2015年06月01日

模倣の不確かさが個性

 面白い小説を読むと、自信をなくす。
「これに比べたら、私の小説はなんて拙いの(たわい無いの、単純なの、等々)」

 でも、そんな面白い他人の小説を、利用することだって出来るのだ!
 そのまま丸写ししたら盗作になってしまうけど、影響を受けるのは自由だ。

 面白い小説を沢山読んで、良いと思った部分を取り込んでいきたい。
 好きなものも、私の一部。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:23| 執筆 | 更新情報をチェックする