2010年12月18日

50の情熱

 銀座のRING CUBEで開催されている「50の情熱」に行って来ました。
 ロバート・キャパアンリ・カルティエ=ブレッソンが創設した写真家集団「マグナム・フォト」に所属する会員の展示です。

 端から一つ一つ見ていくと、おっ、と思う作品があった。
 大勢の人が腕を伸ばし、オバマ夫妻を撮影している。
 デジカメの裏の液晶が、小さくピカピカ光ってイルミネーションのよう。
 絵として面白いな〜 と撮影者の名前を確認したら、エリオット(・アーウィット)じーちゃんだった!

 現在82歳のはず。
 オバマさんってことは、最近の写真で。
 今でも昔と変わらずクスッとする瞬間を撮り続けているんだ〜 と嬉しくなった。

 クリスティーナ・ガルシア=ロデロ「ブラジルの宗教儀式」はCoccoみたいな女の子の、力強い存在感が良い。

 スティーブ・マッカリー「数週間の修行に入るために剃髪する女の子」は、紹介ページなどでも一番大きく取り上げられている写真。近くでよく見ると、ものすごい美女。吸い込まれる。

 他にはトーマス・ヘプカー、ピーター・マロー、クリス・スティール=パーキンスなどの写真が気に入りました。

 マグナム・フォトの会員になるにはいくつもの段階を経なければいけないが、
「その人にしか撮れないスタイルをもったドキュメンタリー写真が撮れること」
 が最も重要な判断基準であるらしい。

 独自のスタイル。
 どうすれば獲得出来るのでしょうね。
 無我夢中で撮っているうちに自然と生まれるものなのか。
 意識して作り出してゆくものなのか。

 レベルの高い、充実した展示でした。

 写真家の名前に貼ったリンクは、マグナム・フォト公式ページの作品集につながっています。
 魅力的な写真がいっぱいなので、ぜひ見てみてください。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)


posted by 柳屋文芸堂 at 23:51| 美術 | 更新情報をチェックする