2010年09月20日

3rd World Farmer

 久々に「3rd World Farmer」をやった。
 貧しい農家の暮らしを体験するシミュレーションゲームです。
 地味だけど、面白い。

 極貧状態から抜け出す大変さが、よく分かります。
 資金も農機具も無いまま、必死になって働いているのに、突然干ばつが起こって作物が壊滅したりするからな。
 良い出来事より悪い出来事の方が確実に多い。

 うまく回るようになると、高度成長期のワクワク感を感じるようになります。
 で、そのうち、大して努力せずとも収入が増えるようになってくる。
 そうなっちゃうと、不思議と面白くないんだよね〜
 成長の末の倦怠感というのか。

 色んな意味で、現実がリアルに表現されている訳です。
 
 このゲーム、英語(とスペイン語とデンマーク語、かな?)でしかプレイ出来ないのが残念なところ。
 絵が出るので、何となく想像しながらでも進められますけどね。
 私はDちゃんに、
「これ意味なに〜?」
 と聞きながらやります(←自分で調べろよ!)

 誰か日本語版出してくれないかなぁ……

 ネットで無料ですぐやれます。
 ページはこちら
 宣伝が流れてしばらくして出てくるのがスタート画面です。
 シミュレーションゲームが好きな方はぜひどうぞ。
posted by 柳屋文芸堂 at 21:59| ゲーム・おもちゃ | 更新情報をチェックする