2009年08月08日

オフ会

 このホームページのオフ会をすることになった。
 炎天下を、参加者たちが歩いてゆく。

 小学校からの友人であるYちゃんは、着物を着て来てくれた。
 しかし暑くてつらいようで、途中、お腹が痛いと言い出した。

 私が苦手に感じている知人もいる。
 向こうも私を好きなはずがないのに、何故呼びかけに応じたのだろうといぶかしむ。
 大はしゃぎで色んな話をしているが、何を言っているのか全く理解出来ない。
 いよいよ困惑する。

 ちかさんは大きなカメラ(たぶん一眼レフ)を持っていて、道すがらパチパチ撮ってくれる。
 それは嬉しいのだけど、撮影のたびにレンズの横からレシートのような紙が出て来て、現像代を請求されるのには少し驚いた。
 値段もしっかり見える。

 劇場のようなところで三味線の先生の先生が、三味線ではなく長い棒を使った芸を披露している。
 ぐるぐる激しく回すので、みんなに危ないと叱られている。

 劇場を出た後も、だらだらと熱い道を歩いてゆく。
 どこにも着けそうにない。
posted by 柳屋文芸堂 at 13:30| 夢(寝ながら見る方) | 更新情報をチェックする