2014年10月14日

経済学の変な前提

 結婚してから経済学に興味を持つようになった。
 家計をやりくりするようになって、国の経済対策の影響を強く感じるようになったからだと思う。

 国の方針で物価や消費税が上がれば、夕飯の材料をそろえるために必要な金額も変わってくる。
 買いたいものも買えなくなる。
 必要なものも買えなくなったら、と思うと怖くなる。

 経済学の本を読んでいて一番疑問に感じるのは「前提が変」ということ。
 人間は合理的に行動するとか、欲望は無限だとか。
 そんな訳ないじゃん! と思うのに、そこからスタートして理屈を展開しちゃうのだ。

 入門書だからなのかな…… と首を傾げつつ何冊か読むうちに、どうもそうではないと気付いた。
 本当に経済学というのは、そういう非現実的な人間を設定して考えられている学問らしいのだ。
 もちろん国の政策も経済学を元にして決められている。
 そりゃ、国が借金だらけになったり、子どもの貧困率が高くなったり、おかしくなるわけだよ。
 
 政治について、
「よく分からないけど、偉い人が決めているのだから大丈夫」
 と考えてしまうのは本当に危険なことだ。
 偉い人が奇妙な理論に頼って(あるいはまともな理論であっても曲解して)とんでもないことをやらかすのは全く珍しいことではない。

「従順に生きていたら、世界は滅茶苦茶になっていた」
 なんてイヤだ。
 おかしいと感じたら「おかしい」、苦しいと感じたら「苦しい」と、ちゃんと言おうよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:14| 社会 | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

性別

 私は性同一性障害ではないし、明確な同性愛者でもないけれど、
「女なら普通やるよね」
 ということが全然出来ないし、かといって男っぽい訳でもない。

 世間で設定されている性別の範囲って、狭過ぎやしないか。
 どこにも入れないまま呆然としている。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:00| 自分 | 更新情報をチェックする

邯鄲

 和紙職人とお嬢さまの恋物語「邯鄲」をネットに上げました→こちら
 これは今年の5月頃に書いた話なので、読み直しても恥ずかしくなかった。

 言葉を重ねて小さな楽園を築いたつもりです。
 そこに入っていった人も幸せになれますように。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:23| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

トップとアンダー

 荻上チキがラジオでしていたコンドームの話が面白かった。
 オカモトが出しているサイズ別の製品で、一番小さなものに「S」と書くと男性が傷付くから、LLサイズを象、L サイズを馬、Sサイズを鷲のイラストで表現した…… って気を使い過ぎだろう。
このページにパッケージの写真がある)
 女の胸のサイズはひと目で分かっちゃうのにさー

 基本は円柱なんだから、直径と長さを変えて10種類くらい作っちゃえば良いのに。
 ブラジャーはカップとアンダーで数十種類サイズがあるよね?(布だからだけど)

 ノギスで正確に測りたくなってきた。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:51| 与太話 | 更新情報をチェックする

若手富裕層


 若手富裕層ってどこにいるんだろう……
 どこかにはいるのだろうけど、単語そのものに実在感がなくて、ファンタジー小説の言葉みたい。
 竜とかオリハルコンとか。

 たぶん買うのは全員60歳以上だと思う!
posted by 柳屋文芸堂 at 01:10| 社会 | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

石内都「絹の夢」

 石内都の作品が出展されているというので、BankART Studio NYKで開催中の「東アジアの夢」という展示に行って来た…… が!
 石内都は無料で見られる屋外展示だった。

 入場料を払って、小冊子になっているパスポートをもらい、それを読んでから気付いた。
 遅いよ!
 まあBankART内の展示も見たかったから良いんだけどさ。

 旧帝蚕倉庫という横浜らしい古い建物のところに、大きな写真が10枚。
 「絹の夢」というタイトルで、糸や布や機械が写っている。

 この人の作品、ほんと好き。
 物なのに、物じゃないみたい。
 でも生々しかったりグロテスクだったりする訳じゃない。

 満足のゆく人生を送り、小さく微笑んで横たわる美しい女性の死体のような雰囲気。
 とても静か。
「成仏している」
 という言葉が浮かぶ。

 女性を思い浮かべたのは、染められてない生糸の写真があったからかもしれない。
 つやつや輝いて上品な、空想上の白髪。
 繭は指先のよう。

 場所はみなとみらい線の馬車道駅を出てすぐ。
 無料なので、ぜひ多くの人に見てもらいたいです。
 このあたりは建築物を眺めてまわるだけでも楽しいよね〜♪
posted by 柳屋文芸堂 at 00:30| 美術 | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

映画「聖者たちの食卓」

 渋谷アップリンクで公開中の映画「聖者たちの食卓」を見に行ってきました!
 公式サイトはこちら

 インド、シク教総本山「黄金寺院」では、巡礼者や旅行者のために毎日10万食の豆カレーを用意し、無料で提供している。
 その驚異の調理場の様子を追ったドキュメンタリー。

 約300人の調理人が働いていて(ボランティア)、一応統括する人もいるのだけど、激しく指示したり怒鳴ったりしていないのが印象的だった。
 一人一人が「自分のやるべきこと」をちゃんと分かっていて、整然と作業をこなしてゆく。

 食材を切り、粉をこね、鍋で加熱し、食堂に集まった人々に出来たものを配り、食器と調理器具を洗う。
 そんな当たり前のことをしているだけなのに、全てが宗教行為のよう。

 それもそのはず、この無料食堂は、
「宗教、カースト、肌の色、信条、年齢、性別、社会的地位に関係なく、すべての人々は平等である」
 というシク教の教えの実践の場なのだ。

 カレーの前でみな平等。
 老若男女が同じように並んで食べる。
 作る方も同じで、男女が区別なく働いている。

 ただただ現場の動きを追うだけの映像が私好みで良かった!
 余分な説明は一切なし。編集もあっさり(感動させようとしていない)
 お経みたいな音楽も心地好い。

 映画館の下のカフェTabela(タベラ)では、特別メニューで映画に出てきたものに似たカレーセットが食べられます。

カレー.jpg

 注文したらウェイターさんが、
「聖者カレー、ワンです!」
 と厨房に向かって言ったのが面白かった。

 調理や食事の時間の大切さを味わえる作品。
 カレー好きの方はぜひどうぞ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:38| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

明かり色々

 今の家に引っ越した時からLED電球を使っているが、光にけっこうクセがある。
 一つの方向にだけやたらに輝いちゃって、全体をまんべんなく明るく出来ないのだ。
(3年前の製品の話なので、今はもっと良くなっているかもしれない)

 短時間で通り過ぎる廊下や玄関は全く問題ない。
 白熱球や蛍光灯との違いにもすぐ慣れたし、濃淡のある光がデザインされた照明みたいでお洒落。

 居間や食卓にはまだLEDを導入していない。
 あの光の下で長時間活動するのはちょっと辛い気がする。

 まあ言い始めたら、蛍光灯だって変な光だよね。
 チリチリして落ち着かない感じ。
 やっぱり白熱球が好きだけど、電気代がなー

 太陽すごい! 月すごい!
 あんなに綺麗に光ってて、無料……!!

 ガス灯ってどんなだったのかなー
 とネットで検索したら、日本ガス協会のサイトにガス灯のある場所がまとめられていた(これ
 行ってみたい。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:02| 料理以外の家事 | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

ノーベル物理学賞

 ノーベル物理学賞、日本人が受賞しましたね。

 こういう科学ニュースではアナウンサーが、
「何を言っているのか分からないと思いますが、私も何を言っているのか分かりません」
 というような困惑した口調で研究内容の説明をするのが楽しいのに、今回は「準備万端!」って感じで、それがちょっぴり残念でした。

 青色発光ダイオードは裁判にもなったし、実用化されて馴染みもあるしな……
 「CP対称性の破れ」の時みたいなフワフワ感が欲しかった。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:55| 社会 | 更新情報をチェックする

小説書きの大変さ

 読者にきちんと伝わる風景・情景描写。
 説得力のある人物造形。
 陳腐でないストーリー展開。
 リズムを感じさせる文章。

 それを全部やったとしても「そこそこの小説」にしかならないところ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:25| 執筆 | 更新情報をチェックする