2016年02月28日

「魔女の秘密展」感想

 ラフォーレミュージアム原宿で開催中の「魔女の秘密展」に行ってきました!
 平日の昼間だったのでそれほど混雑しておらず、かと言ってガラガラでもなく、のんびり見るのにちょうど良い感じ。
 お客さんが濃い目だったような気がするな(自分も含めて)

 中世(5〜15世紀)の頃から、人々は悪いことが起きると魔女のせいにしていた。
 近世になると、魔女は激しい憎悪の対象になった。

 当時はちょうど小氷期と呼ばれる世界的に気温が低くなった時代。
 凶作が続き、物乞いが増加した。
 都市では人口過密による衛生状態の悪さからペストが流行。

 ルターが始めた宗教改革によりキリスト教内部で対立が起こり(プロテスタントとカトリック)
 ドイツは30年戦争に突入。人口は3分の1に。

 ひどい時代だった訳です。
 人々はその不安と恐怖を「魔女のせい」にした。

 事態を悪化させたのは、まず知識人の行動。
 ルターは魔女の火刑に賛成し、神学者の書いた「魔女に与える鉄槌」という本が魔女裁判の教科書となった。
(魔女の見分け方などが書いてある)

 意外だったのは、道路の整備や印刷機の普及が悪い方向に働いたこと。
 これによりセンセーショナルな魔女の話題が広まり、魔女を告発しやすくなった。

 確かに私もインターネットの普及で頭が良くなったりしなかったもんなぁ。
 逆に多過ぎる情報を処理し切れず、混乱することが増えた。
 近世のヨーロッパの人々も同じだったのかもしれない。

 魔女裁判で迫害された人の多くは、物乞い。
 どれだけ不当な理由であっても、お金がないから弁護士を雇えない。
 人々は罪を弱者に押し付けて、不安を解消しようとした。

 展示では、拷問と処刑の紹介が妙に充実している。
 怖いから私はざっとしか見なかったけど、拷問具に興味がある人は目が輝くかも……

 科学が進歩し、自然現象を魔女のせいにせず科学的に説明出来るようになったことや、拷問が廃止され、裁判で客観的な証拠が重視されるようになったこと等により、魔女狩りは終息する。
 犠牲者はドイツが25000人で、突出している。
 悲しい歴史の多い国だ。

 家畜の奇形も魔女のせいにされたということで、双頭の仔牛の剥製が展示されていた。
 18世紀に使用されたという「万病に効く飲むお札」というのがあり、とげぬき地蔵みたいだと驚いた。
(巣鴨のとげぬき地蔵では、お地蔵さんが印刷されている小さい紙が売られている。子供の頃よく飲まされた)

 魔女の絵や話にたびたび出てくる「飛行用軟膏」というのが気になった。
 ほうきじゃなく軟膏の力で飛んでいたんだ……
 ならばほうきは何なんだろう?
 自転車のハンドルみたいなものだったのかな??

 一番印象に残ったのは、書物の恐ろしさ。
 人々がぼんやりと持っていた「魔女のイメージ」を言葉の力で明確化し、魔女(実態は弱者)の迫害にお墨付きを与えてしまった。
 魔女狩りをしていた人たちは「良いことをしている」と信じていたんだろうな。

 一方で、科学の可能性を感じられたのは嬉しかった。
 最近は戦争・原発・薬害・公害等々、科学によって苦しめられる場面を見ることの方が多いから。
 使い方次第なんだよね、何だって。

 会場では、ほうきにまたがって写真が撮れます。

image.jpg

 図録が充実しているので、ファンタジー小説や漫画を書く人は持っていると便利そう。
 グッズ売り場にあった「魔女カレー」というのが妙に気になり、何でだろうと思ったら、私、このタイトルで掌編小説を書いていましたね(これ
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:52| 美術 | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

「頑張る」とはどういうことか

 私はこれまで、
「頑張る」
 という言葉は、
「それにかける手間や時間を増やすこと」
 だと思っていた。

 たとえば、
「漢字の練習を頑張る」
 だとしたら、
「ふだんノート1ページしか埋めないところを、3ページ埋める」

「テスト勉強を頑張る」
 だとしたら、
「ふだん1日20分しか机に向かわないところを、2時間に増やす」
 という風に。

「小説書きを頑張る」
 となると漢字の練習のように単純ではなくて、魅力的な小説というのはどういうものなのか考えたり、自分の書いた文章が読みやすくなっているか確認したり、まあやることは無数にあるのだけど、
「『小説を書く』という行為のために、頭や指を動かす時間を増やす」
 と考えれば基本は勉強と同じ。

 と、ここまでが私の「頑張る観」
 しかしどうも世間の認識は私とズレているらしく、頑張っているつもりなのに「頑張れ」と言われたり、意味をつかめない「頑張る」を見聞きして「えっ?」と驚いたり、混乱することがよくあった。
 最近になって、

「頑張る」=「無理する」

 だと考えた方が色々腑に落ちると気付いた。

「テスト勉強を頑張る」
 は勉強時間を増やすというより、睡眠時間を減らしたりして、
「勉強のために無理をしている」
 と自分や他人に感じさせる方が大事なのだろう。

 東日本大震災の後にさかんに言われた、
「がんばろう日本」
 という言葉も、見るたび、
「何を頑張るの……?」
 と思っていたのだけど(そんなこととても言える雰囲気じゃなかったが)

「無理しよう日本」
 だったのだ、と考えれば、まあ多少納得がいく。
(言われなくたって無理することになるのに何故わざわざ、という疑問は残るが)

 精神病の人に、
「頑張って!」
 が禁句、というのもよく聞く話で、これも、
「無理して!」
 なら、そりゃ言っちゃダメだよなと分かる。

 他にも、
「いつもより集中してそれを行う」
 とか、「頑張る」の定義は人によって違うのかもしれない。

 けれども多くの日本人にとって、
「苦しい修行に耐えている」
 という満足感こそが、
「頑張る」
 であるような気がする。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:07| 言葉 | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

「やさしいレイアウトの教科書」感想

やさしいレイアウトの教科書 -
やさしいレイアウトの教科書 -

 同人誌を作る時、表紙を考えたり、本文ページを読みやすくしたりするのが物凄〜く苦手で、少しでも楽になると良いなぁと思い、読んでみた。
 細かい技術についても勉強になったけど、何より、
「自分がどうしてレイアウトに苦手意識を持っているのか」
 が分かって良かった。

 見た人に衝撃を与えて「オォッ!」とさせるのが「芸術」であるとするならば、見た人に「オォッ!」とさせるか、安心させるか、自在にコントロールするのが「レイアウト」なんですね。
 私は美術館通いが趣味のため、「オォッ!とさせる芸術の世界」にどっぷり浸かり過ぎており、レイアウトが何を目標にしているのか全然つかめなかった。

 だから同人誌を作るたび、
「どうしたら良いの〜」
 と困っていたのだ。

 笑ったのが、この本に出ているレイアウトの中で最も気に入ったのが「やってはいけない例」だったこと。
 私はたぶん、前を通った人が手を出すのをためらうような本が作りたいんだなー と。

 表紙はこれまで以上に堂々と、自分の頭に浮かんだものを「正解」にしよう。
 売れないなら作る冊数を減らせば良いだけのこと。

 本文ページは読みにくくする必要は全くないので、この本に書いてあることを活かして「安心して読める」ものにしたいです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:22| 読書 | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

見つけたぞ、何を?

 近所につくしんぼが生えてた!
 沈丁花のつぼみも膨らんでた!
 春だ、春だ!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:14| 季節 | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

クスクス体験

 クスクスを作ってみました。
 クスクスは、原料デュラム小麦の、見た目は「きび」みたいな食べ物。
 熱湯に入れてフタをしておけばすぐ出来るので簡単でした。

 これにカレーっぽい野菜と肉の煮物を付けたのだけど、
「もっと水分が多い方が良かった」
 とDちゃん。
 確かにクスクスがパサパサだから「スープに混ぜる感じ」にした方が美味しそう。

 この間「田園ぽてと」で食べたクスクスはサラダ風になっていて、こういうカレー的な食べ方ではなかった。
 何度か本格的なレストランで「クスクス体験」をしないと、正しいクスクス料理には辿り着けなさそう。
 フランス料理店か、アフリカ料理店……?
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:11| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

「発展コラム式 中学理科の教科書 第2分野(生物・地球・宇宙)」感想

 教科書、と言っても中学で実際に使われているものではなく、ブルーバックス(講談社から出ている科学を解説する新書)の一冊です。
 著者の一人である滝川洋二先生が大学時代の恩師で、教員免許を取るために「理科教育法」という授業を受けていました。
 名前を見たら懐かしくなり、読んでみることに。

 科学の話題がコラムとしてまとめられているので、短い空き時間にちょこっと読むのに便利。
 タイトルだけ抜き出してみると、
「クローン生物 その問題点は?」
「恒星の一生 太陽の将来はどうなるか?」
 なんて感じ。
 コラムは体系的に並べられているので、勉強したな〜 という気分にもなれる。

 文系だけど科学についてちゃんと知りたい! という人にぜひおすすめしたい。
 もちろん私みたいに理系の人が思い出すために読んでも良いと思う。
 使わないと忘れちゃうからさー もったいないよね。

 図やグラフもいっぱい入っていて、それを見ているだけでも楽しい。
「地球史での生物種の増減」
 とか。古生代と中生代の境界で大量絶滅するんだよ。

 生物の種なんて全く永久不滅のものじゃない(人間もな!)
 それでも生物の種は再び増えていくし、惑星や恒星は生物以上に頑丈だし、でもそんな星さえいつかは死んでゆく。
 人間の一生とは違うスケールで変化する地球や宇宙について考えると、私の心は安らかになる。

発展コラム式 中学理科の教科書 改訂版 生物・地球・宇宙編 (ブルーバックス) -
発展コラム式 中学理科の教科書 改訂版 生物・地球・宇宙編 (ブルーバックス) -

 私が読んだのは古い方ですが、2014年に改訂版が出たようです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:50| 読書 | 更新情報をチェックする

田園ぽてと 新百合ヶ丘店

 新百合ヶ丘にある「田園ぽてと」というレストランに行ってきました。
 豚肉のパテと、野菜のテリーヌと、パンが美味しかった!!
 生まれて初めて「クスクス」を食べられたのも嬉しかったです。
 あんな感じなのかー

 映画のセットみたいな面白い雰囲気の店内で、女友達と一緒にカフェとして利用したりすると楽しそう。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:43| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

円城塔と共寝する夢

 円城塔と共寝する夢を見た。
 共寝と言っても性的な関係を持つ訳ではなく、寝床に入って一緒にくぅくぅ寝るだけ。

 前にも同じ夢を見たような。
 私、本当にあの人のことが好きなんだなぁ。

 円城塔は何だか「はよ帰れ」って雰囲気でした。
 夢なんだからもう少し優しくして欲しい。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:53| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする

景気ウォッチャー

 スーパーの店員さん2人が野菜売り場で、
「最近、もやしばっかり売れるんだよね〜」
 と話していた。

 もやしは野菜の中でかなり(一番?)低価格な商品。
 それが売れているということは、やっぱり不景気なのかな。

 なんてことを思いつつ、昨日は我が家ももやし炒めでした。
 みそと豆板醤でピリ辛に味を付けると美味しいよね〜♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:43| 社会 | 更新情報をチェックする

雲田はるこ「昭和元禄落語心中8巻、9巻」感想

 9巻が発売されましたね♪
 8巻の感想を書いてなかったようなのでまとめて。

 2巻〜5巻あたりでは菊比古(後の八雲)の成長が描かれ、その後主人公は八雲の弟子の与太郎に戻るのですが、8、9巻では八雲の老いが容赦なく描かれるのです。

 思う通りに声が出なくなり、噺を忘れていく恐怖に震えながらうずくまる八雲は、自分の落語に自信を持てず不安でいっぱいだった若い頃の菊比古のよう。
 菊さんは誰かにぎゅーっと抱きしめられながらじゃないと生きていけないような人なのに、ずーっと独りで。

 どれだけ経験を積み、名声を得ても、身の内に抱え続けなければいけない、人間の本質的な弱さ。
 それをこんな形で見せるなんて、すごい漫画だなぁと。

 アニメ化されたおかげでTwitterなどでも時々話題になっていて嬉しい♪

 8巻に出てくる噺は、
「初天神」「明烏」「芝浜」「東の旅・発端」「愛宕山」「野ざらし」
 9巻に出てくる噺は、
「芝浜」「元犬」「たちきり」「居残り」「死神」
 です。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:46| 読書 | 更新情報をチェックする