2012年05月17日

小説書きあれこれ

 最近、小説(オネエ言葉を使う話)がサクサク書けているので嬉しい。
 昔と変わったなー と感じるのは、
「登場人物に何を食べさせようか」
 ということばかり考えているところ。
 小説を書いていても、ただのおばちゃんである。

 ところで、ゲーデルの不完全性定理をドラえもんの道具で説明する本があったはずなのだが、ググっても出てこない。
 林晋「ゲーデルの謎を解く」かなー
 題名に「ドラえもん」という単語が入っていたような気がするんだけど……

 小説の中に出したいので、情報を持っている方は連絡お待ちしています。
 オネエは数学の先生なのです。

 メールアドレス
mail.gif
posted by 柳屋文芸堂 at 01:19| 執筆 | 更新情報をチェックする