2014年09月30日

カミングアウト

 別の先生のところで三味線を習っている知人が、
「会社の人たちに三味線のことをカミングアウトしてさー」
 と言うのでびっくりしてしまった。

 私は子どもの頃から人の目に触れる場所で楽器をやる機会が多かった。
 夏祭りで和太鼓を打ったり、吹奏楽部員として運動会で演奏したり。
 だから周囲の人がそれを知っているのは当然で、隠そうなんて意識はまるでなかった。
 「勇気を出して表明」したりしない。

 確かに自分の趣味について知られると面倒な場面ってあるかもしれない。
 私がそれを感じるのは、楽器ではなく小説書きの方。

「こういう設定で書いたら?」
 と提案されたり(自分で書いてくれ!)
「何故無頼派のような生き方をしないのか」
 と責められたり(無頼派のような生き方をして、無頼派のような小説を書いても、もう無頼派の小説は十分存在している。自分のやり方を見つけるのが大変なんじゃないの……)

 家族にも創作のことは内緒にしている、という人もいます。
 私はBLまで全部Dちゃんに読ませちゃうので驚かれる。

 母親にはずっと言わないつもりでいたけど、文学賞を取った時に隠しきれなくなった。
 全然有名じゃない賞だったので、
「だまされてるんじゃないの?!」
 と心配された(そりゃあね)

 小説を読ませると、
「いくつか良い点もあったけど、あらかた書き直してやりたいわね」
 とか言ってくるので最近は見せてない。

 趣味も性的指向も、人からゴチャゴチャ言われる原因になりやすいんですな。
 自分にとってそれが大切なことだからこそ、内緒にしておきたい。
 「カミングアウト」という深刻な単語を持ち出すのも、それほどおかしくないのかもしれない。

 もし小説書きに興味があるなら、
「まず自分の生活について事細かに教えてくれ〜 登場人物にリアリティ出すのに使うから〜」
 と思う。
 みんなそう都合よく動いてくれないですね。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:28| 言葉 | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

博物館で美を味わう

 大阪旅行、何か書き忘れたことあったかな〜 とメモを見てみたら、

「芸術家が作るから芸術なんじゃない。
 誰が作ろうとそこに力さえ感じられたら芸術なんだ」

 という叫びが。
 民族学博物館でオセアニアの仮面を見た時に書いたもの。

「惹きつける力が強過ぎて展示室から出られない」

 とも。

 博物館というのは「美しいものを見る場所」というより「文化を学ぶ場所」だと思うのだけど、民族学博物館は視線の動かし方によって美術館としても十分楽しめる。
 何しろ展示品が多いから、色んな見方が出来るのだ。

 有名でもなんでもない「誰か」の作品。
 人々の暮らしと祈りの中から生まれた美。
 その魔力。

 遠い国のものなのに、自分の中にもあるような気がした。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:38| 美術 | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

おっぱいカプレーゼ

1、ミディトマト(ミニトマトと大きいトマトの間くらいの大きさのトマト)のヘタを取り、1センチほどの厚さに切ります。
2、ひとくちサイズのモッツァレラチーズ(北海道日高乳業のものしか知らないけど、他にもあるのかな……)を半分に切ります。
3、半球型になったチーズをトマトの上に二つずつ並べます。
4、オリーブオイルと塩をかけて完成です。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:05| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

礼儀正しい巨乳好き

 巨乳についてのツイートを読んでいたらこんな時間に。

 そもそものきっかけは文学フリマ大阪のイベントレポート。
 事務局が用意してくれたレポート置き場(このページ)の32番目に、こんな文章が投稿されていた。

 僕は第一回の文学フリマ大阪における文学女子の巨乳の多さに感動し、巨乳女子に関する調査を始めました。
 巨乳に恋する青春を過ごした僕にとって巨乳に対する愛情は多くのものを生み出してきたと思います。
つまり僕にとって巨乳とは、文学なのです。
 とはいえ、そんな巨乳本を文学としないという意見もあることでしょう。しかし、イベントではそのような指摘する方もおらず、暖かく迎え入れてくれた方が多くとても嬉しかったです。持ち込んだ新刊も全て無くなり、幸せでした。

(サークル名:めるの。)

 何だこの礼儀正しい文章。
 男が巨乳について語る時、必ず下卑た言葉を使うように感じていたので、びっくりした。
 興味を感じTwitter(ここ)も見に行ってみたら、これも面白い。

 巨乳女子にとって辛いことは日々、いろんなところで起きていて、痴漢もなくならないし「こんな乳なんていらない」と思ってしまう巨乳女子がいることが辛い。

 僕に出来る事、やることはは宇宙一の巨乳好きであり、宇宙一巨乳に優しくあることと、巨乳に優しくなれる人を増やすこと、ですわ。


 そうそう。胸の大きな女の人たちは思いのほか苦労していて、
「いいな〜」
 と羨ましがると複雑な顔をされる。
 肩が凝ったり(ブラジャーのせい?)全然好きじゃない男から性的な対象として見られたり、得することより損することの方が多いらしいのだ。

 赤ちゃんが生まれ、お乳をあげるようになってようやく、
「本来の目的のために使えた」
 と満足したりする。

 巨乳について調べているうちに、そういう巨乳女子の苦悩も集めちゃったんでしょうな。

 実際、前向きになれたと言ってくれる巨乳女子や、巨乳女子の悩みを知れて巨乳女子に優しく出来た、とかそういう話を頂いているので巨乳活動やっててよかったなと本当に思う。

 何だよ巨乳活動って!
 まあ確かに「〇〇リブ」のような印象を受ける。
 巨乳解放運動。

 僕の活動はもちろん、男の子、女の子、全員に向けて巨乳に関するあらゆることを紹介しています。
 それは、乳に興味がある未成年の男女も同じ。健全な部分で、いろんなことを知って欲しいなと。
 だからこそ、R-18的な内容は避けたい。


 だそうですよ。真面目だなぁ。

 この人の本、買えば良かった。
 全てのサークルを見て回れた訳じゃないので。
 おかま研究本は買えたのに(これも真面目で面白かった!)巨乳考察本を見逃すとは……
posted by 柳屋文芸堂 at 04:36| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

ありがとうございます

 文学フリマ大阪で一緒だったまりもさんが、私の作品の感想を書いてくださいました〜!!

 第二回文フリ大阪感想祭り☆その2

 おそらくほとんどの小説書きがそうだと思うのだけど、自分の小説に出てくる登場人物って、本当に大切なものなのです。
 大切なものを、大切に扱ってくれたら、それはもうジーンとしちゃうよね。

 私の想像を受け取り、そこからさらに想像してくれたこと。

 まりもさんに感謝。
 まりもさんと親しくなれたことにも感謝。
 同人活動バンザイ!
posted by 柳屋文芸堂 at 02:58| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

婚外子差別 一人っ子差別 専業主婦差別

 私は婚外子だ。
 戸籍の父の欄が空欄ということ。
 ついこの間まで遺産相続の割合が婚内子より少なかったけれど(改正されたようです)
 普通に暮らしている時に「婚外子だから」という理由で差別されることはほとんどない。

「婚外子なんだ」
 と言うと相手が戸惑うことが多いので、心の底ではけっこう差別しているのかもしれない。
(その反応で相手の器の大きさを計れるから便利)

 しかし、
「婚外子を差別するのは非常識なこと」
 という意識が広まっているので、表面に出て来ないのだ。
 人種差別や障害者差別のようなものですな。

 私が子どもの頃に強く感じたのは、婚外子差別ではなく一人っ子差別。
 ひ弱だとか勝手だとか、一人っ子を悪く言う言葉にぶつかることは本当に多い。
 自分以外の一人っ子を見ていて、そんなに弱くないしわがままでもないじゃん、と思うんですけどね。

 何より一人っ子なのは本人にどうにか出来ることではないし、親も100%コントロール可能ではない。
 努力で解決するものでもないのに、なんで悪口を言われにゃならんの、としょっちゅう腹を立てていた。
「一人っ子を差別するのは非常識なこと」
 という意識が浸透していないのだ。

 結婚後に感じるようになったのは、専業主婦差別。
 これも差別問題があるということが世間で認識されていない。
 たびたび馬鹿にされ、時々羨ましがられたりする。
 訳が分からない。

 専業主婦をこき下ろすことが、会社勤めをしている女性を応援することになるとでも思っているのだろうか。
 単純に褒めたいものだけ褒めたら良いじゃないの。

 差別を無くすことは難しい。
 というか、はっきり「無理だ」と私は思っている。
 けれども、
「差別を口に出さない。行動に移さない」
 というだけで、不愉快な思いをする回数はずいぶん減る。

 意識の問題なのだ。
 とりあえず上っ面だけで良いから平等主義者になってくれ。
 中身はこちらの基準で差別しますから。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:31| 社会 | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

新刊を用意せよ。さもなければ……

 同人誌即売会の、
「新刊を用意せよ」
 という圧力が嫌だなー と思う。

 もちろん新刊を出すために自分で自分を鼓舞するのは構わない。
 でも、どれだけ時間がかかっても納得出来るものを作りたい、という人もいる訳で、そういう人の「既刊を売る機会」を奪うことはないと思う。

 もう一つ気になるのは、新刊にこだわるあまり、長い作品を作れなくなっている人がいるんじゃないかということ。
 同人誌即売会に沢山参加して、毎回新刊を用意するためには、短いものを書くのが一番手っ取り早いもの。

「面白い作品を書けよ」
 というのは不文律で言っちゃいけないことになっているのに(でも私が一番言いたいのはこれだ)
「新刊出して」
 なら言って良いのは何故なんだろう。

 数をこなせば詩や小説や評論は面白くなるのだろうか。
 言葉ってそんな単純なものだろうか。

 好きなペースで、好きな長さの作品を、好きな時に売る。
 アマチュア文芸に本来あるはずの自由を、もっと大切にしようよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:35| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

三浦三崎港・城ヶ島紀行

 今日はDちゃんと一緒に三浦に行って来ました。
 まずは三崎港の三崎食堂でまぐろ三昧定食!

R0026070.JPG
↑なめろう

 ここまでは前回の旅(この記事)と同じ。
 今回は三崎の先にある城ヶ島へ行ってみることにした。
 城ヶ島は島ですが、橋があるので三崎港からバスが通ってます。

R0026075.JPG
↑バス停で撮った写真。背景は港。

 十分ほどバスに揺られ、島の西端に近い「城ヶ島」というバス停で下車。
 ここから城ヶ島灯台に向かいます。

 灯台の周りは公園になっているのですが……

R0026079.JPG

 国が滅びた後のお城みたいな風情。
 ある意味ロマンチック。

 ここを抜けると、岩だらけの海岸に出ます。

R0026087.JPG

 この岩が面白いのですよ〜

R0026093.JPG

 地層がくっきりと分かるの!
 普通は地べたの下(あるいは海底)にあって見えないものが、地震で地盤がずれて出て来ちゃったんですな。

 Dちゃんと私は大学時代、地学実習でここを訪れたことがあるのだ。
 その時にはまだお互いのことを知らなかったのだけど。

R0026094.JPG
↑割れた後もくっきり

 このデコボコした岩場をお散歩。
 時々見られる植物も可愛い。

R0026105.JPG

R0026126.JPG

 せっかくだからと島の東端にある城ヶ島公園にも行ってみた。
 歩くと大変なので、バスで。
 最寄りである「白秋碑前」バス停まで「城ヶ島」から3分ほど。
 公園の目の前に停まるのかと思ったら、けっこう遠かった。

R0026128.JPG

 これは公園内の斜めに生えた松。
「マイケル・ジャクソンっぽい」
 とDちゃん。確かに。

 この公園はとにかく猫が多くて驚いた。
 小さくて分かりにくいけど松のそばに写ってます。

 ここからまたバスで三崎港に戻り、再び三崎食堂へ。

R0026143.JPG
↑窓から見える夕日

 夕食は前回食べ損ねた、マグロかま塩焼き定食!!

R0026147.JPG

 大と小があって、小を頼んだのに、デカい。
 大はどんななの……
 刺身にする部分とは違う、とろんとした食感で、美味しい。

 十分過ぎるほど満腹になり、帰る段になって、
「お寿司も食べたかったな」
 とDちゃん。

 三崎食堂のメニューにはお寿司がない!!
 何も考えずに同じ店に二回来ちゃったよ。
「ごめーんっ」
 刺身も寿司も同じような気がしてた。

 寿司屋も調べておけば良かったね。
 また次回、ということで。

R0026150.JPG
↑バス停から見える灯台の光

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:09| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

阪急京都本線

 大阪から京都に移動するため阪急京都本線に乗ったのだけど、妙に車両が豪華だった。
 車体は落ち着いた茶色で、レトロな光り方をしており、内装にも木をふんだんに使っている。

 一番気に入ったのは、立っている時、お尻のちょうど良い場所にクッションがあたるようになってるの。
 座れなくても疲れない〜
 関東の電車でも採用してくれないかな、これ。
posted by 柳屋文芸堂 at 20:29| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする

京都和久傳

 せっかく関西に行くのだから、関西らしい料理が食べたい、と思った。
 前回の大阪旅行では串カツとねぎ焼きを食べた。
 さて、今回はどうしよう。

 国立民族学博物館の場所を調べると、京都駅から行くルートが出て来る。
 そうか、京都もそんなに遠くないのか。
 京料理……

「京料理は味が薄くて私には合わないかなぁ」
「そうでもないと思うよ。一度ちゃんとしたのを食べてきたら?」
 とDちゃん。

 京料理といえば、坂東玉三郎が通っているという「和久傳(わくでん)」という店に憧れていた。
 和樂ムック「坂東玉三郎 すべては舞台の美のために」という本の中で玉三郎は、
「あれほど素直に身体に入ってくるお料理はなかなか無い」
 と和久傳を絶賛している。

 ページの端にある店の情報を見ると「夜は25000円〜」
 まあ玉三郎ならポンと払える金額なのだろうけど、ただのおばちゃんである私が一人でこんな贅沢をするのはちと辛い。
 うーむ。

 それでも一応、と和久傳のホームページ(ここ)を見てみたら、なんと!
 京都駅直結の伊勢丹に、支店を出している……!
(京都和久傳。本に出てくるのは高台寺和久傳)

 食べログで調べてみると、伊勢丹の支店は値段設定が少し低くなっており、それでいて点数はかなり高い。
 これは期待出来るかも。
 同人誌を印刷しながらお店に電話。
 予約取れた。ラッキー!!

 という訳で、国立民族学博物館から京都に移動し、和久傳で夕ごはん。
 ドキドキする。

R0026056.JPG

 席に通されると、まずウェルカムドリンクっぽく小さな器でお茶が出てくる。
 香ばしい玄米茶みたいなの。
 もうすでにこれが美味い。

 川端康成「眠れる美女」の中に、供されるお茶の質で店のレベルを判断する場面があったなー と思い出す。
「川端はそういうところがイヤミよねっ」
 と友人が言っていたことも。

R0026057.JPG

 なすとかつお(写真だとなすが見えませんが)
 ごめんなさい。料理の名前を逐一メモした訳ではないので、雑な説明になります。
 かつおは刺身で、なすはダシで煮て冷やしてある。

 このなすがたまらない。
 全体に味がしみていて、でもさっぱりしている。
 うま〜

 あまりにも美味しくてDちゃんが恋しくなる。
 一人じゃなく、二人で食べたかったよ……
(これだと死んじゃったみたいだな。生きてます)

 飲み物を頼まなかったので、ほうじ茶を出してくれた。
 これも美味い。
 加賀棒茶に似た優しい味。
 こういうお茶を出してくれる店ってなかなかない。

R0026058.JPG

 豆腐と湯葉、松茸のお吸い物。ゆず風味。
 ちょっととろみがついている感じで、お吸い物という呼び方ではなかったはず(何だろう?)
 ダシが薄いのに美味い。いったいどうやってるんだ。

 高級で上品なんだが具沢山で家庭的。
 ホッとする味。というか汁の熱が体に移って暑くなってきた。

R0026060.JPG

 焼いた鱧(はも)と万願寺(まんがんじ)とうがらしと銀杏。
 万願寺とうがらしは大きなししとうのような野菜で、辛くはありません。

 鱧ととうがらしを同時に口に含むと、うま〜
 手前がゆず、奥が甘いしょうゆ味。

 万願寺とうがらしは関東でも手に入るけど、鱧はほとんど馴染みがない。
 外食で何度か食べたきり。
 家では絶対やらない組み合わせなので、嬉しい。

R0026061.JPG

 天ぷら。
 どうしたらこんな風に出来るの? と聞きたくなるほどサックサク。
 天つゆではなく塩でいただくのも好感が持てる。
(つゆをかけると衣がぐちゃっとしちゃうので好きじゃない)

 エビのすり身を詰めた椎茸、の椎茸が肉厚でめちゃうま。
 調味料の味ではなく、椎茸の味が濃いんだ。
 こんなにも椎茸は椎茸だったのか……
 全身を椎茸の香りでいっぱいにして食べた。

 美味し過ぎてだんだん申し訳なくなってきた。

R0026062.JPG

 ほうれん草のおひたし、菊花あえ。
 どれもこれも、とにかくダシが良いんだよ!
 そして料理ごとに異なるダシを使っている気がする。

 京料理は口に合わないかも、という心配はすでに遠い彼方へ吹っ飛んだ。
 ダシで食べられる。
 これはすごい。研究しなければ。
(埼玉に帰ってきてから和食の本を2冊買いました)

R0026064.JPG

 金目鯛と玉ねぎと三度豆(サヤインゲン)の煮物。

 お酒は頼まなかったのに、食前酒(日本酒)がついた。
 小さな竹の容れ物に一杯。
 私はお酒に弱く、空腹のままお酒を飲むと貧血を起こしてしまう。

 なのでだいぶお腹がふくれてきたこのあたりで、ちょっと一口。
 淡い鯛の味がお酒の力でくっきりして、うま〜
 三度豆もかすかに苦味があるのが良い。

 店の窓は大きく、顔を上げると夜景が見える。
 が、正直京都の夜景はそれほど面白くない(暗い。寺が多いからな)
 ただ車のライトの列が真っ直ぐに伸びているのが、碁盤の目の京都らしくて良かった。
(東京の道はこんなまっつぐじゃねんだ!)

R0026065.JPG

 鯛茶漬け。
「京都のお茶漬け!!」
 と叫んだら店の人が困惑していました。

 だって「京都のお茶漬けは『帰れ』の合図」って有名ではないか。
 あれも一種の都市伝説?

 甘い赤みそで炊いた(=煮た)鯛をご飯に載せ、お茶漬けにしている。
 なんて鮮やかな実山椒の香り。
 みそ味の汁なのに全然みそ汁っぽくないのがすごい。
 ちゃんとお茶の味がする。

R0026068.JPG

 柿と黒糖シャーベット。
 トマトかと思った。
 あたたかい食べ物が続いたので、冷たくて気持ち良い。

R0026069.JPG

 くりこもちと抹茶。
 まわりの粉が栗の粉なのかな?
 抹茶は目の前で点ててくれた。
 これでコースは終了〜

 この店は料理はもちろんお茶がとにかく美味しくて(最後の抹茶も苦味やクセがなく最高だった)出てくるほうじ茶をどんどん飲み干しちゃって、結局3杯ももらってしまった。
 全部違う湯のみで出てくるのもさすが。

 お客さんは旅行者が多いのか、店内は全く気取った雰囲気ではない。
 それでも店の人はきちっとしている。
 料理人のお兄さんが料理を運び、内容を丁寧に説明してくれる。
 みな不安なところがなく落ち着いていて、格好良い。

 本当に良い思い出になったし、勉強になった。
 次は絶対、Dちゃんと一緒に行くぞー!!

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:34| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする