2012年01月24日

出会うべき本

「本当なら出会うべきなのに、まだ出会えてない本」
 が世の中にはいっぱいあるんでしょうね。
 円城塔の作品は運良く読むことが出来たけど、あのインタビュー記事を見なかったら、
「私とは縁のない作家」
 と永遠に本の前を素通りし続けたかもしれない。
 何しろ本はもともと沢山ある上、新しい本が毎日ぽこぽこ生まれているんだもの。
 とてもじゃないけど、全部チェックすることなんて出来ない。

 そんなことを言い始めたら、人だってそうだ。 
 友だちになれるかもしれない。
 恋人になれるかもしれない。
 それなのに、まだ出会えてない人。

 可能性が無限であるのに対し、自分に許されるのはここにある一つの人生だけ。
 そう考えると、日々のささやかな選択全てが思いのほか重大であることが分かる。

 自分に向いている本ばかり読んでいたら世界が広がらないし、自分に向いてない本ばかり読んでいたら何も頭に入らない。
 人との出会いも同じ。
 正解が無いのは知っている。

 でも、
「より良い人生を送りたい」
 という希望だけは忘れないようにしよう。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:47| 読書 | 更新情報をチェックする