2014年06月13日

自分にとって本当か

 菅原一剛さんの写真教室に通っていたことがある。
 そこで繰り返し言われたのは、
「自分にとって本当か」
 ということ。

 たとえば。
 木漏れ日が綺麗だな、と思って木の写真を撮ったとする。
 デジカメの画面で確認すると、おかしいな、自分が見たのと違う。
 もちろん形は幹と葉っぱで同じだけど、キラキラ眩しい光が撮りたかったのに。
 まあいいや。

 ……ってなっちゃダメ! ってこと。
 もし木漏れ日の美しさが撮りたくて、それが画面に写っていなかったら、そのことを忘れてはいけない。
 写したいものを写すためにどうすればいいか、考えなければいけない。

 菅原一剛さんは木漏れ日を写すために、大昔の技法である「湿板写真」を試みた。
(坂本龍馬とかの写真はたぶんこのやり方)
 当然カラーではないので「緑の木」は「黒い木」になり、色の点では「本当」ではなくなる。

 しかし湿板写真は木漏れ日の眩しさをしっかりととらえる。
 現在では余分とされる光も全て受けてしまうから。
 この「眩しさ」こそが「自分にとっての本当」で、それを何よりも大事にしなければ。
(菅原一剛さんの湿板写真のエピソードはこちらで読めます)
 
 私はいつも文章を書いている時に、
「自分にとって本当か」
 と頭の中で繰り返す。
 何となく感じのよい言葉の流れを選んでしまって、本当に言いたかったことからずれていないか?

 あるいは。
「登場人物にとって本当か」
 ストーリー上、言ってくれなきゃ困るセリフ。
 この登場人物に言わせるのは不自然じゃないか?
 この登場人物に本当に相応しい言葉か?

 写真教室で文章書きの方法を教わるというのも、不思議なものだけれど。
 でも一番役に立っている。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:29| 執筆 | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

価格未定「高橋とエロ本」

 ※「価格未定」というのは作者の名前です。

 福岡ポエイチでもっとも印象的だった本は、
「高橋とエロ本」
 だ。私だけでなくポエイチ参加者のほとんどにとってそうだったのではないか。
 それくらいすごい。

 上流にエロ本流す人がいる 下流に拾う高橋がいる

 このように(おそらく童貞の)高橋とエロ本の関係が、短歌でつづられる。

 エロ本を隠す岩陰 巷ではここは「高橋塚」と呼ばれる

 短歌のすぐ横に、岩のイラストが添えられている。
 その数ページ後、

 「エロ本を隠す岩場」というよりは「岩場を隠すエロ本」となる

 イラストは、エロ本でいっぱいになった先ほどの岩……

「高橋ぃ〜!!」
 と叫びながらゲラゲラ笑って最後のページまでたどり着くと、読者は驚愕の事実を知ることになる。
 この作者の価格未定さんは女性で、イラストを描いているのはその旦那さまなのだ!!
 何か、新しい愛の形を見せつけられた気がする。
posted by 柳屋文芸堂 at 16:18| 読書 | 更新情報をチェックする

文学少女のステイタスシンボル

 風邪はノドの痛みから痰と鼻水に拡大中。
 発熱に行く前に引き返してくれ。

 洗面台でペッとやったら、赤い。
「血痰?!」
 で、直前に食べた朝ごはんがトマトパスタだったことを思い出す。

 昨日の夕飯が、ナスとズッキーニと赤ピーマンを入れたトマトパスタと、ジェノベーゼであえたじゃがいもといんげんだったのです。
 その残り。

 野菜の力でウィルスと戦うのだ。
 感染した後じゃ手遅れかな……
posted by 柳屋文芸堂 at 11:33| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

自分用料理メモ

 ジェノベーゼ(バジルのソース)は松の実ではなくクルミでも作れる。
 松の実を使うのは鮮やかな緑色を出すためなのかな。
 クルミは多少茶色い皮が入るけど、味は全く問題ない。
 なーんだ。
 松の実を切らしていてクルミが余っている時はこちらで。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:01| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

予想通りの展開

 風邪引いた……
 旅行疲れより、自宅のエアコンから出てくる風にやられた気がする。

 みなさまもお体に気をつけて。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:29| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

イベントページ更新

 ポエイチが終わったのでイベントページを更新しました。

 オカマ先生の恋愛レッスン
 秘密
 ど素人「お洋服」談義
 泥の小舟

 が完売というか完配。
 新刊「邯鄲」も一時的に品切れで、文学フリマ大阪までに再版する予定です。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:44| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

福岡ポエイチ

 福岡ポエイチ行ってきました〜!
 楽しかったぁ!!
 お世話になったみなさま、本当にありがとうございます。
 昨日の早朝に出て今日の夜帰ってきただけなのに、一週間くらい家を空けた気分……

 イベントレポートや旅行記は追々書いていく予定。
 とりあえず今晩は寝るー

 飛行機やら電車やら舟やらに揺られ、あちこち歩きまわってホテルで寝る以外ほとんど体を停止させなかったため、トイレに座ると地震が来たような錯覚を起こす。
「今、揺れた?」
「揺れてないよ」
 揺れているのは私の脳か神経だ……

 おやすみなさい。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:01| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

いよいよ明日! 九州初上陸!! ひゃっほーっ

第3回 福岡ポエイチ

【開催日】 2014年6月7日(土)
【開催時間】 12:00-17:00
【料金】 入場無料
【内容】 文学系同人誌の展示即売会および交流会
【場所】 リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1F 2コ1多目的スペース
     福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分
     冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

poeiti3l1.jpg poeiti3l2.jpg

※福岡ポエイチは6月7日、8日の2日間開催されますが、私が出展するのは7日のみです。

**********

 新刊「邯鄲」

 今度の恋は、職人とお嬢さま。

 製紙会社の社長令嬢、春子は、昔ながらの手すきで和紙を作る職人、治とお見合いすることになる。
 ひたむきに仕事に打ち込む治に春子は惹かれてゆくが、治の挙動はどこかおかしい。

 私を嫌いになった?
 頭の中でつぶやくだけで涙がこぼれる。短大の同級生はみな私より美しく、相談したらみじめな気持ちになりそうで、誰にも打ち明けられなかった。


 春子は治に会うために、暗い夜道に飛び出した。

 和紙の町を舞台にした、レトロ風味ラブストーリー
 「お給金」「愚連隊」「破廉恥」なんて言葉を使っちゃったよ!!
 A5、36ページで無料です。

 ※能「邯鄲」の翻案小説ではありません。ご了承を。

 頒布物一覧

**********

 福岡市近辺にお住まいの方はぜひ。
 お会い出来るのを楽しみにしています♪
posted by 柳屋文芸堂 at 11:00| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

青いバナナ

 自然食品の店に沖縄産の青いバナナがあったので「珍しい!」と思って買ってみた。
(普通売っているのはほぼ100%外国産)

 しかし数日置いておいても全然黄色くならない。
「これはこういうものなのかな?」
 と食べてみることにしたら、まず皮が固くてむけない。

 無理やり皮を削り、どうにか出て来た先端をかじってみたら、
「シブぅ〜 ぺっぺっぺ」
 渋いバナナなんて初めて食べた。

 アホか! と思われるかもしれないけど、あんなに青いバナナ見たことなくて。
 あれ、ただ置いておくだけでちゃんと熟すのだろうか。
(ちなみに緑色の意味の青です。空色とかじゃないよ)

 うーん、明後日九州に行くのに……
 帰ってきたら虫まみれ、とかだったらどうしよう。
 Dちゃん、留守中のバナナ管理よろしく。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:38| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

福岡ポエイチ新刊完成

 福岡ポエイチ新刊「邯鄲」完成しました。
 印刷トラブル一切なしでホッ
posted by 柳屋文芸堂 at 00:12| 同人活動 | 更新情報をチェックする