2012年06月06日

三途の川クルージング

 昨日の夜中、トイレでさり気なく三途の川を渡りそうになりました……
 単に貧血起こしただけなんですけどね。
 無意味に回転して(三回まわってワン! みたいな感じに)便座に座って、そのままスーッと。
 あの回転は何だったんだ?
 自分でやっておいて謎です。

 貧血で気が遠くなる感触って、一番「死」に似ている気がする。
 死んだことないんで本当のところは分かりませんが。
 視界がチカチカして何も見えなくなって、耳も膜が張ったように何も聞こえなくなって、魂だけが残される。
「死んじゃうのかー 小説書けたし、恋愛出来たし、まあいいかー」
 くるくるくる。
 
 友人の本に、臨死体験者が「死ぬ事は怖くない」と言う話が出てくるのですが、確かにそうなのかもしれない。
 怖いのは死ではなく、死んだような気持ちで生きることだ。
 きっと。

 今日は昨日ほど調子悪くないです。
 ちゃんと食器が洗えました。
 たったそれだけのことが、嬉しい。
posted by 柳屋文芸堂 at 13:15| 健康・美容 | 更新情報をチェックする