2011年05月29日

花の色

 反原発発言をした俳優さんが、ドラマを降板させられたりしているそうですね。
 日本国民全員が反原発派になって当然だと思うのに、何でそんなことが起こるんだ?
 この期に及んで原発を守ろうとしているのは、いったいどんな人たちなんだろう?

 これから日本はものすごい勢いで人口が減少していくのに(一年ごとに数十万人ずつ減る予想が出ている)何故そんなに電力が必要なんだ?
 人々が節電に努め、ムダな物を買わずに暮らせば、必要な電力量は自然に減っていくと思うのだけど。

 とっくの昔に高度成長期は終わりましたよ。
 日本人は、
「経済を発展させなければ」
 という強迫観念から早く自由になるべきだと思う。

 これから考えなければいけないのは、苦しい思いをする人をなるべく出さないようにしながら、経済・社会を縮小していくことだろう。
 これ以上日本を都市化・工業化したって、何も良いことなんてない。

 右肩上がりの記憶をたくさん持っている年配の人たちは、落下していくみたいで怖いんだろうな。
 大抵の人が年を取ることに嫌悪を感じるように。
 平家物語を読みなさい。
 自然なことじゃないか。

 現在、チェルノブイリ原発周辺は多くの種類の鳥がさえずる、緑美しい土地になっているという。
 人間が立ち入ることが出来なくなった(つまり破壊もしなくなった)からだ。
 私はその事実を、たった一つの希望だと信じている。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:58| 社会 | 更新情報をチェックする