2011年03月06日

しょっつる鍋

 檀流クッキングに載っていた「しょっつる鍋」を作ってみました。
 と言っても、秋田のしょっつるが手に入らなかったので、石川県の「いしり」を使用。
 しょっつるはハタハタの魚醤、いしりはイカから作ったものが有名だそうですが、私が買ったのはメギスが原料でした(これ)やはり魚醤です。
 魚醤は、魚介類を塩で漬けて発酵させた調味料で「魚版醤油」みたいなもの。

 うーん、妙に説明が長くなってしまった。
 しょっつる鍋は、昆布としょっつるで味を付けた汁に、野菜とハタハタを入れて煮るだけ。
 しょっつるさえ手に入れば、簡単な料理です。

 魚醤というとナンプラーをまず思い浮かべるので、いしりも同じようなものなのかと思ったら、全く違いました。
 クセがなくて、水で薄めると、アサリのお吸いものみたいな味に。
 うん、鍋に合う!!

 煮えたハタハタは崩れやすくてちょっと食べにくいです。
 でも、野菜と一緒に口に含むと味わい深くて美味しかった。

 タイのナンプラーは小さなスーパーでも売っているのに、日本の魚醤は何でこんなに買いにくいのだろう?
 いしりは小田急のデパ地下で見つけました。
 魚さんごめんなさい、という感じではありますが、しょっつるやいしりも、食文化として大切に守られるといいなぁ、と思いました。
 発酵って本当にすごい!
posted by 柳屋文芸堂 at 23:13| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする