2010年09月22日

コレジャナイロボ

「『コレジャナイロボ』に何でリンクを張ってないの?」
 とDちゃんに言われた。
 3つ前の「陰影礼讃」の記事の話だ。
「有名なものはわざわざリンク張らないよ。『コレジャナイロボ』なんて国民全員が知ってるでしょ」
「そんな訳ないだろ!」

 国民全員とまではいかなくても、ここを見ている人の8割くらいは理解してくれるだろう、と想像したのですが。
 そうでもないかしら。どうかしら。

 有名かどうかを判定するのって難しい。
「元俳優の押尾学容疑者」
 と言われても、全然誰だか分からないもんなー
 人気あったんですか?
 私がテレビの無い暮らしを始めてから出て来た人なのかしら……

 まあそれはともかく。
 
 「コレジャナイロボ」は、子どもがプレゼントの包みを開けた途端、
「欲しかったのはこれじゃなーい!!」
 と叫ぶことをコンセプトに作られた、ロボットおもちゃです。
 公式サイトはこちら

 私は浦沢直樹「PLUTO」4巻の、西原理恵子のあとがきで知りました。彼女は、
「浦沢さんはロボットが下手だと思うのでこれを参考にして下さい」
 という手紙を添えて「コレジャナイロボ」を贈ったそうです。
「西原さーんロボットありがとー」
 と手を振る浦沢直樹が可愛い。

 実物を見たのは、この間の国立新美術館が初めて。
 積み木のような素朴なさわり心地で、ガンプラよりこけしに近い気がしました。
 ジャミラの友達として家に迎えたい……けれど物は増やしたくない……
 うーむ。

「『ガンプラ』に何でリンクを張ってないの?」
 とか言われたらどうしよう。
 キリがないよ!
posted by 柳屋文芸堂 at 21:13| ゲーム・おもちゃ | 更新情報をチェックする