2019年12月31日

「ハプスブルク展」感想

 花總まりさんの音声ガイドが聞きたくて、上野の国立西洋美術館で開催中のハプスブルク展に行った、ら!
 甲冑に心を奪われてしまった……!!

 甲冑の絵ではなく、人間が着けて戦える本物の甲冑が4つも展示されていたのですよ!!
 鎖帷子(くさりかたびら)のようなものも見えて、
「ファンタジーみたい! ダンジョン飯みたい!!」
 と大興奮しました。

 まりさんの音声ガイドももちろん良かったです。
 「オデュッセウスとキルケ」という作品では、オデュッセウスを誘惑する魔女キルケのセリフをまりさんが言ってくれて、ため息まじりの声が色っぽかった。
 マリア・テレジアとマリー・アントワネットの往復書簡の紹介も、マリーの文章を甘えるような声で読んでくれて、活き活きした雰囲気に。

 マリア・テレジアの肖像画は、政治を執り行いながら16人の子供を産んだというのが凄すぎて、神話の登場人物のように仰ぎ見た。

 マリー・アントワネットの肖像画を描いたのは、マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン。
 マリー・アントワネットが探してようやく見つけたお気に入りの女性画家。
 当時、女性の画家は少なかったのではなかろうか。
 光の描写が優しく、布や飾りの質感が繊細に伝わってくる。

 皇妃エリザベトの肖像画、皇帝に美貌を見初められたというのも納得の美しさ。
 花總まりさんはミュージカルでエリザベト(エリザベート)を演じているんですよね。
 どんな話なんだろう。

 絵画として魅力的だと思ったのは、ティツィアーノ・ヴェチェッリオの「ベネデット・ヴァルキの肖像」
 派手ではないけど、じんわり良い絵でしばらく眺めた。

 ペーテル・パウル・ルーベンス工房の「ユピテルとメルクリウスを歓待するフィレモンとバウキス」は、ギリシャ神話を元にした絵画。
 いかにもドラマの一場面という感じで、動きが見えるよう。
 「工房」なので作者は1人ではなく、人物や静物など、それぞれ得意な人が担当したという。
 この人たち、アニメという表現手法を知っていたら、作ってみたかったのではないか……

 展示は2020年1月26日まで。
 歴史好きな人はもっと深く楽しめるんだろうな〜
 花總まりさん目当てでも、充分勉強になりました。

 まりさんが出演する舞台もいつか見てみたいです!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:22| 美術 | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

今年、私がやっていたこと

 今年、私が何をしていたかというと……

☆アニメを見ていた!

 15年ほどテレビのない暮らしをしていたため、その間に放送された話題作を一切見ていませんでした。
 動画配信サービスのdアニメストアの会員になったのをきっかけに、まあ見たこと見たこと。
 愛おしいキャラクターたちにいっぱい出会えました。

 私はあまり「推し」というのは出来なくて、
「みんな可愛い! みんな頑張れ!!」
 と町内会のおばちゃんのように登場人物全員を応援してしまいます。

 ブログに感想があるので、興味のある方はどうぞ→こちら

☆万年筆にハマっていた!

 2018年の年末に「賀茂なす」という名前の万年筆とインクを購入し、そこからずぶずぶと沼に沈みました……
 でもまだ万年筆6本しか持ってないし!(その内4本は安価なもの)瓶のインクも7色しかないし!
 よく我慢したと思うの……!!

 万年筆にハマると大量にインクを集める人が多いですが(インク沼)
 私はノートや便箋をけっこう買ってしまいました(紙沼)

 万年筆で字を書いていると、穏やかな気持ちになります。
 万年筆への思いをまとめた「この万年筆でいったい何を書くつもりなんだ」というタイトルのエッセイ集も作りました。
 ネットでも読めます→こちら

☆旅行記を書いていた!

 8月に鳥取の大山へ行き、ブログに旅行記を書きました→こちら
 アブがあんなにしつこいとは……

☆ポリネシアについて調べていた!

 ポリネシアを舞台にした小説を書くために、資料本を読んだりしていました。
 2019年のうちに調べ物は終わらせて本文を書き始めたかったのですが、あれこれ横道に逸れてしまって集中出来ませんでした(反省)
 来年はこの小説のための作業にもっと時間を割きたいです。

☆読書記録を整理していた!

 4月にジオシティーズがサービス終了してしまい(寂しかった……)そちらに置いてあった昔の読書記録をブログに移しました→こちら
 読書量が今よりずっと多くて(今が少な過ぎて)マズいと思った。若い頃はかなり真剣に小説家を目指していたので、他の人の文章から学び取ろうとする意欲も強かった。

 文学賞に落ち続けるのはなかなかにしんどく、最近は、
「別にプロになれなくても構わない」
 という気持ちになりつつある。
 それはそれでラクではあるのだけれど、目標がなくなると怠けがちになってしまうのが良くないですね。

 「読む・書く」が少々疎かになってしまった一年でしたが、楽しいことも沢山あったのでおおむね満足です。
 今年の経験が「書ける私」を創るのに役立ちますように。

 来年ものんびり頑張ります!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:27| 執筆 | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

安西カオリ・安西水丸『さざ波の記憶』出版記念展

 表参道の「山陽堂ギャラリー」で開催中の、水丸さんの絵の展示に行ってきました。

 青い線だけで構成されたシンプルな風景画を見ていると、
「こういうの、私にも描けそう」
 とつい思ってしまう。

 奥行のある空間の描写は、明らかにプロの仕事だ。でもその気負わない、ゆるゆるとした線は、
「怖がらないで君も描いてみたら?」
 と微笑みかけてくるようだ。

 一人ひとりに「自分の字」があるように、誰しも本当は「自分の絵」が描けるはずなのだろう。

 

 このギャラリーのある山陽堂書店、置いてある本がどれも親しみやすくて素敵な本屋さんだった。
 水丸さんのポストカードも10種類ほど販売しており、さんざん悩んで悩んで、灯台とスノードームが描かれたものを選んだ。
 一番水丸さんらしい絵だと感じたので。他のも欲しかったな〜

 展示は12月21日まで(12月14日と日曜祝日はお休み)

 広島県三次市の奥田元宋・小由女美術館でも水丸展をやっているそうで、近くの人が羨ましい!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 11:28| 美術 | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

アニメ「ペンギン・ハイウェイ」感想

 スタニスワフ・レムの小説「ソラリス」の、すごーく可愛らしい翻案として見ました。
 「ソラリス」を読んでない人には意味不明なのでは? と他の人の感想を検索したところ、少年の憧れや夏の日々を楽しむ見方もあるようですね。

 小説「ソラリス」では主人公の「過去」が現れ、不可解な物事を究明する虚しさが描かれる。
 「ペンギン・ハイウェイ」の「お姉さん」は主人公の希望か理想か未来か、とにかく前向きな存在で、謎を解くための行動も、全てワクワクして楽しい。
 小説「ソラリス」が投げかけたものを、こんな風に明るく読み換えられるのか、とハッとさせられました。

 ツバメノートやモレスキンが重要な小道具になっているのも、文房具好きとして嬉しかったです。

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)
ソラリス (ハヤカワ文庫SF)
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:50| 映画・映像 | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

真綿のはんてん

 木枯らし一号が吹いた次の日、七瀬さんから大きな荷物が届いた。
「何だろう」
「衣類って書いてある」
 包装を解き、司と一緒に箱を開けた。黒くてつやつやした布の上に、和紙の手紙が載せてあった。

 翼へ
 最初、久留米絣にしようと考えていたのだが、それだと目つきの悪い男に似合わないと思い、黒の正絹にした。中も真綿だから、クリーニングに出す時にはそのことを伝えて欲しい。
 耕一

「この『目つきの悪い男』って、俺のことだよね」
 司が手紙をにらみつけて言う。眉毛がぴくぴくしている。僕は笑いながら黒い布を持ち上げた。
「わぁ!」
 綿の入ったはんてんが二枚。
「あったかそう!」
 僕はすぐに着てみた。
「意外と薄いね」
 司は布の表面を撫でたり、重さを確かめたりして、なかなか着ようとしない。
「絹か…… 光沢があって、ナイロンみたいだ」
「こっちが元ネタだと思うよ」
 分厚いわけじゃないのに、着ていると布団の中のようにホカホカしてくる。
「司も着てごらんよ」
 司は僕を無視し、はんてんの裏地に付いているタグをつまんで真剣に読んでいる。そのままスマホをいじり始め、僕は少しふくれた。
「真綿って、絹の綿のことなのか!」
 司はそう叫んでスマホの画面を僕に向けた。「真綿」を検索したらしい。
「綿100%だとばかり思ってた」
「真綿で首を絞める」
「あんまり良い意味じゃないよね」
 僕は司の後ろに回って首に抱きついた。はんてんとほっぺたを司の体に押しつける。
「どう? 真綿で首を絞める、の感触」
「あったかい」
「だよねー」
「いやでもそういう意味じゃなかった気がする」
 司は僕に抱きつかれたまま、まだスマホをいじっている。
「久留米絣(くるめがすり)の方が翼に似合う」
「あ、ほんとだ、可愛いね」
「江戸時代のハナ垂らした子供が着てそう」
「ハナは垂らさなくて良くない?」
「絹の綿のはんてん、しかも二人分なんて絶対高いよ。七瀬さんって何者なの?」
「良い人だよ」
「俺はそう思えない」
「やきもち〜」
 司は否定しない。真綿でぎゅうぎゅうと首を絞める。
「司も着てみなよ」
 司はしぶしぶはんてんを羽織った。淡く光を返す墨色が、司の不機嫌な顔によく似合う。
「わぁ〜!」
 ドキドキして顔が熱くなるのを感じる。七瀬さんは「はんてんを着た司」を僕にプレゼントしてくれたのだと気付いた。
「久留米絣を着ている翼が見たかった」
「それは自分たちで買おうよ。服とかがま口とか、色々あったじゃん」
 おそろいの真綿のはんてんで、僕たちはみかんを食べた。笑っちゃうほど絵のような、冬の食卓の風景だった。

(終わり)

************
 綿入れはんてん大好きな柳屋文芸堂です。この文章を書いている今も着ています。あったかくて良いですよね〜
 翼と司はグルメBL「翼交わして濡るる夜は」の登場人物。はんてんを着せられて嬉しい。ありがとう七瀬。
 これは「ペーパーウェル」という、コンビニのネットプリントを利用した企画で配信した作品です。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 20:59| ショートストーリー | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

アニメ「ユーリ!!! on ICE」感想

 何年か前に流行っていたな〜 とdアニメストアで見てみました。
 想像していたよりコメディ寄りで楽しかったです。

 まだ自宅にテレビがあった頃(20年程前)家族でご飯を食べながら、フィギュアスケートの中継放送を眺めたのを思い出し、懐かしかった。
 今も昔もフィギュアスケートの知識は皆無ですが、
「ミスを全くしないのに、心をつかまないスケート」
 と、
「転んだのに、オオッと思わせるスケート」
 があって、オオッと思わせたスケートの方がちゃんと点数高く出るんですよね。
 ど素人の感覚にも沿う採点システムすごい。

 「ユーリ!!! on ICE」はそういう選手一人一人の滑り方の違いをアニメで表現しており、新鮮でした。オープニング映像もすごくお洒落でわくわくする。

 主人公の勇利、コーチのヴィクトル、ライバルのユーリはもちろん、各国の選手がみんな可愛くて愛おしい。
 タイのピチットくんが特に好き。

 前に、フィギュアスケートの選手が事件に巻き込まれて亡くなったニュースがありましたよね。
「ファンは悲しんでいるだろうな」
 とその時も思ったけれど、このアニメを見た後、彼のファンだけでなく、フィギュアスケート好きな人全員が耐え難い気持ちになっただろうと感じた。どんな人だって亡くなるのは悲しいし、殺されたりしてはいけない。でも特にフィギュアスケートの選手というのは、
「人間には肉体と感情があり、それは美しいものなのだ」
 ということを、体現している存在である気がする。

 架空の「ユーリ!!! on ICE」の登場人物たちでさえ、傷一つ付けないで欲しい、と祈ってしまうのだから……(ケガする展開がなくてホッとしました)

 鮮やかに曲に乗って滑る勇利が、普段は地味な眼鏡男子だったり、氷上では天使にしか見えないユーリが、リンクを出た途端ガラの悪いヤンキーになったり、ギャップも素敵。
 タイのピチットくんやカザフスタンのオタベックの、エキゾチックな動きも良い。
 オタベックとJJ(カナダの選手)の声が、細谷佳正さんと宮野真守さん(「ちはやふる」の新と太一)で、君らここでもライバルか、と可笑しかった。

 故郷で応援している人たちもみんな優しい。
 ユーリのおじいちゃんが言った、
「ユーラチカ(ユーリの愛称)強くなったな」
 というセリフは「試合に勝てるようになった」という意味ではなく「わがままなユーリが自分に克てるようになった」のを喜んだのだと思う。

 勇利の地元、長谷津(モデルは佐賀の唐津らしい)の人たちも、繊細な勇利をほど良い距離感で見守っている。
 博多の南くんも含め、九州の言葉が好きな私にはたまらない設定でした(お母さんの「よかよか」とかとか!)

 ピチットくんが滑る「王様とスケーター」ふーん、そういう映画があるんだ〜 と思ったら、架空の作品で、曲もアニメオリジナルと分かりびっくり。
 ピアノ協奏曲もクラシックかと思ったらオリジナルだった。
 細部まで凝ってますね。

 スケートは思いのままのヴィクトルが、勇利の揺れる感情に手を焼く。
 勇利はヴィクトルに対し「支えて欲しい」「競技者に戻って欲しい」という相反する気持ちを抱き、苦しむ。
 全てを終わらせようとする勇利を、彼にしか出来ないやり方で止めようとするユーリ。
 最終回まで見て、彼らが送った一年の価値が分かり、心に残った(ヴィクトルがユーリを抱きしめる場面にオタベックのセリフが重なるところ、競技後のユーリの涙も良いよね……)

 劇場版も制作中のようで、楽しみです♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 11:17| 映画・映像 | 更新情報をチェックする