2010年11月11日

謎のボールペン

 また引き出し整理の続き(こればっかりですみません)

 紙類を捨てた後、文房具を片付けました。
 ペンやボールペンの本数が、必要量より明らかに多い。
 出自は、やっぱり景品。
 でも、もらった覚えも買った覚えもないものもけっこうあった。

 君たちはいったいどこから来たんだね?
 と首を傾げながら、壊れているものやインクの出なくなったものを捨てました。

 私の母親はボールペン狂いで、油断するとすぐあちこちで買ってくる。
 旅行をしたら、必ずご当地ボールペンを手に入れる。
 阿寒湖ならマリモボールペン、みたいな感じに。

 実家に行くと、
「のり子、ボールペンいる?」
 って聞かれるけど、必死で断っている。
 そんなにあってもしょうがないよねぇ。
 使わないで置いておくと、書けなくなるし。

 私の隙を突いて我が家にやって来たのはこの二人。

R0022699.JPG

R0022691.JPG

 歌丸と木久蔵(木久扇にはまだ馴染めないな〜)
 欲しくなるのも分からんではないが。

 こんなに嫌だ嫌だと言っている私の家にもザクザクあるボールペン。
 母の引き出しにはいったいどれだけ入っているのだろう……?
 いつか私が「相続」するはめになるのか?!
 生きているうちに全部使い切ってくれ、母ちゃん。

「本妻さんだけにしようと思いつつ、つい二号さんにも手を出しちゃって、なかなか一本使い切れない」
 とか訳の分からないことを言ってたなぁ。

 そういえば、逆さにすると金髪のおネエちゃんが裸になるボールペンはどこに行ったんだろう?
 高校の時、浅草で買ったんだよね〜(バカ高校生)
 インクが無くなっても捨てなかったはずなんだが。
 うーむ。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:35| 料理以外の家事 | 更新情報をチェックする