2009年05月24日

パッションフルーツ

 某島に住むまささんが、パッションフルーツを送ってくれました!!
 ジュースは飲んだことあるけど、そのものを見るのは初めて。
 箱を開けたとたん、甘く濃い南国の果物の香りがふわ〜ん、と広がります。

RES05731.JPG
↑二個取り出した後

 皮にしわが入ったら食べ頃、とのこと。
 ただツルッ、カチッとしているのではなく、桃の毛を短くしたような面白い手触り。

 中はこんな感じ。

RES05749.JPG

 スプーンですくって、種ごと食べます。
 カリカリカリ、と音立てて。
 まるでせんべいをかじっているみたい(しょっぱくはないですよ!)

 マンゴーやパイナップルを思い出させるような、南っぽい味。
 甘酸っぱく、さわやかでクセはない……(と私が言っても信じてはいけない。私は食べ物のクセを「うまみ」と感じるからだ。私が美味しいと思ったということは、けっこうクセがあるのかも……)

 か〜なり好みです。南国ものにハズレなし!(←私にとってはね)
 
 まささんは私が本を送るたび、色々珍しいものをくれるのですが、私の文章はその素晴らしさに見合ってないと思う。
 これはきっと、もっと頑張れというメッセージなのですね?!
 パッションフルーツと同じくらい魅力的な作品を作れるよう、精進します。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:25| 友達 | 更新情報をチェックする