2018年10月19日

「ルスタビ(ジョージア国立民族合唱舞踊団)」感想

 ルスタビ、見てきました〜!
 ジョージア(グルジア)の伝統音楽と民族舞踊の団体です。

 踊り中心かと思ったら、音楽にもかなり力を入れていた。
 合唱は男声のポリフォニー。10人ほどで会話するように歌う。
 生活感のある節回しのグレゴリオ聖歌、という感じ(伝わるか?)

 細かく激しく叩くことで、気持ちを昂ぶらせる太鼓の音(「ドリ」という楽器らしい)
 こんなに大きく素早く動ける、強そうな俺を見てくれ! と言わんばかりの男性の踊り。
 勇ましくて格好良い!
 自分では全く動かずに、ベルトコンベヤーで運ばれていくような女性の踊り。
 実際には、足を上げずに小さな歩幅で高速移動している。なめらかで優美。

 剣舞は剣と剣がぶつかり合って、比喩ではなく本当に、火花を散らす!
 アクロバティックにカンカン打ち合い、ケガするんじゃないかと心配になるほど。

 それぞれの国に、独自の音楽と踊りがあるというのは素敵なことだなぁと、じーんとして少し泣いてしまった。

 当日券で入れたので助かりました。
 公式サイトはこちら
 全国20都市を回るそうです。すごい!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:46| 演劇・演芸 | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

「萩岩睦美 画業40周年記念 再現画展」感想

 ガレリア表参道原宿で開催中の萩岩睦美展に行って来ました〜!

 萩岩睦美さんは雑誌「りぼん」で活躍していた漫画家さん。私は子供の頃に「パールガーデン」「うさぎ月夜に星のふね」「魔法の砂糖菓子」などの作品を繰り返し読み、かなり強く影響を受けた。幼い私に「世界が単純ではないこと」を教えてくれた物語。私の魂の土台になっている。

 再現画、というのは雑誌掲載のために描いたカラー原稿を、展示に耐える画材で御本人が描き直したもの。元の原稿は印刷向きのインクを選んでおり、紫外線で褪色してしまうそうです。

 どの絵も懐かしくて、可愛くて、綺麗で…… 萩岩さんに話しかけるファンのみなさんが「作者に会えた感激でどうしたら良いか分からない!」という感じに熱い思いがあふれまくっていて、その様子を見ているだけで幸せだった。私は「似顔絵そのまんまの萩岩さんだ〜」と見つめるばかりで、声をかけられなかった。ひたすら会場内をぐるぐるしていた(不審者)

 少女の頃に夢中になった物語を今でも愛し続けているファンと、かつて描いた作品を今でも大切にしている作者が作り出す、親密で幸福な空間だった。

 展示は10月8日まで(地図など詳細はこちら
 ポストカード、一筆箋、マグカップなどグッズも充実しています。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:13| 美術 | 更新情報をチェックする