2012年03月02日

震災後変わったこと

 まず一つは、やりたい事が前よりはっきり分かった。
 原発事故や地震で死んじゃうかもしれない、と感じたことで(震災直後は「さらに大きい地震が続けて来るのかも」という恐怖があった)人生における優先順位がパッと見えた。
 平和な時でも見えればいいのに。何故か追い詰められないとつかめないのね。

 やりたくない事はなるべくやらないようにして、やりたい事をどんどんやろう。
 いつか必ず死んじゃうんだもの。

 もう一つは、定住することを完全に諦めた。
 自宅のある地域が放射性物質のホットスポットになって引っ越すことになったのも大きいですが、3月11日の地震がきっかけになって地盤がゆるんだ印象があって。
 あちこちの断層で大地震の確率が高まったと報道されているし。

 まあ、日本ってそういう国だよね。
 「永遠」よりも「儚さ」に美を見出す。

 安住出来ないのは辛いことではない。
 人生は旅なんだ、と思ったら、ちょっとワクワクしてきた。
posted by 柳屋文芸堂 at 21:29| 自分 | 更新情報をチェックする