2015年12月31日

年越しカレー、大晦日雑感

 今年最後の夕飯は何故かサグチキン(ペースト状のほうれん草で作る緑色のカレー)でした。
 野菜売り場でお雑煮用のほうれん草を見ていたら、Dちゃんが食べたいって言い始めて。

 そうそう、今日の昼間にデパ地下に行ったらなかなかの阿鼻叫喚でした。
 肉売り場は列の最後に「鶏肉最後尾」「豚肉最後尾」ってプレート立ってたし。
 ちょっぴりコミケ気分♪

 じりじり進んでようやく肉を手に入れたら、それを持ってレジへ!
 レジももちろん長蛇の列。

 どうにかお雑煮の材料をそろえられて良かった。
 去年は確か夕方近くに行って、小松菜が売り切れてたんだよね。
 昼前に着けばまだわんさかある!←自分用メモ
 小松菜の無い正月なんて寂し過ぎるよ(と感じるのは関東人だけなのかな?)

 お雑煮は明日の朝、作ります。
 結婚当初は大晦日のうちにあれこれ用意したのだけど、バタバタするのが馬鹿馬鹿しくなってしまって、正月も普通に料理するようになりました。

「元旦に働くと一年中忙しくなるのよっ!」
 と母親に言われて、うん、もう何をしようと一年中忙しいの分かってるから。

 年末は興味を持てるラジオ番組がほとんど無いため、Dちゃんにもらった、

運命と呼ばないで - ベートーヴェン4コマ劇場 公式サウンドトラック「ズンドコマーチ頂上決戦」 -
運命と呼ばないで - ベートーヴェン4コマ劇場 公式サウンドトラック「ズンドコマーチ頂上決戦」 -

 を聴きまくってます。
 ベートーヴェンとその弟子の作品などが7時間も入っていて、何度も同じ曲がかかって飽きたりしないので助かる。

 今朝、NHKでやっていた宮沢賢治「注文の多い料理店 」の朗読は素晴らしかったなぁ!
 宮沢賢治の文章って、音楽みたいだよね。
 言葉に音色があり、進み方にリズムがあり、文章は全てメロディ。
 ああいう物語を書きたい。ずーっと憧れている。

 出てくる食べ物も美味しそうだし。
 壺に入っている牛乳のクリーム!(ぺろり)

 カレーで膨れたお腹をこなすためにあれこれ書いてきましたが、もうじき2016年ですね。
 2015年に私の中に入ってきた全ての食べ物と言葉に感謝を。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:53| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

2015年と2016年、主に小説書きについて

 食中毒で寝ていたせいで年末らしいことも正月準備っぽいことも一切出来ず、我々夫婦の所に2016年は来るのだろうか…… という感じではありますが、もともとそんなに頑張るつもりなかったから問題ないかも? 正月に閉まらない店だってあるし。というダラっとした雰囲気の病み上がりの12月30日。
 今日は少しくらい家事がしたいな。

 2015年に一番楽しかったのは、世津路章さんが主催してくださった、
「SS企画《俺のグルメFESTIVAL》」
 に参加出来たことです!

 300字・食べ物ネタで掌編を書く、というイベントで、世津路さんを始め、多くの方が感想を返してくださることもあり、泉のように書きたいことが湧き出てきて、それを言葉にしてどんどん発表していくのが、凄まじいエクスタシーでした。
 私は物語を書くのが本当に本当に好きなんだな、って思った。

 FES開催期間後に、同人誌即売会Text-Revolutionsで他のFES参加者さんとお会い出来たのも嬉しかったぁ〜!
 世津路さんも想像以上に快活な、可愛らしい方で、
「こんなラブリーな人が画面の向こう側にいたのか〜 私のために感想書いてくれたのか〜」
 とおばちゃん胸がきゅーんとしちゃいましたよ。
 近年まれに見る大感動でした。

 この時に書いた作品はこのブログのショートストーリーカテゴリで読むことが出来ます(これ

 他には、書くのに2年かかった「贋オカマと他人の恋愛」と、初の翻案小説である「死神」を即売会とネットで発表出来たのが幸せなことでした。
 好意的な感想も多くいただき、感謝しています。

 来年は、夏頃に友人たちとアンソロジーを作り、秋頃発表する予定があります。
 まずはこの作品を完成させること。

 あともう一つ、「贋オカマと他人の恋愛」の続編にあたる長くなりそうな話を、どこまで書けるかな?
 という感じです。

 私は精神的に参ってしまって書けなくなることがよくあるので、孤独感にやられないように気をつけながら、無理せず書き続けられたら良いなと思います。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:56| 執筆 | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

落語「死神」の翻案小説

 落語「死神」の翻案小説を作品置場に上げました(こちら
 これを読んで死を思え、って食中毒になったから言ってるみたいですね。

 体は少しずつ回復しています。
 読書とネット遊びは出来るけど、家事が出来ない。体を動かすから。
 そう考えると、家事ってけっこう大変な仕事よね?!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:16| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

食中毒は突然に

 食中毒で丸二日、寝込んでいました。
 ゴルゴンゾーラのジンクス、時間差で発動!
 でも当たったのはゴルゴンゾーラではなく、たこ焼き。

 ちょっと小腹が空いて(つまりその前は何も食べてない)夕飯を作る元気を出すためにショッピングモールで売っているたこ焼きを食べたら、2時間後くらいから吐き気を感じ始めた。
 せっかく作った夕飯もほとんど食べられず、そのままバタン。
 吐き気を吐かずに我慢していたら、毒素が腸に行ったらしくお腹壊した……

 たこ焼きを食べるまではいつも以上に元気で、洗濯したり風呂掃除したり、張り切ってあれこれやっていたのに。
 生き物の体なんてものは、いつ揺らぎ壊れるか知れない、危ういものなんですな。

 一番吐き気が辛い時に、
「死ぬ前に『贋オカマと他人の恋愛』を公開出来て良かった」
 と思った。
 やっぱり私にとっては小説を発信することが大事なんだな。

 それほど痛くはなくて、ただただぐったりしていただけなんですが。
 せっかく休みだというのにDちゃんに家事をやらせちゃって申し訳ない。
「私が寝床でのんびり本を読んでて、Dちゃんが食器を洗ってくれて……」
 とか夢を語っていたら実現してしまった。

 早く元気になって油っこいものとか食べたいです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:32| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

念願の! ゴルゴンゾーラパスタ!!

 今日の昼ごはんは念願の! ゴルゴンゾーラパスタを食べました〜
 我が家には、
「ゴルゴンゾーラを買ってくると、のりの具合が悪くなって、結局Dがゴルゴンゾーラパスタを作る羽目になる」
 というジンクスがあり、Dちゃんが仕事でギリギリの毎日を送っていたこの数ヶ月、迷惑はかけられないと我慢していたのです。

 それが今日、何故食べられたかというと。
 Dちゃんがお休みに入ったから〜!
 これで私の具合が悪くなっても大丈夫!!

 そう思ってゴルゴンゾーラを買ってきたのですが、ジンクスは発動せず、無事自分でパスタを完成させられました。
 美味しいパスタがあり、Dちゃんがいて、幸せだな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:51| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

ネットで読める「贋オカマと他人の恋愛」

 「贋オカマと他人の恋愛」を作品置場に入れました(こちら
 すごく長いので(文字数カウンタで数えたら86243文字だって。原稿用紙換算で250枚くらいだったかな?)読むの大変だと思いますが、興味のある方はチラッと見てもらえたら嬉しいです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:40| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

映画「A Film About Coffee」感想

 大坊珈琲店の映像が入っているというので見てきました。
 ラジオ講座「英語で読む村上春樹」のテキストにこちらのお店の写真が使われていて、
「うわぁ、行ってみたい!!」
 と思った時には、ビル取り壊しのためすでに閉店……
 表参道なんてしょっちゅう行くのに、私のバカバカ!

 大坊珈琲店の店主、大坊勝次さんがコーヒーを淹れる様子は本当に美しくて、涙が出た。
 店内を暗い色調に整え、シンプルに植物を飾り、カップを選ぶ。
 コーヒー界の千利休って感じ。
 お店には行けなかったけど、動いている姿(「所作」という言葉がぴったり)が記録されていて、見ることが出来て、本当に良かった。

 コーヒー生産の流れもじっくり撮影されており、勉強になった。
 果実を収穫し、精製・乾燥・焙煎等を経て、あの黒いコーヒー豆になる。
 農園の風景も綺麗だったし、農家のおじさんたちも素敵だった。

 アメリカのコーヒー店の部分は、
「水色薄っ! まさにアメリカンコーヒー!!」
 って思った。エスプレッソ好きなのであれは耐えられない。

 日本のコーヒーも浅煎りで薄くて酸味が強いのが多いから、基本がアメリカ式なんだろうな。
 もっと煎ろうぜ、ほうじ茶のように……

 大坊珈琲店のコーヒーは深煎りだったようです。
 大坊勝次さんのコーヒーを味わう会、みたいなのが時々開かれているようなので、機会があれば行ってみたいな。


 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:05| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

【オトナのぬりえ】やらないか!

【オトナのぬりえ】やらないか! -
【オトナのぬりえ】やらないか! -

 新宿の紀伊國屋書店に行ったらこの本があちこちにあって、買うのを我慢するのが大変でした。
 ぬりえというより伊藤文学さんのエッセイ集っぽい感じ。
 とりあえずAmazonのほしい物リストに入れておこう……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:05| 読書 | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

アニメ版「昭和元禄落語心中」PV!

 アニメ版「昭和元禄落語心中」のPV見ました!!



 菊さんの弁天小僧がカラーで動いてる〜! キャーッ!!
 声優陣がやたらエヴァンゲリオンなのはいったい……

 主題歌は作詞作編曲が椎名林檎で、歌っているのは林原めぐみ。
 豪華だなぁ。

 来年の1月8日から放送が始まるそうです。
 うちテレビないから見られないけど、ある人は楽しんでください。
 原作もぜひぜひ! 大好きな漫画です♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 01:10| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

村上春樹「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集」感想

 ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 -
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 -

 なかなか旅行に行けないので、代わりに旅行記を読む。

 アイスランドの、湖のようにデカい温泉の写真にウケた。
 山の間にある、水色の美しい湖からふわ〜っと湯気が立ってて、村上春樹がつかってるの。
 アイスランドはアマチュア芸術が盛んな国でもあるらしく、素敵だなぁと思った。

 熊本の、夏目漱石が住んでいたという家も綺麗だったな。
 ちょうど「熊本あるある」を読んだ直後に熊本旅行の章を読んだので、理解が深まった。
 熊本市は緑豊かで、知らない人がやたらに元気よくあいさつしてくれる街らしい。
 行ってみたい。

 軽めの文章が多いので、のんびりしたい時に読むのがおすすめ。
 ただ、村上春樹の写真がけっこう入っていて、ファンじゃないと、
「何だ、このおじさん」
 ってなるかも……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:49| 読書 | 更新情報をチェックする