2014年12月31日

今年を振り返る

 今年一番嬉しかったのは、小説を一つ書き終えられたこと(これ→「邯鄲」
 今年一番悔しかったのは、去年から書き続けている長めの小説を書き終えられなかったこと。
 結局、小説さえ書ければ満足なんだな、私は。

 富山、福岡、大阪、京都と旅も出来たし、つくばや三浦へのお出かけも楽しかった。

 今年最も美味しかった食べ物は、京都和久傳のダシのきいた数々の料理(これ
 デパートで買った宮崎産のマンゴーも美味かった(その時の記事はこれ
 舌を肥やすための行動は全く怠りませんでした。

 つくばと三浦は妊娠中の友人に会うために行ったのですが、二人とも無事出産し安心しました。
 他にも高校時代の親友、同人活動での知り合い、好きなブロガーさんなど妊娠・出産話の多い一年だった。
 妊婦さんや小さな子どものいるお母さんはあちこちにいる訳で、彼女たちが少しでも過ごしやすくなるように、苦労を理解出来たら良いなと思う。

 細々とですが三味線も頑張りました。
 吉原雀という自分にとっては難しい曲を教わることが出来て、長唄への理解が深まった気がします。
 音をとらえる能力が低いので、下手の横好きのままなのですが。
 自分のペースでゆっくり上達していけたら良いなと。

 岡本太郎、民族学、フォークアート、釜ヶ崎芸術大学などに触れ、
「芸術は芸術家だけのものではない」
 という思いを強くした一年でもありました。
 生活と深く関わっている芸術について、今後も考えていきたい。

 具体的に何をするかというと。
 食べて、生きて、経験して、観察して、話を聞いて、空想して、文章を書きます。
 新しい年が来ても変わらないな。

 今年一年、ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。

 (ごーん)←除夜の鐘
posted by 柳屋文芸堂 at 01:23| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

年賀状

 年賀状、作り始めるのは早かったのに、住所とメッセージがなかなか書き終わらなくて、結局今日ポストに入れました……
 元旦には届かないと思います。ごめんなさい。
 まあでも、恒例行事が一つ終わってホッとしている。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:38| 季節 | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

経済学に関する本

 「経済学者」「変」
 という単語で検索してこのブログに来た方がいるようです。
「経済学者の言っていることって何か変じゃない?」
 と感じて調べてみようとしたのかな。

 経済学者が変かまともか私には分からないけれど、それがどんな学問か知らないと、考えることも出来ない。
 という訳で、私がこれまでに読んで興味深く感じた経済学に関する本をいくつか紹介したいと思います。

 まずは現在の経済学を肯定する立場で書かれた本。

 飯田泰之『世界一わかりやすい 経済の教室』
 佐藤雅彦、竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』


 どちらも会話形式で書かれている本なので、
「経済ニュースは知らない単語だらけで苦手!」
 という人でも、エッセイ集のように軽く読めると思います。

 ただ、経済理論を理解出来ても、納得は出来ないんだよね。
 現在の経済学を否定する立場で書かれた本も読んでみました。

 藻谷浩介『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』
 佐伯啓思『経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ』


 上の二冊より読みにくいかも。
 でも私はこちらの方が現在の社会の状況に合っている気がした。

 もう一つ、経済ではなく経営の視点から書かれた本。

 庭山一郎『はじめてのマーケティング100問100答』

 企業がどんな理屈で動いているかがある程度分かるので、消費者として勉強になる。
 マーケティングというとすぐ金儲け方法みたいに思う人もいるかもしれないけど、企業と消費者が適切な関係を結ぶのは大事なことだと思う。
 作る側と買う側、持ちつ持たれつなんだから。

 経済学は政治に直接影響を与えるし、企業活動がなければ日々の暮らしは立ち行かない。
 私が一番怖いと思うのは、
「きっと誰かが上手くやってくれるだろう」
 と信じていたのに、誰も上手くやってくれなかった、となること。

 これは正しい、これは間違っている、と決めつける前に、
「いったいどうなってるんだ?」
 とあれこれ調べることが大切だと思うのです。

 「知る」にはネットが便利ですが、「考える」ためには本の方が向いている気がする。
 読んでいる間、作者の考えに一度どっぷり浸かり、その後で同意したり反論したりする。
 ぜひ、色んな立場の本を読んでみてください。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:38| 読書 | 更新情報をチェックする

揚げ物祭り

 休みになると、ふだん私があまりやらない揚げ物を、Dちゃんが作り始める。
 昨夜は春巻き。
 今夜は残りの油を使って天ぷら。

 春巻きも全部食べきった訳ではないから、テーブルの上は揚げ物だらけ。
 無意味に豪華でカロリー高い。
 何の祭りだ。

 天ぷらは、ぎんなんが美味しかったなぁ。
 水煮になっているものを買ってきて、薄い衣で揚げて、塩をかけて食べる。
 油を通すとクセが減るみたい。
 二人でパクパク、パクパク。あっという間になくなっちゃった。

 二日連続で揚げ物だったから、明日はあっさりしたものが食べたいなぁ。
 しかしまだ春巻きもゴボウの天ぷらも昆布の天ぷらも残っているのであった。
 あと鍋いっぱいの手作り天つゆが。
 どーするのー

 これを消費するために、また天ぷら……?
 想像だけで胸焼けしそう。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:29| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

魔女と錬金術師

 同じ理系でも、物理学科出身と薬学部出身ではずいぶん雰囲気が違う。
 薬局で働いていたことがあるので、薬剤師の知り合いが何人かいるのだけど、みな現実的で常識的な人ばかりだった。

「大学では資格を取ろう」
 と堅実に生きていくための決意をした人と、
「大学では真理を追究しよう」
 とあやふやなものに向かって突っ走ってしまった人の差である(私は物理学科出身)

 そんな真面目な薬剤師さんの一人から、プラシーボ効果というものを教えてもらった。
 薬としての成分が含まれていないニセの薬でも、
「〇〇に効きますよ(例:痛み、不眠)」
 と言って処方すると、症状が改善することがある、という話。

 おそらく彼女は、プラシーボ効果で治った患者さんを実際に見たことがあったのだろう。
「本当に効くんだよ!」
 と、茶目っ気たっぷりの笑顔で言った。

 その様子を見て、
「薬剤師というのは一見まともそうだけれども、やはり魔女の末裔なのだな」
 と思った。
 暗示で病気を治しちゃうなんて、ほとんど魔法じゃないか。

 そう言えば大学時代、一般教養で法律を教えていた先生に、
「あなたたちは時代が時代なら錬金術師です」
 と言われたのを思い出す。
「社会とは相容れない変人です」
 とも(その点は昔と変わってない)
posted by 柳屋文芸堂 at 01:38| 思い出 | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

コールラビ

 「コールラビ」という珍しい野菜があったので買ってみた。
 一緒に入っていた紙に書いてあった通りバターで炒めたら、なかなか美味しかった。
 カブに似ている、という説明があったけど、カブにしては甘いし、加熱しても崩れにくい。
 クセもないので色んな料理に使えそう。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:23| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

鴻池剛「安木と住んでいた時期」

 ネットでよく猫マンガを見かける鴻池剛さんのサイトを見ていたのですが、安木というダメ男の話が面白かった(このページから記事を新しいタブで開いていけば読みやすいはず)
 絵に描いたようなクズ……!
 家の裏でマンボウが死んでるPの「スイートフロートアパート」みたいだ。



 この安木の話、けっこう悲惨な終わり方をします。
 クズながらも明るい雰囲気もあって100%憎めない感じなのに(そこがダメ男の真髄か)ここまで落ちていってしまうのかと、少々怖くなりました。

 スタート地点では「お金のない若者」という点で安木と鴻池さんの境遇は大して変わらないのに、鴻池さんはバイトをしたり漫画をコツコツ書き溜めたりして少しずつ浮上してゆき、今ではネットでずいぶん人気があるようです。
 人の生活を支えるのは、このささやかな「コツコツ心」なのかもしれない。
 それがないだけで、あんな風になっちゃうなんてなぁ。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:36| ネット | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

クリスマスイブの客引き

 帰宅中のDちゃんから、
「通りの客引きが、行き交う人々へ、灯台のようにクシャミを投げかけている……」
 というメッセージが送られてきてウケた。

 客引きだけでも迷惑なのに、ウィルスまで配っちゃうとは。
「クリスマスイブに働かされてることに対する腹いせかね」
「みんな働いてるよ!!」
posted by 柳屋文芸堂 at 00:17| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

くっつく

 今日はDちゃんとデートだった。
 仕事が忙しくてあまり一緒に出かけられないので、デパートでちょこっと買い物するだけでも嬉しい。
 日付からして当然のことながら、東京の街は人でギュウギュウ。
 はぐれないように腕にくっついて、でもずっとそのままだと周囲の人に迷惑になることがあるから時々離れて、視線だけでDちゃんを必死に追って、また慌ててくっつく。

 くっついてなくてもはぐれないから、家は良いなぁ。
 はぐれなくてもくっつきたいから、Dちゃんに足をくっつけて寝よう。
posted by 柳屋文芸堂 at 21:37| 恋愛 | 更新情報をチェックする

オノ・ナツメ「LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋」

 一度くらい、クリスマスをヨーロッパで過ごしてみたいな、と思う。
 日本のクリスマスは独自の進化を遂げているので、キリスト教メインの国はどんな風に祝っているのか知りたいのだ。
 しかしヨーロッパのクリスマスは日本の元旦のようなものだろうから、実際に行ったら店が閉まっていたりして不便なのかもしれない。

 オノ・ナツメ「LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋」ではイタリアのクリスマス(ナターレ)が描かれる。
 みんなが故郷に帰る前にやるパーティー。
 伝統料理にパネトーネ。

 日本からの留学生は、旅費を節約するためにクリスマスを一人下宿で過ごす。
 寂しい、かと思いきや、友人たちから次々電話やファックスが来る。

 BUON NATALE AKIO!!!!(よいナターレを、アキオ!!!!)

 本の舟に乗って、私は空想のイタリアへ旅する。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:28| 読書 | 更新情報をチェックする