷静・明快・論理的でびっくりするほど分かりやすいです。
 この本では「芸術を味わうこと」「表現すること」について情熱的に語っています。

 まず現代美術について、

 芸術はナゾナゾではない。

 「いい」と思ったとき、その人にとって、そう思った分量だけ、わかったわけです。あなたはなにもそれ以外に、わからない分など心配することはありません。

 私はこの言葉を読んで、
「あなたは間違ってないよ」
 と言われたような気がした。

 絵は好きだけど、抽象画やシュールレアリスムは難しくて苦手、という人は多いんじゃないかな。
 何が描いてあるか分からなくても、全ての謎を解く必要なんてない。
 何か感じたらそれで良いんだ。

 岡本太郎は「芸術」と「かつて芸術だったものを模倣したもの」を区別します。
 多くの人を安心させる商業デザインなどは後者。
 心をぐらぐらさせるものが芸術だから。

 もちろん快適な生活のためにはそういうデザインも必要だけど、問題なのは、芸術の模倣なのに、芸術のような顔をして権威になっているもの。
 かつて芸術だったものの「型」だけを真似しても、それは芸術ではない。
 現実や自分を直視し、それらと対決して表現されたものだけが、人の心を動かす。

 表現欲は生命力だと岡本太郎は言う。
 誰もが身のうちに持っているもので、評価されるかどうかは無関係だ。
 その証拠に、多くの子どもが喜んで絵を描く。

 大きくなるにつれ描かなくなるのは、絵はうまくないといけない、という考えに縛られるようになるせい。
 良いとされる絵を真似するのではなく、自由に描かなければ。
 
 たとえ現在、自由に描けなくたって、それでもかまわない、というほどの自由感で、やってみなければなりません。

 そして、芸術を味わうこともまた「創造」と言える。
 感動を引き出し、精神を豊かにし、自分自身を「作る」から。
 若さは年齢のことではなく、権威を乗り越え、自らも固定せず脱皮し続けられるかどうかだ。

 ざっくりと私なりに内容を要約してみました。
 この本の魅力が少しでも伝わると良いのですが。

 芸術(美術だけでなく音楽、文学、演劇など何でも)に少しでも興味のある方なら楽しめると思います。
 岡本太郎の美術作品よりはずーっと親しみやすいはず。
 私は彼の絵と文章、どっちも大好きだけどね!

(黄色い文字の部分は本文からの引用です)
posted by 柳屋文芸堂 at 11:20| 読書 | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

頑張れ任天堂!

 任天堂が「健康」をテーマにした新規事業を考えているそうで、期待しています。
 何しろ今でも毎日「Wii Fit」でヨガをやってますから。
「開始してから2224日目」
 とか出てくる。

 ヨガをやるようになってから、肩こりにならないし、肩こりが原因の頭痛にもならない。
 冷え性も少し改善した気がする。
 Wii Fit大好き!

 でも売上には全然貢献出来ないんだよね……
 ずっと同じハードとソフトを使ってるだけだから。
 苦境の任天堂を救いたいのにっ

 頑張れ岩田社長!
 困ったら岩田社長個人の写真集を出してくれ(買います)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:25| ゲーム・おもちゃ | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

nachu caféと楽風

 お友達が連れて行ってくれたカフェを二つご紹介。

【nachu café(ナチュカフェ)】
 茨城県つくば市の、田んぼやレンコン畑(沼)の続く広々とした場所に、唐突に存在するカフェ。
 外観は古いアパートのようで、友達の紹介でなかったら入店をためらったと思う。
 個人の部屋の入り口みたいなんだもの。

 でも中は、おしゃれカフェだった。
 パリで修行してきたシェフとパティシエが作っているので、料理・お菓子ともに味が上品。
 と言っても気取った感じじゃなく、素材の味を活かしている。

 正直、味よりも外観と店内のギャップの方が印象的だった。
 水戸にも美味しい店が多かったし、茨城、侮れないな……
 つくばエクスプレスの「つくば駅」から車で15分くらいです。
 紹介記事で分かりやすかったのはこちら

【楽風(らふ)】
 お茶屋さんがやっている、和風カフェ。
 JR浦和駅から徒歩10分くらいのところにある。
 明治24年築の納屋を改装したそうで、どっしりした瓦屋根や民家風の庭など、落ち着いた雰囲気。

 メインは日本茶で、お湯が用意してあるので何杯も飲めます。
 居心地が非常に良くて、2〜3時間ここでしゃべっていた。
 この店の紹介記事はこちら

 浦和の人は食にうるさいらしく、
「美味しくない店は自然につぶれちゃう」
 とのこと。
 経営する方にとっては恐ろしい街だな……
 行く側としては「当たりが多くなる」訳で、羨ましい。

 こういう個性的なお店を大事にしたいですね。
 連れて行ってくれてありがとう♪
posted by 柳屋文芸堂 at 23:28| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

どうにかして欲しいべあ

 「ベア」が「ベースアップ(基本給昇給)」の略だとつい最近まで知らなかった。
 ニュースで「ベア」と聞くたび「ベルトコンベア」が思い浮かび、ゴトゴトと何かがどこかに運ばれていった。

 意味が分かった後も、この略し方はいまいちなんじゃないかという気持ちが消えない。
 ベルトコンベアと一緒に、熊も出てくるからかもしれない。

 春闘でベースアップを要求するというけれど、それより労働時間を短縮して欲しいなぁ。
 Dちゃんまだ帰って来ないもの(午前4時)

 のり子がロータンを要求!
 一人寂しく。
posted by 柳屋文芸堂 at 04:00| 社会 | 更新情報をチェックする