2019年07月15日

「一条ゆかり展」感想

 一条ゆかり展は2018年9月29日から12月24日まで、弥生美術館で開催されていました。
 新宿タカシマヤで開催される「特別展 りぼん」にも一条ゆかりの作品が展示されるそうなので、その時の感想を書いておこうかな、と。

 一条ゆかりは子供の頃、貧しい家庭で育った。
 自分が貧乏だったからこそ、貧乏臭い話を嫌い、ゴージャスな世界を描いたという。

 私も貧しい家の出で、自分の小説に裕福な子をよく登場させる(有閑倶楽部ほどではないが)
 しかし文学には私小説の伝統があるので、
「もっと自分に近い境遇を描くべきなのだろうか……」
 と悩むことがあった。

 一条ゆかりの作品世界の成り立ちを知り、
「書きたいものを書いて良いんだー!」
 と吹っ切れた。

 もちろんウソにならないように、色々調べる必要はあるけれども。
 いつまでも自分の境遇を背負い続けなくて良いんだ。

 会場では、有閑倶楽部の第1話が最後まで読めるようになっていた。
 セリフが洒落ていて、ストーリーも面白い。
 今の感覚でも古臭く感じない。

 可憐がこんなに優しい子だったなんて!
 子供の頃は気付かなかったな〜

 一条ゆかりの漫画に描かれる「大人の世界」に憧れていた日々を思い出し、胸が熱くなった。

 「特別展 りぼん」にはどんな原画が展示されるのだろう。
 開催期間は2019年7月18日から7月28日まで。公式ページはこちら
 行けるかな〜?

 その後、京都タカシマヤ、ながの東急百貨店、佐賀県立美術館にも巡回するそうです。
 りぼんっ子たちよ、グッズで破産するなよ☆
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:30| 美術 | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

7月21日の参議院選挙で、野党に投票する理由

 参議院選挙、私は野党に投票します。

【理由】
★物価高が大変

 現政権の経済政策は割と評判が良いようですが、私が一番心配しているのはこの分野だったりします。
 円安になって輸出企業の人は良いだろうけど、日用品や食品は輸入品を原料とするものが多いから値上がりして、困っている。

 異次元緩和の無理が祟って、キツくなっている業界もあるのではないか。
 日銀は買い入れた国債やETFを最終的にどうするつもりなのだろう。
 それはどんな結果を生むのか。不安です。

★消費税増税に反対したい

 貧困状態の人が増えていて、なおかつ物価が上がっている中、消費税を増税するって危険すぎやしませんか。

 財源が、というなら相続税を上げたらどうだろう。
 亡くなった後に払うから、生きているうちに取られる消費税のような痛税感がない。
 申告手続きが大変そうだけど。
 
★女性議員を増やしたい

 国会議員は国民の代表なのだから、男女半々が望ましいと私は思っている(現在は9割が男性)
 各党の女性候補者の割合は、

 自民党 14.6%(82人中12人)
 公明党 8.3%(24人中2人)
 立憲民主党 45.2%(42人中19人)
 国民民主党 35.7%(28人中10人)
 共産党 55%(40人中22人)
 日本維新の会 31.8%(22人中7人)
 社民党 71.4%(7人中5人)
 れいわ 20%(10人中2人)

★現政権が目指す「日本」と、私が考える「良い国」に大きなズレがある

 家族は、女性はこうあるべき、という古臭い価値観が見え隠れして息苦しい。
 時々騒がれる失言は現政権の思想の現れだと思う。

 公式ページにある「性的指向・性同一性(性自認)に関するQ&A」32ページや、「日本国憲法改正草案」9ページあたりにその片鱗がうかがえます。※どちらもPDFなのでご注意を!

 家族も、国民も、みな唯一無二の存在なのだから、なるべくどんな形であっても生きやすくなるように、最善を尽くすのが政治の役割なのではないか。

 強い国を目指しているのにも共感できない。
 そりゃあ弱いより強い方が良いけれども、資源の乏しい日本には限界がある。
 「強い国」より「賢い国」になって、複雑な国際情勢の中を平和に生き抜いてもらいたい。

★公文書改ざんは小説の中だけにして欲しい

 実は、自衛隊の日報問題、森友・加計問題、統計データ改ざん問題などがニュースになるたび、
「すごーい! オーウェルの『一九八四年』の世界だー!!」
 と大はしゃぎしております。

 すごいぞ、私は今、憧れのディストピアにいるんだ!
 まさか生きているうちに来られるなんて。
 気がついたら、ここが、夢の世界に変わっていたんだ!!

 悪夢も夢のうち、ですね。

 本当にやっちゃうんだ〜
 市場操作で株価さえ上がっていれば、国民の多くもそれを許しちゃうんだ〜

 呆れるを通り越して感心している。
 日本人の倫理観、頑張れ!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:50| 社会 | 更新情報をチェックする