2011年08月06日

魔法をすてたマジョリン

 ミュージカル初体験してきました〜
 子ども向けの作品だし、正直そんなに期待してなかったのですが(友人に誘われて見にいった)
 いや〜 面白かった!

 テーマは、愛・勇気・優しさ・思いやり……
 子どもの頃の私だったら、たぶん、
「ケッ」
 と馬鹿にして感情移入出来なかったと思う。

 子どもの頃は、人間の汚い部分が知りたくて仕方なかった。
 大人たちが「綺麗なもの」ばかり見せたがっているのを、ひしひしと感じていたから。
 嘘つくんじゃねえよ。
 本物出せよ。
 いつもそんな気持ちで、不可解な世界をにらみつけていた。

 しかし私はもう34歳(オバサン……)
 人間の汚さによって実際に傷つけられた経験もあるし、
 人間の美しさによって苦しみから救われた経験もある。

 そうなってみると、やや絵空事めいたストーリーも、純粋に楽しめるようになっちゃうんですねぇ。
 いやー 大人になって良かった。

 結局のところ、子どもというのは「汚さ」から守られていると同時に、本当の「美しさ」からも隔離されているのかもしれない。
 だからイラ立つ。腹が立つ。
(そんな子どもお前だけだ! と言われるだろうか。
 確かに人の話を聞くと、けっこうみんな素直な子どもだったらしいんだよね〜
 忘れてるだけじゃないのか?)

 愛・勇気・優しさ・思いやり100%の物語だったら、私みたいな子どもはとても劇に集中出来ない。
 でもこの「魔法をすてたマジョリン」の秀逸なところは、「汚いこと大好き」な魔女が出てきて、前向きな思想にいちいちツッコミを入れるのだ。
 夢の世界で一人正気を保っていて、彼女が舞台に安心感を与えている。
 「反ミュージカル」的な存在が、ミュージカルを成立させている。

 この物語、「反ミュージカル派」と「ミュージカル派」が戦う話としても見られるな……
 なんてニヤリとしたり。

 役者さんの印象では、まず主人公(マジョリン)の若奈まりえさんの歌の上手さに驚きました。
 ミュージカルなんだからあったりまえだろ! と怒られるかしら。

 あと、ツッコミ役魔女(ニラミンコ)の神保幸由さんの演技が歌舞伎っぽくて面白かった。
「拍子木! 今んとこ拍子木は?!」※
 と頭の中で何度叫んだか。
(※正確には拍子木ではなく「ツケ」 床に置いた板を、拍子木のような棒で打ちます)

 やっぱり生の舞台は良いですね。
 力を直接渡してもらえる。
「元気が出ないな〜」
 と思ったら、まず一番に試してみるべき薬だと思います。
posted by 柳屋文芸堂 at 04:15| 演劇・演芸 | 更新情報をチェックする