2017年02月02日

映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」感想



 ロンドンにある美術館「ナショナル・ギャラリー」の活動を追ったドキュメンタリー。
 一番面白かったのは、ルーベンスの絵画「サムソンとデリラ」をスパイものの一場面として説明してくれる学芸員。
 人を惹きつける情熱的な語り口で、
「その映画、絶対見に行くよ!」
 という気分になった。

 芸術作品を読み取って、その魅力を伝える作業は、もしかしたら創作そのものより創造的なんじゃないか。
 私が常々感じていたそんな思いを、あの学芸員は体現していた。

 美術好きとはいえ、美術館ではただ作品を見て帰るだけのことがほとんど。
 ギャラリートークやワークショップも利用して、もっと積極的に美術に関わってみたいと思った。

 映画の公式サイトはこちら
 
posted by 柳屋文芸堂 at 18:54| 美術 | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

映画「アトムの足音が聞こえる」感想



 アニメ「鉄腕アトム」の音響効果を担当していた大野松雄のドキュメンタリー。
 アトムが歩いたり、飛んだりする時の音を作り出した人。

 文章で書くと分かりにくいけど、聞けばすぐ、
「あー! これね」
 となるはず。よく知られた音だ。

 最初、大野松雄不在のまま、大野をよく知る音響関係者たちへのインタビューが続く。
 大野はもうこの世にいないのか?
 少なくとも同じ職場で働き続けているわけではないらしい。

 大野松雄のその後が明らかになった瞬間、背中がゾクッとした。
 この人は本質的なことしかやらないし、やれない。
 嘘臭い場所からは自然と離れ、音の根源に引っ張られてゆく人生なのだと思った。

 あれこれ要求してくる手塚治虫に向かって、
「おたくは映画に関してはど素人だ。素人は黙っててくれ」
 ときっぱり断った話とか、なかなか凄かったですね。
 頑固な天才たちの戦い。

 音響職人の技と、芸術家の生き方。
 一本で二つの映画を見たような満足感でした。

 そうそう、途中でレイ・ハラカミが出てきます。
 彼の元気な姿が見たい、という方もぜひどうぞ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 16:51| 映画・映像 | 更新情報をチェックする