2009年12月18日

キラキラしないクリスマス

 クリスマスバージョンのダイアログ・イン・ザ・ダークに行って来ました。
 二回目だったのですが、案内する人やメンバーが変わると、また違う楽しさがあります。

 やっぱりこのイベントの醍醐味は、
「ダイアログ」
 ですね。一見目立つ、
「イン・ザ・ダーク」
 の方ではなくて。

 今回は、
「早く行こう」
 と急かすおじさんがいなかったので、色々のんびり味わえました。
(前回の記事はこれ

 素敵だったのは、
「奥様へのプレゼントとして、二人で参加することにした」
 というご夫婦。
 暗闇の中でもメチャクチャ仲良しでしたよ。
(ノロケ・イン・ザ・ダーク!)
 ズルい、こっちは一人参加なのに。

 イベント後は二人でディナーとのこと。
 羨ましいっ

 クリスマスバージョンの一番の特徴は、音楽の要素が強いことかな。
 ハンドベルを鳴らしたり、生演奏を聞いたり。

 案内をしてくれたのは、若くて可愛らしい女性でした。
 特に声が澄んでいてね。

 ベルの音を即座に当てたので、アッと思い、
「音楽をされているんですか?」
 と尋ねると、恥ずかしそうに、
「歌を」
 との答え。音大の三年生だそうです。 
 レッスンだけでも大変だろうに、ダイアログ・イン・ザ・ダークのスタッフもやるなんて、意欲的だな〜

 会場の中でしばらく一緒にいると、遠慮がなくなってきて、
「子供の頃からずっと見えないんですか」
 とか、障害について質問する人も出てくる。
「傷付いてしまうんじゃないか」
 と私はハラハラするのだけど、よく考えるとみんな、目の見えない人と話す機会自体ほとんど無い訳だ。
 こういう時に聞きたい事を聞いて、親しみを持てるのは良いことなのかもしれない。

 案内の女性は途中から見えなくなったそうで、色などは全て分かるらしい。
(ちなみに私の伯母もそのタイプ。服の色の組み合わせにものすごくうるさい)

 面白かったのは、生まれた時から全盲だったお友達の話。
 その人は、色付きの夢を見るというのです。
 そして、
「夢の中で見た海の色がとても綺麗だったから、青が好きなの!」
 なんてことを言う。
 彼女もその感覚は分からず、びっくりしたそうです。

「目で物を見る」
 という経験を一切持たない人の、心のなかに広がる海。
 いったいどんな色で輝いていたんだろう、と考えると、とても幻想的で、素晴らしいと思いませんか?

 ヘレン・ケラーの文章を読んでも、「視覚」と「空間の認識」の関係って実はそんなに重要じゃないのかも、と感じます。

「私が月明かりの夜、独木舟を浮かべるのが特別に好きだというならば、あなたがたは微笑されるでしょう。もちろん、私は松の木の後ろからのぼって、ひそかに天空を横切り、舟の行方に銀光の道を敷く月を見ることはできませんが、月が大空にかかっていることを知って、座席を枕に寝そべりながら手を水に浸すとき、私は通りすぎる月の女神の裳にゆらぐ光に触れるような気がするのです。」
(ヘレン・ケラー「わたしの生涯」より)

 これだけ月を美しく描ける人ってそういないですよ。
 ヘレンは一歳半の時に視力を失っているのですが。
 世界を「見る」ってどういうことなんだろう、と考えてしまいます。

 まあそんなこんなで、なごやかに、とても楽しく過ごすことが出来ました。
 このイベント、今は常設で定休日以外ならいつでも行けるのだけど、ずーっとやり続けられると決まった訳ではないらしい。
 終わっちゃったら嫌だな〜
 なかなか気軽に行ける値段ではないのですが、貴重な空間だと思うので、ささやかに応援し続けたいです。
 また違うバージョンになったら参加しようっと。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:33| 同人以外のイベント | 更新情報をチェックする