2020年10月31日

病と生活に負けて

もう全然、小説を書くどころではないなぁ。
気付いたら、私の中は空っぽになっていた。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:41| 自分 | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

ストレス解消になるかと

時々、謎のおどりをおどるようにしている。
危機を乗り越えるために必死だ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 16:20| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

困ったもんだ

「思い詰めちゃいけない」と思い詰めている。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:01| 自分 | 更新情報をチェックする

今の私にできること

 本当に有意義なことをやるのは、大変。
 意義を感じられないことをやるのも、不満が残る。

 すごく有意義という訳ではないけれど、意義がないという訳でもない、というようなことをやりながら、つらい時期が過ぎ去るのを待つ。
 今の私にできるのは、それくらいかな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:12| 自分 | 更新情報をチェックする

有意義なこと

 私、息抜きをするのが下手だな、と思う。
 有意義なことをしなくちゃ、といつも焦っていて、意義を感じられないことを少しでも長くやっていると、イライラしたり、後悔したり。
 それで結局体を壊してしまって、私には「意義のない時間」が必要だったんじゃないか?

 コロナ禍になる前は、美術館へ行くのが一番の息抜きだった。
 コロナになるのが不安で、もうずっと不要不急の外出はしていない。
 美術館で美しいものを見ると、心が遠くに行く感じがする。

 私が有意義と感じることも、他人から見たら遊びにしか見えないだろうし、意義があるかないかは自分次第で曖昧だ。
 しかしここに「体を壊した私」がいるのは歴とした事実で、私はコロナ禍の過ごし方をもう少し工夫すべきだったのだろう。

 自殺する人が増えているというニュースを聞くと、まあそうだろうよ、と思う。
 とりあえずまだ生きている、というだけで、ラッキーな方に入るのかもしれない。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:26| 自分 | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

ストレス

今、私が悩んでいる病気の原因は「ストレス」らしい。

コロナを心配し過ぎたのがいけなかったのかな〜
コロナより厄介かもしれない病気になるくらいだったら、もっと適当に暮らしていれば良かった……
まあそれでコロナになったら後悔するだろうし。

こんな状況の中、ストレスを感じずに生きるのは難しい。
うまく対処できるようになると良いな。

このブログの文章もそんな「対処」の一つです。
言葉にしたら少しは楽になるかも、と。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:15| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

えーん

副作用が出ちゃった〜
薬を変えることになりました。
早く健康になりたーい!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 14:12| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

近況

 夏の終わりに体調を崩し、先週ようやく原因が分かって、投薬治療が始まりました。怖い病気ではないのですが、薬が効かなかったら・効き過ぎたら、副作用が起きたらどうしようと不安でいっぱいです。体調が早く安定しますように。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:32| 健康・美容 | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

山葡萄



今年はまだ葡萄食べてないな。
万年筆はカヴァリエ、インクは色彩雫の山葡萄です。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:08| 家族 | 更新情報をチェックする

書写

村上春樹「職業としての小説家」をパラパラ見ていたら、書き写したくなる文章がいくつかありました。万年筆とインクは「賀茂なす」です。



ちょうど今、きつい思いをしているところだったので、この文章にすがりたい気持ちに。
実を結ぶというか、乗り越えて成長できると良いな……



村上春樹が初めての小説を書くのに使ったのは、セーラーの万年筆だったんですね!
最初に読んだ時は気付かなかったな〜 万年筆のメーカーなんて意識していなかったから。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:37| 読書 | 更新情報をチェックする