2011年09月05日

イベントページ更新

 イベントページを更新しました。
 こっちにも同じ内容を貼り付けます。

**********

第15回TOKYOポエケット
 2011年9月18日(日)
 AM10:30〜PM5:00
 両国江戸東京博物館1階学習室1,2
 入場無料

 大阪の詩人、烏耶未代乃さんの詩集を頒布します。
 地べたにしっかり足をつけて飛翔する、食べ応えのある言葉をお楽しみください。
 早く来ないと無くなっちゃうよ!
 
 サークル名も「烏耶未代乃+柳屋文芸堂」になります。
 柳屋文芸堂の新刊はありません。
 
第十三回文学フリマ 
 2011年11月3日(木・祝)
 東京流通センター 第二展示場E・Fホール
 (東京モノレール「流通センター」駅)

 今回もよいこぐまさんのお隣です。
 目の前にいるのに、現実に生きているのかはっきりしない、不思議な言葉の魔術師。
 怪談の世界で活躍中。

 柳屋文芸堂は「鳥取旅行記」と「伯母(小)のこと」を冊子にして出す予定です。

 ぜひ遊びに来てください♪

☆GR DIGITAL&GR1sで撮影した無料ポストカードがあります。
 気軽に持っていってください。

☆また大荷物で行く予定です。
 持ち帰ることが出来ないので、差し入れはご遠慮ください。

販売物一覧
気になる本がある方は、通販も可能です。
「通販希望」という件名でメールを送ってもらえれば、折り返し通販方法を連絡します。
アドレスはmail.gif

**********

 烏耶未代乃さんの詩はネットでいくつか読むことが出来ます。
 「寝物語」とか、関西の人にしか出せない哀愁に満ちていて、ゾクゾクする。
 関東の詩人の会で彼女の作品を紹介出来るのが、嬉しくて仕方ない。
 絶対グッと来ると思うの!

 よいこぐまさんは相変わらず、彼女にしか表現し得ない世界に住んでいます。
 彼女が見ているのと、私が見ているのは、本当に同じ世界なんだろうか……
 烏耶未代乃さんとは逆に、地べたからふわっと浮いてしまう感触。
 ぜひブログ「白昼夢堂々」を見て、実際に体験してください。

 自分とは違う、強い「言葉の力」を持った人に出会えるのが、同人誌即売会の醍醐味です。
 若い頃だったら、妬んでしまって近付けなかったかもしれない。
 大らかな人間になれて良かった。

 ……単に貪欲になっただけかもな。
 そう、全ての経験を成長の糧にしたいのだよ。
 フフフフ。
posted by 柳屋文芸堂 at 13:16| 更新のお知らせ | 更新情報をチェックする