2010年08月14日

白うりのぬか漬け

R0022364.JPG

 夏のぬか漬けは美味しい!!
 体が塩分を求めているせいもあるけれど、他の季節より味そのものが良い気がする。

 青井博幸「ビールの教科書」によると、酵母は温度が高いほどエステル(果物のような香りを放つ物質)を生成しやすいそうだ。
 それでぬか漬けもちょっぴりフルーティーになって、美味しくなるのかな。
(※酵母はぬか床にもいます)

 写真は白うりのぬか漬け。
 コリコリした歯ごたえで、食べるとさっぱりしますよね〜
 大好き!!
 何故か近所のスーパーでは売っていなくて、三味線のお稽古の時に新浦安の駅ビルで買ってきます。
 面倒臭い……
 こんなに美味しい野菜を、どうして置いてくれないのかしら。

 きゅうりのぬか漬けも素晴らしいですが、夏場は特に「漬かり過ぎ」になりやすい。
 途中で冷蔵庫に入れたり、工夫しています。

 なすはしばらく漬けてないなぁ。
 ぬか床に入れる前に、塩もみしないとダメなのよね。

 ぬか漬けのことを考え始めると、止まらない〜
 
(GR DIGITAL公式ブログ トラックバック企画「夏」に参加)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:46| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする