2012年08月19日

きくおミク きくおミク2 KIKUOWORLD

 秋葉原のとらのあなで、きくおのCDを三枚買ってきました。

 きくおミク
 きくおミク2
 KIKUOWORLD
 ↑クリックすると特設サイトへ行けます。
 
 リピートでかけ続けてきくお祭りです。
 ひゃっほう!

 私が特に好きな曲は、

 塵塵呪詛(チリチリジュソ)
 物をぱらぱら壊す
 幸福な死を
 ↑クリックするとYouTubeの動画が流れます。

 の三曲。
 夢中になる人と、嫌悪感を示す人がはっきり分かれる世界だと思う。
「実際にやったら犯罪ですよ!」
 って歌詞も多いしな。
 
 でも基本的に人間というのは、そういう逸脱を望む気持ちがあるんじゃないかな。
 だからどれだけ法律で禁止しても、麻薬をやる人はいなくならない。
 現実に縛られたままでいるのに耐えられない。

 芸術というのは、そんな人間を救うための合法ドラッグだ。
 きくおの音楽が与えてくれるエクスタシーは、その中でもかなり強い。
 
 今回CDで聴いてみて改めて驚いたのは、編曲の上手さ。
 「物をぱらぱら壊す」の裏側で鳴ってる木琴みたいな音とか、すごく面白い。
 音楽の作り方は、思った以上に端正。

 そのため、意外とイージーリスニングとして使えるのです。
 パソコンで動画を見ていると、歌詞と絵のドギツさが際立つので、
「日常でかけられるかなー」
 と不安だったけど、全く問題なし。

 「幸福な死を」に合わせて腰を振りながら家事をしたり。
 リズムが気持ちいいよね。
 こういう使い方が出来ないと、CDってしまったままになっちゃうから。

 初音ミクがいなかったら、きくおの音楽に出会うこともなかったんでしょうね。
 VOCALOID文化に、心の底から感謝です。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:39| 音楽 | 更新情報をチェックする