2012年05月26日

マタニティマーク

 電車内でよく見るようになったマタニティマーク、あれ便利だよね〜
(厚生労働省の紹介文はこちら
 普及する前は、お腹の出てる女性が前に立つと、
「羊水? それとも脂肪……?」
 と煩悶したものですが、マークがあればすぐ判別出来る。

 当たり前だけど、ごく初期で、全然お腹の出てない妊婦さんもいる。
 マークがなかったら席の譲りようがないよね。

 最近は女性を見たらすぐバッグをチェックするようにしています。
 持ち手のところにキーホルダーを付けている人が多いから。

 Dちゃんにこの話をしたら、
「バッグをジロジロ見て、
『ああ、この人は妊婦じゃなかった』
 と安心されたら、それはそれで失礼なのではないか」
 との答え。確かに。

 実を言うと、私も妊婦と間違えられたことがある。
 腹だけ出てるからな。
 でもその間違えた人って、看護婦だったんだよ……
 医療関係者なんだから、「豊かなお腹」と妊娠の見分けくらいつけて欲しかったです。
 や、痩せます。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:38| 社会 | 更新情報をチェックする