2015年07月31日

「私生児」という言葉

 私は「私生児」という言葉が大好きです。
 すごくロックな感じがしませんか?!

 実際に「結婚」という社会の枠の「外側」で生まれたわけで、
「私の存在自体が、既成の価値観の否定なんだわ……!」
 とか考えると幸せでしょうがない。

 天賦のものの中で一番気に入っている。
 努力が苦にならないとか、太りにくい体質(これは明らかに母譲り)とかも、まあ便利だけど。
 そういうのは、そんなに珍しくないからね。

 「私生児」は差別用語で、最近は滅多に見かけない。
 枠の中に入っていたい人には不愉快な言葉なんだろうな。
 非嫡出子や婚外子だって、差別的に使えば差別用語だよ。

 沢山の言い換えが存在する、というのは差別用語の特徴だと思う。
 ある言葉に差別的なニュアンスがあり、それを避けるために新たな言葉を使うようになり、しかしそれにも差別的なニュアンスが感じられるようになって…… の繰り返しでやたらに同じ意味の単語が増える。

 頻繁に使われた時期がそれぞれズレるので、言葉に特定の時代の雰囲気が出るのも良い。
 「私生児」は昭和の前半かな。
 太宰治「斜陽」に出てくる印象が強いから。

 そう、もはや古い文学でしか見ない、というのも好きな理由の一つ。
 私は文学的存在なのね……!(うっとり)
 別に反逆のためでも文学のためでもなく、うっかり作っちゃっただけなんだろうけど。

 人間以外の生き物は、みんな私生児なんだよな(結婚という制度がないから)
 と考えると、人間のこだわりって面白いですね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:52| 言葉 | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

素粒子物理学についてどう思いますか?

 昨日の夕方のラジオ番組(NHK第1「先読み!夕方ニュース」)のおたよりテーマが、
「素粒子物理学についてどう思いますか?」
 で、思わず吹き出してしまった。

 ハードル高くないかね?!
 南部陽一郎が亡くなったからだとは思うけれど、普通の人は「物理学」だってあんまりよく分かってないのでは……

 実を言うと私は、量子力学と素粒子物理学の境目がどこだか分からない。
 量子力学は好きで、素粒子物理学は苦手だったから、話を理解出来なくなってきたら素粒子物理、なのかもしれない。

 素粒子物理学って、〇〇粒子を説明するために△△粒子を、△△粒子を説明するために××粒子を…… とマトリョーシカみたいでキリがないな、というイメージ。
 番組に出てきた村山斉という研究者の人は、対称性の破れを東洋思想と結びつけて解説していて面白かった。

 せっかく物理学科を出たのに、勉強を続けてないので色々忘れてしまったのが残念。
 記憶が完全に消えてしまう前に、たまには関連本を読んで思い出さないとね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:30| 勉強 | 更新情報をチェックする

残雪「かつて描かれたことのない境地」感想

 残雪(ツァンシュエ)は1953年生まれの中国の女性作家。
 この本は短篇集で、どれも不思議な話ばかりだ。
 他の作家にはない、彼女の作品を読んだ時にしか味わえない感触。

 残雪の小説は、夜見る夢に似ている。
「自分が見た夢について語っている」
 というのではない。
 残雪の本を読むことが、そのまま「夢を見ている」状態になる。

 夜見る夢というのは奇妙だ。
 現実とも、映画やドラマのように作られた物語とも違う。
 おばあさんがライオンになったり、全然知らない人と知り合いであるかのように延々と会話したり、明らかに何かがおかしいのに、妙に説得力がある。
 「変だな」とうすうす感じたとしても、夢を見ている間は抵抗もせずに受け入れてしまう。

 残雪が生きたこの60年、中国では文化大革命や経済の急成長など、追いつけないほどのスピードで価値観が変化した。
 大量の夢を見続けなければ、心をまともに保つことは出来なかっただろう。
 夢は逃避ではなく、無意識も含めた記憶の整理だ。

 解釈などせずに、ただ彼女とともに夢を見るように読んだ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:18| 読書 | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

タラちゃんとイクラちゃん

 子供の頃、アニメ「サザエさん」に出てくるタラちゃんが嫌いだった。
 聞き分けが良くて、
「こんなの大人の妄想の中の子供だよ。ケッ」
 と(「妄想」なんて言葉は知らなかっただろうが、概念としてこんなようなことを)思っていた。

 その点、イクラは良い。
 「チャーン」「ハーイ」「バブー」で会話してしまうところが妙だが(幼児が自分の意思を大人に理解してもらうのはそれほど簡単ではない)基本的に自分のわがままを押し通すので、ある程度、合格。

 しかし大人になってみて思うに、
「イクラちゃんの描き方はリアルで、タラちゃんはリアルでない」
 という訳ではなく、単に、
「私がイクラちゃんみたいな子供だった」
 というだけの話ではないか。

 もしかしたら、タラちゃんみたいな苦労性の子供もいるのかもしれない。
 自分が違うタイプなので、全く想像出来ないのだけれども。

 生後半年の私に、現在(38歳)の言語能力を与えたい。
 自分の気持ちを言葉にして伝えられないのは、恐ろしく不愉快だ。
 自分と世界の間に膜があって、その膜の中に閉じ込められているような気持ち。
 そりゃあ、泣きわめいて暴れるほかないよ。

 ここまで来るまで本当に辛かった。
 実は今でも辛い。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:43| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

食べたよ(Dちゃんのタルト)

 予告通り、昨夜食べてから寝ました。
 そのせいで今朝はちょっと胃もたれ……

 あ、でも甘過ぎなくて美味しかった!
 アッサムのミルクティーと一緒に。素晴らしかったな。
 深夜にやることじゃない。

R0026407.JPG

 この側面の波模様がタルトらしい。
 写真を撮るために出しただけで、今朝は食べてないです。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 10:04| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

まだ食べてない(Dちゃんのタルト)

R0026388.JPG

 Dちゃんがブルーベリータルトを作ってくれました。
 昨日のうちに生地を用意して、今日は成形と中身作り。
 お菓子って手間がかかるよね……

R0026405.JPG

 こんな感じに外側を先に焼く(これは2枚目なので上の写真とは別のもの)
 下の銀色のは生地を平らに焼くために入れる重石。
 これをやらないと膨らんでしまうそうです。
 ベーキングパウダーを混ぜている訳でもないのだけど。

 今は冷蔵庫で冷やしている段階。
 食べてから寝る(大丈夫か)

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:32| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

月の光、和太鼓の音

 夜空の下、紅白のちょうちんが揺れる。
 やぐらを囲む踊りの輪。

 同級生たちはTシャツにキュロット姿で、綿あめやあんずあめを舐めている。
 おしゃれなアユミちゃんは花柄の黄色い浴衣。
 みんな遊びに来ている。

 あたしは毎年ハッピしか着ない。
 あたしにとって、夏祭りはもっと真剣なものなんだ。

「なっちもスイカ食べな〜」
「いらない!」
 子供会のおばさんが勧めるのをきっぱりと断って、あたしはやぐらに駆け登る。

 ほら、予想通り。
 大好きな炭坑節がかかった。

 月が出た出た 月が出た
 どどんがどん タカタッタ!

 スイカは明日だって明後日だって食べられる。
 けれども小五の夏祭りは、一生に一度しかない。

 一曲でも多く、誰よりも大きな音で打つんだ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:21| ショートストーリー | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

エリック・サティとその時代展

 渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「エリック・サティとその時代展」に行って来ました。
 平日とはいえ「えっ?」と驚くほど空いていた。
 ピアノの生演奏のある日で、演奏開始まではまだかなり時間がある、という状態だったからかな。
 演奏前後は混雑したのかもしれない。

 展示品はサティに関係のある本の表紙・挿絵、ポスターなどが多く、どれもおしゃれ。
 夏にボーッと鑑賞して楽しむのにぴったりだった。
 約100年前の作品とは思えない。
 この頃の絵が、後の時代の作品に大きな影響を与えたからだと思う。

 「スポーツと気晴らし」の楽譜集が良かったな。
 これは21曲のピアノ小曲集で、序曲以外の20曲にシャルル・マルタンの色鮮やかな挿絵が入っている。
 この全てが展示されており、映像コーナーでは絵・譜面・譜面に書かれた言葉・音楽を一緒に楽しむことが出来た。

 サティは生涯にたった一度しか恋をせず、しかもそれは半年で終わってしまったそう。
 相当ショックを受けたというから、期間が短くても遊びじゃなかったのだ。
 切ない。

 自分の家のドアに「旋律の販売」を呼びかける看板を掲げたり、自分に手紙を書いたり、彼なりに必死で戦って生きていたみたいだ。
 何をやっても常に変なんだけど。

 「本日休演」という曲の楽譜の口絵に書かれた、サティが持つ看板の文章が素晴らしい。

「すべてを説明するという習慣を脱ぎ捨てるのはいつになるのかね?」

 これから行く人は、ピカソがデザインした馬がすごいので見逃さないように。
 あと、会場が寒いので上着を持って行くと良いよ……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:03| 美術 | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

三味線擬人化

 三味線の糸(弦)はけっこう弱いもので(特に一番細い3の糸)弾いている途中で切れることもあるし、置いておいたらいつの間にか切れていた、ということもよくある。
 いつもは真っ直ぐな糸が、はね返るように垂れているのを見ると、まるで男を取られた芸者が髪を振り乱しているようだな、と思う。

 楽器擬人化というジャンルはあるのか…… と検索したら、やはりあるようですね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:39| 音楽 | 更新情報をチェックする

野村哲也「モアイの謎・イースター島の知られざる姿とは!?」

 荻上チキのラジオ番組「Session22」の、ゲストに写真家の野村哲也さんが来た回が面白かった!
 モアイとイースター島の話。
 この公式ブログの記事から、2015年8月13日頃までポッドキャスティングで聴くことが出来ると思います。

 野村哲也さんは子どもの好奇心と学者の思考力をあわせ持った方で、話を聞いていて気持ち良かった。
 興奮するとはしゃいだような声になり、それも可愛い。

 実を言うと、この放送を聴く前に、単に「あっ、モアイ!」という理由だけで彼の新刊を買っていたのだけど、読むのがますます楽しみに。
 「モアイ倒し戦争」ってどんな戦いだったんだろうなぁ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:01| ラジオ | 更新情報をチェックする